個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

2015年の個人向け社債ベストディールを決めよう

枯れ果てていた2015年の個人向け社債市場ですが、それでもやります!個人向け社債ベストディール

2015年に起債された個人向け社債の中からshasaiwatchが独断と偏見で選んだ社債をノミネート。皆さんの投票でベストディールを決定します。2015年は起債が少なかったのでノミネートも3本だけ!投票は1日1回まで可能です。たくさんの投票をお待ちしています。





PageTop

【アンケート】SBI債当たった?

恒例のアンケート調査です。
今回はシンプルに、当選したかしなかったかだけをお伺いします。




PageTop

【アンケート】SBI債当たった?

恒例のSBI債アンケートを実施します。今回は5択のアンケートです。上限額申し込んだ人とそうでない人での当選率に違いはあるのか?及び当ブログの読者の中でSBI債に申し込んでいる人がどのくらいいるのか?を調べるアンケートです。

たくさんの方のご回答をお待ちしております。


PageTop

2014年の個人向け社債ベストディールを決めよう

2014年は社債の起債数が少なく、発行体も限られていたため社債投資家にとっては試練の年となりました。そうした中ではありますが、皆さんは今年、どの社債が一番満足度が高かったでしょう?今年もやります!個人向け社債ベストディール

2014年に起債された社債の中からshasaiwatchが独断と偏見で選んだ10本をノミネート。皆さんの投票でベストディールを決定します。IP1つにつき1日1票の投票が可能です。たくさんの投票をお待ちしております。なお、自分のベストディールはこの中にはない!という方はコメント欄に書き込んでください。




PageTop

【アンケート】SBI債当たった?

恒例のSBI債アンケートです。これまで、特段不正もなさそうな感じの抽選結果が続いていましたので、今回はシンプルに選択肢を2択にしてみました。皆さんは今回のSBI債の抽選、当たりましたか?外れましたか?




PageTop

2013年個人向け社債ベストディール、結果発表!

2013年に発行された最高の個人向け社債を決める個人向け社債ベストディール、昨年を大幅に投票数が増えうれしい限りです。結果発表をいたします!

 


投票結果
投票総数 1342票
1位 451票 ソフトバンク債
2位 368票 SBIホールディングス債
3位 303票 新生銀行債
4位  66票 マネックス・グループ債
5位  42票 東北電力債
6位  33票 近畿日本鉄道債
7位  26票 あかつきフィナンシャルグループ債
8位  22票 住信SBIネット銀行債
9位  21票 池田泉州銀行債
10位 10票 東海東京フィナンシャル・グループ債


ソフトバンク債が2013年個人向け社債ベストディールに輝きました!これまで3年連続でベストディールに輝いていたSBI債を抑えての選出で、大変価値のあるベストディールだと思います。

米国の携帯電話会社を買収する資金ということで大変注目を集めた今回の社債、金利条件もさることながら、起債総額も2回の起債で7000億円と昨年起債された社債総額の3分の1を占めるという超大型起債。個人向け社債市場から一気に資金を吸い上げる手法は見事でした。

2位には昨年の覇者、SBI債が入りました。去年は3年ものを含めて3回しか起債がなく、社債投資家の不興を買ったのが原因でしょうか。ついにベストディールの覇者から陥落です。今年は再起を賭けて欲しい。

3位は新生銀行債でした。劣後債、近年なかなか見ない高金利、小規模な起債という条件を備え、相当競争率が高かったようですが、ゲットできた人の満足度はかなり高いのでしょうか。小規模起債ながら3位に食い込んできました。

今年は、5位に東北電力債、7位にあかつきフィナンシャルグループ債が入ったのが印象的です。電力会社は原発が依然再稼動できず経営の先行きにはリスクがあります。あかつきフィナンシャルグループはそもそも格付けすら取らないという暴走起債でした。しかし、こうした社債が買われ、投票されるところを見るに、個人投資家の投資姿勢は社債であってもリスク・オンになってきたのでしょうか。

今年は経済の先行きがどうなるのか、国際情勢の先行きがどうなるのか、非常に見通しにくい1年になるでしょう。しかし、そうした中でもチャンスありと見て起債してくる企業を当ブログは応援したいと考えております。今さらながら今年もよろしくお願いいたします。来年の投票もお楽しみに!


