個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0331.gif
本日のシティ24回債の価格は85.92円、利率は10.370%となりました。先日に比べ7銭の上昇です。

時価会計の見直しでシティの利益がかさ上げされるようになるとのことです。いいことなのかもしれませんが、粉飾決算の容認にならないよう進めていただきたいものです。

スポンサーサイト

PageTop

みずほフィナンシャルグループが永久劣後債をコールせず

ロイターによると、みずほフィナンシャルグループがアジア・リテール向けに発行した永久劣後債15億ドルについて、コール解禁日以降もコールしないことを決定したと発表したとのことです。

ブルームバーグが詳細な記事を書いていましたが、この永久劣後債は15億ドルで年利8.375%。初回の任意償還日は来月の27日で、この日にはコールしないということを発表したそうです。

まあ、優先出資証券で14.95%なんて条件を突き付けられているわけですから、永久劣後債で8.375%を任意償還することはないでしょう。ゴールドマンサックスはみずほについて、TOPIXが700ならば9000億円の資本強化が必要になる(今日の終値は773.66)とコメントしており、都銀の資本強化が今後話題になってくるものと思われます。

もう一度都銀の劣後債祭りが開催されるかもしれませんね。しかし、ドイツ銀行、ウリ銀行に続いて劣後債をコールしなかった銀行が日本の銀行だったとは・・・みずほフィナンシャルグループの行く末に一抹の不安を感じます。優先株や劣後ローンで公的資金を入れてでも健全な経営をしてほしいと思います。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0330.gif
本日のシティ24回債の価格は85.85円、利率は10.390%となりました。先週末に比べ2銭の上昇です。

米国ビッグ3の再生計画案が政府に否認されたようですね。まあ、これまで甘い甘い経営を行ってきたのですから当然といえば当然でしょう。トヨタからスカウトしてくるとかゴーンをストックオプションで引き抜くとかそういう目の飛び出るようなことをやらないと認められないと思います。

業績が悪いのは病気と同じで、早期発見早期治療が必要です。放置するとどんどん悪くなります。ビッグ3はこれまで病気を放置していたのですから、死ぬか生きるかの大手術をしなければなりません。それを飲み薬(政府支援)程度でどうにかしようというのは甘いでしょう。

PageTop

早稲田大学が「利付学校債」の発行を検討

早稲田大学が利付学校債の発行を検討していることが分かりました。
この夏にも起債する可能性があるそうです。ちなみに、期間は10年、金利は国債の半分程度とレートがいいとは到底言えません。また購入できるのも早稲田の卒業生または早稲田卒業生の経営する企業に限定される私募債で、普通の人が買えるものではなさそうです。

将来は公募発行も検討するとのことですが、この金利、このレートではよほどの早稲田愛がないと買えませんよね・・・

PageTop

2009年4-6四半期の個人向け社債市場の展望

春ですね。会社には新入社員が入り、桜の名所では花見があります。何かと慌ただしい昨今、新人の初仕事が花見の場所取りだという会社はまだ存在するのでしょうか?

個人向け社債市場も春になれば動きだします。大企業の経理・財務部の今年度の合言葉は「不景気を乗り切るだけの手元資金の確保」です。スプレッドを乗せれば社債発行できるようになった昨今、期限まで返済しなくてよい社債は大量発行が見込まれます。昨年度も大型の個人向け社債発行が相次ぎましたが、今年はそれを超える発行があるかもしれません。

まず何と言っても有名事業会社の起債です。AA~A格の有名企業が手元資金確保のため起債してくる可能性があります。東芝、日立製作所、シャープなどの電機関連に注目です。

また、今年度注目したいポイントとして、三都市CLOに続く証券化商品の登場です。日本の証券化市場復活のため、また知名度向上のため個人向けCLOを再度出してほしいと思います。

銀行は大手メガバンクに期待するのはもちろんですが、今年度注目すべきは地銀でしょう。公的資金を入れたくない地銀が劣後債を出す可能性がありますし、地元への密着度を上げるために何かとタイアップした普通社債の発行も考えられます。山口FGに続く第2弾を期待しましょう。

電力債・鉄道債あたりは今年も無風でしょう。思い切った起債があると面白いのですが、そういう業界じゃないですからね。

いずれにしても、個人向け社債市場を活性化させる何かが起こってほしいと思います。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0327.gif
本日のシティ24回債の価格は85.83円、利率は10.390%となりました。先日に比べ4銭の下落です。

