個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

NTTドコモの個人向け社債金利決定1.00%

NTTドコモが発行する個人向け社債の利率が決定しました。1.00%です。
ソースは楽天ニュース
発行総額       600億円
各社債の金額     100万円
償還期限       2013年3月27日
募集期間       2009年3月9日から2009年3月25日
引受証券会社     大和証券エスエムビーシー株式会社(主幹事)
           日興シティグループ証券株式会社(主幹事)
野村證券株式会社
三菱UFJ証券株式会社
みずほインベスターズ証券株式会社
新光証券株式会社

前回、1%を超えれば買いと書きましたが、ピッタリに合わせてくるとは思いませんでした。NTT系列で今伸びている携帯電話分野なので危ないということはないでしょう。どうよと言われれば、買っても問題はないと返答します。

PageTop

最近のCDSの状況とか

J-CDSによれば、この記事を書いている現在、パイオニアのCDSが3600bpとオリックスを超え、武富士に迫る水準に達しています。パイオニアはブルームバーグによれば当面の資金手当がまだついていない2社のうちの1社だそうです。ここは一つ、公的資金を申請して、足りない資金はオリックスと武富士とアイフルが貸すというのはどうでしょう?公的資金の申請が下りなければ4社が一斉に飛ぶという状況に追い込んで日本政府の尻を叩くのです。弱者連合の反乱に日本政府はなすすべなく公的資金注入に動かざるを得ないでしょう。

最近話題の西松建設は2125bp。ロイターによれば4700bpでの取引も成立したとのことです。コンプライアンスがうるさいこのご時勢、法令違反企業や反社会的企業に銀行は金を貸さないですからね。逝ってしまう可能性もありますね。

他にもあの企業が高かったりあの企業が案外低かったりと見ていて面白かったです。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0306.gif
本日のシティ24回債の価格は86.50円、利率は9.800%となりました。先日に比べ46銭の下落です。

連日最安値を更新するシティ24回債。あと2年7ヶ月の残存期間、当分楽しめそうです。しかし、シティグループの5年CDSはドル建て525bp~551bp(ブルームバーグ及びロイター)で、米国債の利率を考えてもいまだにサヤが抜ける水準です。機関投資家が買いに走ってもおかしくないのですが、そこは個人向け社債の流動性の低さというやつなんでしょう。ちなみに、損保ジャパンのCDSが530bpだそうで、シティのヤバさと損保ジャパンのヤバさは同じぐらいと市場は判断している様子です。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0305.gif
本日のシティ24回債の価格は86.96円、利率は9.510%となりました。先日に比べ97銭の下落です。

またしても最安値更新です。利率も投機的レベルに達しており、次はいよいよ10%の大台かという状態です。

シティ債特集のコメントでjinさんがシティ債はDESされるのではないかという不安を述べておられます。しかし、直近のシティのバランスシートを見ると、預金以外の負債が約100兆円あり、そのうち固定負債と短期借入金だけで47兆円です。DESをやるにしてもそこまでの資本注入が必要なのかという疑問があります。またDESすると当然、シティの債権者に損失が発生します。数十兆円の損失はそれ自体が新たな金融危機と景気後退を生む可能性があります。そうなればシティにとって最大の問題である「金融危機と景気後退で資産が劣化し、資本が痛み続ける」という点が解決できません。そうした理由から、シティ債はDESされないというのがshasaiwatchの見方です。

PageTop

山口フィナンシャルグループが個人向け社債発行!

傘下に山口銀行ともみじ銀行を擁する山口フィナンシャルグループが個人向け社債(愛称:ワイエム感謝祭)を発行することが分かりました(赤い彗星さん、情報提供ありがとうございます!)。山口FGとしては初の個人向け社債です。
山口フィナンシャルグループホームページ

発行総額:200億円
償還期間:3年
社債利率:0.87%~1.87%
申込期間:平成21年3月10日~3月30日
信用格付:A

どうやら地元限定の個人向け社債のようです。山口銀行ともみじ銀行の店頭で購入できる模様。金利はそこそこいいですし、まあ買いでいいんじゃないでしょうか。東京・大阪・名古屋・神戸に支店があるようですので、その他の地域の方はそこで売っていなければ入手困難だと思います。

後日補記 金利決定しました。
山口FGの個人向け社債金利決定

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0304.gif
本日のシティ24回債の価格は87.89円、利率は8.950%となりました。先日に比べ65銭の下落です。

やっぱり下がりました。昨日のは何かの間違いだったのです。最安値更新でいよいよ末期状態です。しかし、その割にもってしまうのがシティ債の面白いところです。

PageTop

個人向け社債ブーム、ピークは過ぎた?

先日、日経新聞で個人向け社債の発行が記録的な勢いで伸びているという記事が掲載されていました。一方、最近の個人向け社債はというと三菱、住友の劣後債が既に売り切れたらしく、後はキャンセル待ちになるとのこと。またCLOも発行金額が少なかったこともあり順調に消化、妙味がありそうなのは東武とドコモぐらいしか残っていません。

こうした中、CPの買い取りが札割れを起こしたというニュースが飛び込んできました。日銀や日本政策投資銀行によるCP買取が功を奏したものと思われます。大企業にとっては当面の資金調達に懸念はなくなったというところでしょうか。

大企業の資金調達難が徐々に解消に向かっているとなると個人向け社債市場は縮小します。日本で起債するのはコストがかかるので、大企業はユーロ市場で機関投資家向けに社債を発行する傾向があるためです。余談ですが、「貯蓄から投資」を進めようとするならばこうしたところから改善を進めていくべきではないでしょうか。

大手銀行は劣後債で資本強化+資金調達を終えましたし、高格付けの大企業は機関投資家向けに社債を発行すれば資金調達できるようになりました。期待されていたトヨタとパナソニックの社債も結局のところ機関投資家向けへの販売のみとなり、個人向けには販売されない模様です。

となると、残りは中~低格付けの事業会社か金融危機で社債を発行できていない、一般消費者に知名度のある企業でしょうか。日立、日産、東芝などの今期の業績が厳しい企業や財閥系不動産会社あたりが起債してくる可能性があります。

とりあえず麻生内閣の功績が一つ増えました。日本経済は3月危機を乗り切れる見通しです。次は6月、9月の資金需要の充足に向けて動くことになりますが、個人向け社債発行ブームのピークは過ぎたような印象ですね。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0303.gif
本日のシティ24回債の価格は88.54円、利率は8.560%となりました。先日に比べ50銭の上昇です。

あれ?反転した?爆下げだと思っていましたが、随分とシティも信用がついたものです。明日はどっちだシティ債。中途解約はできません。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0302.gif
本日のシティ24回債の価格は88.04円、利率は8.83%となりました。先週末に比べ1銭の下落です。

明日にはもっと下がるでしょうね。このグラフをぶち破るほどの折れ線を描いてほしいものです。

PageTop

マネックスの個人向け社債一部売り切れ

マネックス証券で受付しているマネックスの個人向け社債ですが、6ヶ月1.10%の方が早くも受付終了になっていました。3ヶ月1.00%の方はまだ残っていますが・・・

 マネックスは年に数回個人向け社債を出してきます。短期の割に比較的金利がよく、投資単位が1万円単位なので、高金利定期や高金利社債がない時に短期で運用するという使い方が出来るのがいい点です。今回購入するかどうかはさておき、口座を持っておくと有利だと思います。

PageTop