PageTop

2013年の個人向け社債ベストディールを決めよう

2013年は2012年に比べ、個人向け社債の発行は金額、本数ともに若干減少しました。しかしながら、それでもなお2兆円近い起債があり、本数も69本と数多くの起債が行われ、発行体も多種多様で大変面白い1年だったと言えるのではないでしょうか。

そこで、今年もやります!個人向け社債ベストディール!今年起債された社債の中からshasaiwatchが独断と偏見でベストディールを10本ノミネート。皆さんの投票でベストディールを決定します。なお、IP1つにつき1日1票の投票が可能です。自分のベストディールはこの中には無い!という方はコメント欄に書き込んでください。

なお、個人的にはシャープの既発CBを3ヶ月7%ぐらいで買いにいったのが昨年一番のヒットでしたが、今回は新発社債のみが投票対象です。

それでは、多くの方の投票をお待ちしております。


PageTop

【アンケート】SBI債当たった?【2013年12月】

恒例のSBI債アンケート、今回も実施します。毎回、不正疑惑の声が上がる抽選ですが、これまでのアンケートでは不正を匂わせるような結果は出ていません。証券会社というのは信用されていないということなんでしょうね。今回は、NISA口座の有無により、当選率に差があったのか?を調べたいと思います。

SBI債を申し込んだ方を対象にお伺いします。あなたは、SBI証券にNISA口座を持っていますか?また、今回のSBI債の抽選は当選しましたか?




たくさんの回答をお待ちしています。

PageTop

SBI債のアンケートから統計作ってみた

個人向け社債の中で、圧倒的な人気を誇るのがSBI証券から販売されているSBI債です。

不定期募集のため、口座をあらかじめ持っておき、発売を待たなければならないのですが、それは個人向け社債全般に言えること。最近は抽選による販売も定着し、当ブログでは当選率を調べるためにアンケートを取っていましたが、今般、そのデータを公開し、SBI債の当選率はいくらなのか?そしてSBI証券は起債するたびにどれくらいの資金を集めているのかについて調べてみることにしました。

過去に当ブログでアンケートを取って集計した2011年12月起債分から、直近の2013年7月起債分までのアンケート結果をまとめ、推定当選率と推定集金額を出してみました。青のグラフが募集額、オレンジのグラフが推定集金額、折れ線グラフが当選率です。

SBIが集めた資金推計

最も当選率が高かったのは、当選率37.3%だった前回2013年7月起債分でした。この時は200億円の起債額があったため、当選率も高くなったものと推定されます。最も集金額が多かったと見られるのは2012年7月の1回目の起債で、この時は推定1075億円がSBI債の抽選に注ぎ込まれました。当選率は9.3%と非常に狭き門でした。

しかし、全体の傾向としては、500億円前後の資金が抽選に注ぎ込まれ、起債額に合わせて当選率が上下するといった印象です。お祭り社債が起債された時、SBI証券が引き受けられる金額はこのあたりが目安になるのではないかと思います。なお、最も投入された資金が少なかったのは2012年11月起債の時で、推定427億円でした。

何かの参考になるかどうか分かりませんが、手持ちのデータの中で面白そうなデータだったので書きました。


PageTop

参院選アンケートを実施します【出口調査】

衆院選の出口調査を当ブログで実施したところ、当ブログの読者層と実際の投票結果にズレがあるという結果が出ました。今回、再度読者層の意識調査として出口調査を実施します。

今回は、「比例の投票先」のみをお伺いします。なお、同一IPからの多重投稿は出来ません。党の並び順は改選前の議席数の順になっています(たぶん)。

社債投資家は、よりよい投資環境を作るにはどの党が最もふさわしいと考えているのか。多くの方の投票をお願いいたします。



PageTop

【アンケート】SBI債当たった?【2013年7月】

週刊文春が「安藤美姫の出産を支持しますか?」というトンデモなアンケートを実施し炎上。編集長が謝罪に追い込まれるという事件が発生しました。当ブログもアンケートで炎上することの無いよう注意したいものです。

さて、恒例のSBI債アンケートを実施します。shasaiwatchはこのたび、抽選になってから初当選!しかしこういう時に限って持ち合わせが無く、申し込みは少額でした・・・ 流動性の確保って大事ですね。

それでは皆さん、当たりましたか?外れましたか?それとも今回は見送りでしたか?どうぞお答えください。

投票は1人1日1票まで可能です。たくさんの投票をお待ちしております。



PageTop

2012年の個人向け社債ベストディール、結果発表!

2012年に発行された個人向け社債のランキングである2012年個人向け社債ベストディール、1000票近い投票をいただきありがとうございました。結果発表です!