更新遅れて申し訳ございませんでした。
シティ債は相変わらず10%台をウロウロしています。残存期間2年3ヶ月ですが、まだまだ我々をドキドキさせてくれるでしょう。

ところで、ロイズが劣後債を割引して一般債と交換するという提案をしているという記事がロイターにありました。世界最強の保険会社ロイズでさえこの有様です。今の金融環境というのがどん底にあることがよく分かる記事です。将来、今のことを何て呼ぶのでしょうね。やはりリーマン・ショックと呼ぶのでしょうか。

PageTop

三菱東京UFJ銀行、個人向け社債発行を検討中

三菱東京UFJ銀行が個人向け社債の発行を検討していることが分かりました。
ソースはブルームバーグ

需要があれば発行する、という程度のもので、まだ具体的にいくらとか期間何年とかそういうものが決まっているわけではないようです。需要が高まれば発行される可能性が高いということは・・・

みんな!俺達の邪気を永易頭取に集めるんだ!ゴートゥUFJ!ゴートゥUFJ!

後日補記
2009年8月、三菱東京UFJ銀行が個人向け社債発行

PageTop

日本振興銀行がこの先生きのこるには

NISがS&Pから格下げを食らいました。理由は「日本振興銀行の業況に関する不確定要因により、計画どおりに資金調達を行うことが困難になる可能性」だそうです。

日本振興銀行が主力取引行の上場企業という時点でダメ臭が漂いますが、格付けもCCC格という有様でまあ、昨今でなくともまともなところからは資金調達できない会社です。

問題にしたいのは、日本振興銀行の業況に関する不確定要因という文言です。一発業務停止になる可能性をS&Pも排除していないということでしょう。日本振興銀行のホームページではこの事件に関するプレスリリースが次々出されています。そのプレスリリースの中で日本振興銀行は債権譲渡を行った旨の通知を行ったのは自分だけと主張していますが、信託を絡めた債権流動化を行っていた場合、そうした通知を行わなくてもよいケースもあります。日本振興銀行も大変な問題を抱え込んでしまいました。日銀の劣後ローンの注入対象行ではないですし、劣後債の引受先もないでしょうし、増資するにも未上場企業でIPOを狙わないとお金なんて集まりません。

ところで、高金利金融機関マニアの皆さん。今回、日本振興銀行と争うことになりそうな「信託銀行」ってどこなんでしょうね?とりあえず日興シティ信託は名前が出ましたが、オリックス信託銀行もSFCGの債権流動化事業に手を出していたことが同行のプレスリリースで判明しています。業績への影響は軽微としていますが、信託設定された債権に関する権利を主張できなくなったらどうなるのでしょう?結局のところ損失になってしまいます。1000万以上の預金残高のある方は分散をお勧めします。

あと、債権流動化事業でババを引きそうなところとなると、あおぞら信託銀行か外資系あたりでしょうか。こちらは高金利スレ住民には無縁の金融機関のはずです。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0326.gif
本日のシティ24回債の価格は85.87円、利率は10.360%となりました。先日に比べ動きはありません。

シティ24回債、新生の利金債、あおぞらの利金債と、世間に高利回り金融商品が増えてきました。こうした商品を取り引きする市場が出来るといいなと思います。

ところで、最近何度か書いているSFCG関連ですが、二重譲渡の被害者として日興シティ信託銀行が浮上し、4月1日付で行われる予定だった売却が延期になったそうです。SFCGのせいでシティグループの再建にまで支障が出てくるとは・・・サブプライムローンと同じように根が深い問題なのかもしれません。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0325.gif
本日のシティ24回債の価格は85.87円、利率は10.350%となりました。先日に比べ47銭の上昇です。

今日は特に話題はないです。

PageTop

続報:日本振興銀行のSFCG債権関連

 WBC、日本優勝!決勝打のイチローは本当に素晴らしかったです!あのうっとうしい韓国をついに打ち倒して世界一になりました。非常に心が晴れ晴れとした気持ちです。

 しかし、そんな中で日本振興銀行の幹部はどうしても晴れ晴れとした気持ちにはなれないでしょう。彼らは民事再生を申し立てた(そして現在破産に移行している)SFCGの貸金債権を1024億円も購入していましたが、そのうちの数百億円はSFCGが二重譲渡を行っていた債権でした。