投票結果
投票総数 966票
1位 415票 SBIホールディングス債(通年起債)
2位 307票 池田泉州銀行債(3月起債)
3位  60票 モルガン・スタンレー債(3月起債)
4位  59票 住信SBIネット銀行債(10月起債)
5位  41票 ロイズTSB債(6月起債)
6位  27票 みずほ銀行債(2月起債)
7位  23票 RBS債(7月起債)
8位  16票 りそな銀行債(2月起債)
9位  13票 BNPパリバ債(7月起債)
10位  5票 三菱東京UFJ銀行債(7月起債)


SBI債が2012年個人向け社債ベストディールに輝き、2010年、2011年に続く3連覇を果たしました!おめでとうございます!短期・高金利・ネット販売という特徴から大人気となり、原則抽選での販売という入手困難な社債となったこともありましたが、それでもなお他の人気社債を抑えて3連覇です。抽選の倍率も、当ブログ調べで3~10倍と高く、SBIホールディングスの集金力を内外に示す結果となったと思います。追随する発行体はいないのでしょうか?

2位には池田泉州銀行債が入りました。昨年発行された個人向け社債の中ではトップクラスの高金利で、銀行債ということもあり当ブログは大盛り上がり、少ない起債額をめぐって争奪戦となったことが思い起こされます。

3位はモルガン・スタンレー債でした。2012年は前半は金融危機が続いており高金利の社債が発行されやすかったものの、後半に金融危機の落ち着きと金融緩和の拡大で低金利の社債が発行されるようになり、前半にリスクを取りにいった投資家が後半、待機組を笑うという構造が出来ていました。

4位と5位は1位のSBI債の抽選に外れた投資家を対象に発行された「ハズレ残念債」ともいうべき社債でしたが、結果的にはランク上位に入りました。どっちも当初は売れ残りを出すほど不人気でしたが、結果的にはランキング上位です。世の中分からないものですね。

2012年は起債数が多かった割に買いたい社債が少なく、SBI債に票が集中するというランキングになりましたが、池田泉州銀行も起債時に祭り、買えて満足、持って満足と大変優良な社債でした。新内閣発足で景気回復期待やインフレ懸念がある中、引受証券会社の皆様にはぜひとも、今以上に話題性の高い社債を販売していただければと思います。たくさんの投票ありがとうございました。また来年の投票もお楽しみに!

PageTop

【投票】2012年の個人向け社債ベストディールを決めよう

2012年は2兆2000億円を超える個人向け社債の起債があり、金額では対前年比で約10%増、本数は前年の71本から120本と対前年比約70%増という大盤振る舞いの年になりました。しかし、投資家の実感としてはどうでしょうか。外国銀行の小口起債だけが増えていき、お宝社債はそう多くなかったのではないでしょうか。

そこで今年もやります!ベストディール投票!2012年に起債された個人向け社債の中から起債時に話題になった社債をshasaiwatchが独断と偏見で10本ノミネート。皆さんの投票で2012年のベストディールを決定します。なお、IP1つにつき1日1票の投票が可能です。

また、自分のベストディールはこれじゃない!と思う方がいらっしゃれば是非ともコメント欄にコメントください。それでは、多くの方の投票をお待ちしております。



PageTop

衆院選アンケートの結果が面白かったwww

先日、当ブログで行った衆院選アンケートですが、なかなか面白い結果になりました。
特に、下の表は比例区のデータなのですが、このブログの特徴をよく表していると思います。
党名当ブログでの得票率実際の得票率
自民党27.49%27.62%
維新の会25.44%20.38%
みんなの党20.18%8.72%
民主党14.45%16.00%
未来の党4.53%5.69%
共産党3.80%6.13%
公明党1.75%11.83%
社民党0.12%2.36%
その他0.12%1.27%

なお、投票せずと回答したデータは抜いてあります。
アンケート結果を分析するとこんな感じです。

★リバタリアン大杉www
実際の得票率では10%を切ったみんなの党が当ブログでは見事第3党を獲得しました。現実に比べ2倍以上の得票率で、当ブログ限定で大躍進を果たしました。維新の会が現実より得票していることを考えると、相当リバタリアンな人が多そうです。

★創価がほとんどいない
リアルでの得票率に比べて創価票が非常に少なかったのが興味深いです。稼いだお金を全部大作にやってしまうのだからそりゃあ社債を買うほど金が貯まらないのは当然・・・
やっぱ宗教法人課税って必要だわ。

★左翼3党の支持者が少なめ
未来、社民、共産の左翼3党に投票した人は実際には14%ほどいるのですが、このブログでは10%を切っています。これらの3党は正直、合併した方が政治に対し影響力を持てるのでしょうが、未来の党が早々に分裂してしまいました。小選挙区で当選したのが小沢一郎と亀井静香のみという左翼というには明らかにふさわしくない人たちでしたから、早晩こうなるだろうとは思っていましたが、これほどとは・・・

★自民・民主の支持者はあまり変わらない
アンケート前は、どっちかが現実よりも多いんだろうなと予想していたのですが、ほとんど変わらないということに驚きです。

というわけで、当ブログで読者に受けようと思ったら大正義みんなの党をアゲアゲしておけばいいという結論に至りました。当ブログの趣旨からは少し外れたアンケートでしたが、面白かったです。今後の参考にしていきたいと思います。

PageTop

【出口調査】衆院選アンケートを実施します【総選挙】

衆院選も投票締め切りになったということで、アンケートを実施したいと思います。今回は「支持政党」「比例区の投票先」「小選挙区の投票先」についての出口調査的なアンケートです。

このアンケートの目的は、社債が出ないので記事のネタがない以前の記事のコメントがマスコミの情勢調査やネット世論とずれているなと感じたためです。社債投資家はどういった党を支持しているのか、社債の投資環境を良くするためにはどの党の政策が好ましいと社債投資家は考えているのか。是非ともアンケートにご協力ください。

なお、党の並び順は日経新聞のサイトに準じています。たぶん改選前の議員数順。同一IPからの多重投票は1ヶ月間出来ません。






PageTop

【アンケート】SBI債当たった?【2012年11月】

勤労感謝の日です。投資先が必死に稼いできた営業利益から金利を抜いている我々社債投資家は投資先に感謝しましょう。なお、営業利益が赤字の投資先はぶん殴ってもっと働かせましょう。

というわけで恒例のSBI債アンケートです。今回はコメント欄で約定できたという人が多かったのでshasaiwatchも期待していたのですが、「約定できず」の文字。大変残念な気持ちで、買いたくて買えなくて長すぎる夜に光を探しては1人たたずんでいる次第です。そろそろ当たってくれないものでしょうか。

投票は1人1日1票まで可能です。たくさんの投票をお待ちしております。



PageTop

【アンケート】SBI債当たった?【2012年10月】

皆さん、体育の日ということでSBI債の抽選を終えていかがお過ごしでしょうか。shasaiwatchはまたしても買えませんでした。おかしい、こんなことは許されない。

というわけで恒例のアンケートです。今回の選択肢はシンプルに「当たった」「外れた」「申し込まなかった」の3つです。ハズレ残念債の住信SBI債に切り替えていくところですが、条件はどうなるんでしょうね。とりあえず資金は移動させずにおいてあるんですが・・・

投票は1日1票まで可能です。たくさんの投票をお待ちしております。

PageTop

【アンケート】SBI債当たった?【2012年9月】

恒例となりつつあるSBI債の当落アンケートを実施します。

今回は、「見送り」「知らなかった」という選択肢を加え、より多くの方の投票を募るとともに、SBI債の認知度やどのくらいの人が申し込んでいるのかについても調べてみたいと思います。

まあもっとも、当ブログの常連読者の人はSBI債を知らなかったということはないでしょうが、投資初心者にも優しいブログ作りを目指す一環として選択肢を設けてみました。

今回、起債を知らずに逃していたとしても、好条件の社債をゲットするためにSBI証券マネックス証券には口座を持っておくことをオススメします。最近はネット証券での個人向け社債の起債が増えてきているためです。



たくさんの投票をお待ちしております。

PageTop

【悲報】SBIのRBS債、まだ募集中

やってしまいましたなあ。これは教育やろなあ。

SBI債のハズレ残念賞として発売されたRBS債ですが、3年半で1.00%という破格の条件が投資家のお気に召さなかったのか、アンケート調査の結果SBIに一旦は入金されたと思われる推定400億円のハズレ資金がこの社債に注がれることはありませんでした。

この売れ残り社債は今後、投資信託に混ぜ込まれたりして寂しく償還の日を待つことになるわけですが、今から既発債として売った場合、いくらなら妥当な値段だと思いますか?皆さんせっかくなのでアンケートにご協力ください。

質問内容は、今回の社債、いくらなら妥当?です。


たくさんの投票をお待ちしています。

PageTop

【アンケート】SBI債(2回目起債の分)当たった?

お待たせしました。SBI債の当落アンケートです。
今回は金額別にしてみました。申し込み金額を100万円未満、100~299万円、300~499万円、500~999万円、1000万円以上の5つに分け、それぞれについて当落をお伺いします。大口顧客にだけ優先的に配分してるんじゃないかという疑惑を解明するため作ってみました。

是非ともたくさんの投票をお願いいたします。


結果がどうであれ、口座開設をしておく必要はあります。持っていない人は作っておきましょう。

PageTop