 日本振興銀行の一発業務停止命令が現実味を帯びてきました。高金利スレでこのことを話題にする人がいないのが不思議です。現在のところ、日本振興銀行が具体的にいくら二重譲渡された債権を持っているのかは報道されていませんし、日本振興銀行も「担保で保全されており業績への影響は軽微」と主張しています。しかし、その担保にしてもSFCGのことですから既に譲渡したり売却したり隠匿したりしている可能性は多分にあり、結局のところ破産手続の中で損失になる可能性が高いです。

 果たして日本振興銀行は生き残れるのでしょうか。定期預金がペイオフの範囲内と思っていても、名寄せの段階で否認される可能性もあります。家族名義などを含めて1000万円以上預金している方は否認される可能性がないか十分にチェックすることをお勧めします。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0324.gif
本日のシティ24回債の価格は85.40円、利率は10.640%となりました。先日に比べ4銭の上昇です。

売買してる気配がないですね。買い手不在というところでしょうか。年度末ですし機関投資家の売り買いもなければ新規の起債もありません。当ブログもしばらく閑古鳥でしょう。

PageTop

日本振興銀行、SFCG絡みで大損か?

民事再生を申し立てたSFCGが、日本振興銀行に譲渡していた債権を他の信託銀行に既に譲渡していたというニュースがありました。
ソースは時事通信

日本振興銀行は、ここのところ信用不安を起こしたノンバンクから貸付債権を買い取るという事業を進めていたところで、shasaiwatchもなかなか頭がいい奴が日本振興銀行にはいるなと思っていたところでした。このニュースが初めに出た時に「被害者は日本振興銀行だろーな」とは思っていましたが、やっぱりそうでした。しかし反社会的企業というのは最後の最後まで人様に迷惑をかけて死んでいくんですね。日本振興銀行はというと、今回の事件に相当神経質になっているようで、プレスリリースも早々に出しています。日本振興銀行の自己資本は平成20年12月時点で200億円しかなく、今回の件で損失を被った場合、自己資本が一気に吹き飛ぶ可能性もあります。下手をすれば3月決算で一発業務停止命令さえあり得ます。日本振興銀行には損失を最小限に抑えるべく必死の努力をするとともに、劣後債の発行などによって自己資本を充実させ、我々を安心させてほしいところです。

ところで、こんな記事も。
SFCG粉飾決算で告発される
「日栄・商工ファンド対策全国弁護団」による告発だそうですが、容疑というのが「68億円の利益を計上したのに強引な回収をしており、貸倒引当金の過少計上だ」というものだそうです。「川に落ちた犬は棒で叩け」という言葉がふさわしい。過去最高益を出して経営破綻したアーバンコーポレーションの例を出すまでもなく、企業が破綻するのは資金繰りがつかないからです。特にSFCGはシティやリーマンから資金調達をしており、資金繰りが危ないのは目に見えていました。こちらはちょっとお門違いなんじゃないかなという気がします。むしろじっくり眺めてみるとライブドアで問題になった営業投資有価証券の方が怪しいのですが。

話は日本振興銀行から離れますが、今日のノンバンク株は大幅高で、武富士がストップ高、アイフルもストップ高寸前でした。しかしながらCDSは依然高水準をキープしており、「株主はイケイケだが、社債権者は倒産を懸念」というシティと同じ構図が日本のノンバンクで形成されています。もっとも、SFCGの次はここと噂されるロプロはこの上昇気流に乗れていません。おそらくこのあたりが生死の分かれ目になるんですかね。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0323.gif
本日のシティ24回債の価格は85.36円、利率は10.630%となりました。先週末に比べ8銭の上昇です。

シティ株がだいたい2ドル50セントぐらいで落ち着いた様子です。希薄化前の水準ならば10ドルといったところです。シティ株が10ドルの時、社債は95円ぐらいだったんですけどね。どうも信用不安というのはなかなか解消されないですね。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0320.gif
本日のシティ24回債の価格は85.28円、利率は10.670%となりました。2日前に比べ53銭の上昇です。

所用で更新できず申し訳ございませんでした。シティ債は上昇傾向にありますが、気になるニュースとしては、株式連結が行われるという報道があったことと、シティCEOがオフィス改装に1000万ドルかけるという計画が判明したことです。

株式連結があると流動性が下がりますので、株価は下がります。事実、シティ株は見事なまでに急落しました。オフィス改装は正気とは思えないです。私が建築士なら新オフィスに首吊り台を設置してやります。

PageTop

BBB格―この会社の社債、何%なら買う?

現在募集中の個人向け社債以外はしばらく個人向け社債はお休みと思われる昨今ですが、最近の社債動向は高格付け社債は起債できるが、BBB格になると起債できないそうです。そこで、R&IでBBB格に格付けされている有名企業を並べてみましたので、もしもこれらの会社が個人向け社債を出すとしたら、利率は何%なら買いたいかを何社でもいいのでコメントしていただければと思います。期間は個人向け社債に多い3年としましょう。お好みの社債をご回答ください。

イズミヤ・・・
伊藤ハム・・・
香川銀行・・・
サッポロHD・・・
住友不動産・・・
全日空・・・
大王製紙・・・
ダイソー・・・
東京ドーム・・・
日本板硝子・・・
阪急阪神HD・・・
松井証券・・・
マツダ・・・
楽天・・・


案外有名企業が集まったものです。これらの企業が今、社債が発行できずお金に困っているわけです。shasaiwatchはこんな感じです。

イズミヤ・・・2.00%
スーパーや百貨店はどこかが救済合併するでしょう!
伊藤ハム・・・2.50%
ブランド力からどこかが救済するはず!
香川銀行・・・1.50%
いよいよ危なくなったら公的資金が入ると思います!
サッポロHD・・・1.30%
男は黙ってサッポロビール
住友不動産・・・2.00%
財閥だから大丈夫だと思います。でも不動産だし。
全日空・・・4.00%
航空業界はどこもリスクが高いと思います。公益企業という面を考慮に入れて
大王製紙・・・1.20%
製紙会社がそうそう倒産しますかね?
ダイソー・・・1.25%
典型的な不況に強い産業のはず。むしろこれからのはずでは?
東京ドーム・・・1.00%
読売が救済するでしょ。
日本板硝子・・・1.50%
今の今までBBB格ということを知りませんでした。
阪急阪神HD・・・1.70%
近鉄や東武の社債を参考にしてみました。
松井証券・・・3.50%
ネット証券は一般化したし今後差別化が図れないと厳しいと思います。
マツダ・・・3.50%
自動車不況で再編が進むかも。フォードとの関係も心配。
楽天・・・5.00%
潰れた時に誠意がなさそう。

かなり適当に、しかもイメージでやったのでご批判はあるかと思います。皆さんのご意見お待ちしております。

PageTop

金融情報色々・・・

CDSは相変わらずテラヤバス
パイオニア4000bp、アイフル5000bp達成てwww

劣後債ではもはや満足できない人のための投資信託
新光証券のファンドです。劣後債や優先出資証券への投資を主体とします。手数料がネックかも・・・

米金融機関が賞与制限に対抗、基本給引き上げへ
東京湾に沈みたいとしか思えないです。

やったー!ボーナス37億円!→大半が株で時価が14分の1に
シティのパンディットCEOだそうです。14分の1でもいいじゃん!14分の1のさらに14分の1でいいからよこせ!

アメリカが圧力→スイス銀行が顧客情報を一部開示へ
ゴルゴ13あたりが阻止に動きだしそうです。奴に狙われればオバマ大統領もイチコロでしょう。

日銀が金融機関の劣後ローンを引き受けへ
劣後ローンはTier2ですけどこれって公的資金注入には当たらないんでしょうかね?とりあえず個人向け劣後債が出にくくなることは間違いないです。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0317.gif
本日のシティ24回債の価格は84.75円、利率は10.990%となりました。先週末に比べ27銭の上昇です。

今日の東証でシティグループ株がストップ高になりました。買っとけばよかった・・・ここ数日で株価が2倍になっており、シティ債とか劣後債とかそういう利率を吹き飛ばすほどの利益を得られた計算になります。

私は、楽天証券をメイン口座にして株も多少やっていますが、なんといいますか、昨今の金融危機で時価よりも含み損が多い状態で塩漬けになっています。本来であればこういう反転局面で思いっきりぶちこむべきなんでしょうが、ぶちこんでで暴落なんてした日にはシティ債抱えて破産まっしぐらなので当分自粛です。

第一四半期の個人向け社債もどうやら出尽くしのようですし、しばらくは株に浮気もいいかもしれませんね。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0316.gif
本日のシティ24回債の価格は84.48円、利率は11.140%となりました。先週末に比べ2銭の上昇です。

もうやだこのパターン。急落して、落ち着いて、しばらく上昇して、で上昇を上回る急落。どうせまた何かシティが失策やらかすんだろう?そんで次はとうとう20%の大台突破だ。そうなったらもうサラ金からも借りれないぞ。

PageTop

みずほコーポレート銀行の劣後債が売れ残ったという噂

みずほコーポレート銀行が個人向けに発行した劣後債が売れ残ったという噂が流れています。実際、野村證券でも日興コーディアル証券でも、ギリギリまで募集をかけていたのを確認しています。大和証券は売り切った様子ですが・・・

まあもっとも、払込期日は16日です。野村の営業力によって募集期間終了後、払込期日の16日中に売り切るのかもしれませんが、既発が下がるのは必至です。

シティ24回債とオリックスCBが「こっちへおいでよ・・・」と手招きしているようです。優先出資証券の14.95%問題も、三菱UFJが4%台で優先出資証券を発行してしまい、言い逃れできなくなってきています。まあ、倒産することはないにしても、公的資金を注入される可能性はあります。

みずほの劣後債を買った方はドキドキの3年間の始まりです。デフォルトしないようお祈りしましょう。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0313.gif
本日のシティ24回債の価格は84.46円、利率は11.140%となりました。先日に比べ3銭の上昇です。

シティやバンカメが次々と強気の見通しを発表しています。これで3月の第一四半期決算がお笑いだった場合、間違いなく国有化に追い込まれます。シティの取締役は株価が最安値の時に買い支えに入り、今現在で2億円ほどの含み益を得たそうですが、このための発言だったらアメリカ人は怒り心頭、国有化どころか破綻まっしぐらでしょう。

ところで話は変わりますが、三菱UFJがまたしても優先出資証券を出すとか。やっぱり信用力のあるうちに資本強化すべきなんですね。問題の芽を早いうちに摘んでおけばシティもこうはならなかったでしょう。

PageTop

続報:ETF転換権付き社債

株式取得機構がETF転換権付き個人向け社債の発行を検討している件で、社債の内容が一部日経に掲載されました。

中身としては、政府保証付きの無利子社債になるとか。完全にCBですね。しかし、販促のためには多少なりとも利息をつけた方がいいのではないでしょうか。そうしないと相続税減免無利子国債に皆が殺到し、こちらは売れない気がします。

PageTop

本日のシティ24回債の価格+シティ債の適正価格は93~94円?

0312.gif
本日のシティ24回債の価格は84.43円、利率は11.150%となりました。先日に比べ46銭の上昇です。

金利に関する感覚がマヒしてきますが、かなりシティ債の価格が暴れています。

シティ債の価格とCDSスプレッドが合わないという話をここのところ続けていますが、色々と調べてみたところ、アメリカでは最近BB格の社債に要求されるスプレッドは11%に達しているそうです。日本の2年物の中期国債が現在0.4%~0.5%ですから、日米で格付けによって求められるスプレッドが同じと仮定するとシティ債のスプレッドはBB格に該当します。発行当初AA-だったシティ債もとうとう投機的水準に落ちてしまいました。

一方株価は1.50ドルあたりの水準で落ち着いてきました。優先株が普通株に転換されて普通株が希薄化する前の水準であれば約6ドルです。ちなみに、シティ株が6ドル割れした当時(1月13日)のシティ債の利率は6%程度。現在のシティ債のCDSスプレッドも550bp程度なので、中期国債とのスプレッドがほぼ一致します。ということはおそらく、この6%ぐらいがシティ24回債の妥当な金利なのだと思います。価格にすると93~94円といったところでしょうか。格付けもBBB格が適正なのでしょう。

果たしてこの理屈が正しいのかどうかですが、もしも正しければシティグループ第24回円貨社債は割安ということです。購入、売却の参考になるかもしれません。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0310.gif
本日のシティ24回債の価格は83.97円、利率は11.440%となりました。先日に比べ48銭の下落です。

なんじゃいこりゃあーーーーーー
せっかくシティ株が60%上昇しているというのに、シティ債はジャンジャン下落しています。上がる材料が出ても上がらず、下がる要素が出た時に下がる、シティ債はそんな社債に落ちぶれてしまいました。

PageTop

山口FGの個人向け社債金利決定1.41%

傘下に山口銀行ともみじ銀行を持つ山口フィナンシャルグループが発行する個人向け社債の利率が決定しました。1.41%です。
ソースはロイター

発行総額:200億円
募集期間:平成21年3月10日~3月30日
償還期間:3年
社債額面:100万円

予想されていた利率よりも若干高めでの起債です。安全性はメガバンクに比べるとやはり落ちますが、金利がそこそこなので地元の方であれば買いといっていいのではないでしょうか。

PageTop

今日の出来事いろいろ

パシフィックホールディングス破綻
以前私はここはもう長くないと言っていましたがとうとう逝ってしまいました。後に残されたファンドの行く末が心配です。

ロプロに強制執行
商工ファンドに続き日栄までもが終了するかもしれません。不景気の時に儲かる産業だったはずなんですがねえ。

シティのCEOが強気発言で株価が12.5%上昇
0.125ドルしか上がってないのになんでニュースになるの?

道頓堀からカーネルサンダースついに発見される
阪神にかけられたカーネルサンダースの呪いがついに解ける日が来ました。阪神タイガースが優勝すると景気がよくなるので今年は何としても頑張ってもらいましょう。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0311.gif
本日のシティ24回債の価格は84.45円、利率は11.120%となりました。先日に比べ3銭の上昇です。

下げ止まりました。シティグループのCDSスプレッドは605bpと、かなりの高水準に達しています。しかしながら、それでもまだなお日本の投資適格級の企業と比べると中の上です。いかに世の中が悪くなっているかが分かります。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0309.gif
本日のシティ24回債の価格は84.42円、利率は11.110%となりました。先日に比べ2円08銭の下落です。

米共和党の上院議員が大手金融機関を破綻させるべきという発言を行いました。具体的な銀行名は挙げませんでしたが、シティを指しているのは明らかです。

今のアメリカは民主党政権なのでこれがどれだけの影響を及ぼすのかは分かりませんが、この議員は頭がおかしいのでしょうか?シティが破綻すればアメリカのみならず世界経済が崩壊するのは明らかです。驚異的なドル安が起こりアメリカの時代が終わり、世界に混乱と戦争の時代がやってくるでしょう。世界中の金融機関が国有化されているのはそれを避けるためです。

なんという議員だと思ったら大統領候補だったマケインの発言です。米共和党はマケインやらペイリンやらろくな人材がいませんね。大統領選挙でオバマが勝ったのは正しかったということです。シティ債はついに10%の大台に乗りましたが、この発言が容認されるようならすぐに20%に乗るでしょう。そして超投機的なレベルにまっしぐらです。各国の政権が金融システムをしっかりと守ることを期待します。

PageTop

銀行等保有株式取得機構がETF転換権付き社債発行を検討

銀行等保有株式取得機構がETFへの転換権がついた政府保証付き社債を発行する可能性が出てきました。販売先は個人投資家です。

経団連が提言したもので、日本政府が検討を始めるとのことです。

あちこちのニュースサイトを見ても言っていることがバラバラでどういう金融商品なのかさっぱり分かりませんでしたが、CBに近い性質の金融商品だと思います。株式やETFを無理やり手渡される可能性があるEB債や仕組み債とは少し異なる印象で、また損失に対しては政府保証をつけるとのこと。かなり有利な金融商品になりそうです。

しかし、政策としてはどうなんでしょうね?株価が上がった場合、すぐ売却できないのであれば人気は出ないでしょうし、株価が下がって損失を政府が補填するとなれば規模によっては政府の負担が異常に大きくなります。

もう少し話をシンプルに「あらかじめ定められたETFへの転換権がついた政府保証の社債を個人向けに発行する」でいいんじゃないでしょうか。株価が下がった場合には「満期時」に政府が損失を補填するようにすれば余計な政府支出の増大を遅らせることができますし、株価が上がれば政府支出は0で済む。金利も安くできるし、ETFへの転換条件も政府保証だからという理由で投資家に不利にできると思います。

足元の株価が低迷しているがゆえにこういう金融商品の発行を経団連が要請したのでしょうが、本来の景気対策とは少し違うところにある政策の提言だと思います。緊急避難的にやるのは構わないと思いますが、それよりも本業が拡大するよう財政出動要請をする方が先だと思いますがね。

もし本当にやるとなったら、きっちり条件を見てから判断するべきでしょうね。

PageTop

本日のシティ24回債の価格はグラフで比較するとそれほど差はない

citijoke.gif
シティ債の価格が下落していると主張する人がいますが、実際にシティ債の価格と金利の推移をグラフであらわすとそれほど発行当初と差はないことが分かります。むしろ利回りが上昇している分、有利な社債になっているように見えます。シティグループはまさに買い時といえるでしょう。

グラフで比較するとそれほど差はない

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。