個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

マネックスが個人向け社債発行!

マネックス・グループが個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:1年
金利条件:1.20%
発行総額:45億円
社債額面:1万円
募集期間:平成22年2月1日~平成22年2月9日
格付け:BBB+

毎度おなじみマネックス証券のマネックス債です。マネックス証券のみでの取り扱いになります。

商品としての魅力度は前回と変わっていません。1年で1.20%は安いなあ、もっといい社債はないかなあという気持ちです。しかしながら、今回は投資判断は買い推奨とします。

最大の理由としては、ここ最近、高金利金融機関が減ってきたという事が挙げられます。金融危機の終了と日銀の金融緩和政策により、金融機関が長い期間であっても低利で資金調達が出来るようになった結果、預金金利は下がり、高金利金融機関は姿を消しました。そのため、発行条件は変わらないものの、相対的にマネックス債の優位性が上昇してきているということが今回、買い推奨にした理由です。

まあもっとも、SBI証券も次回発行のタイミングを見ているでしょうし、両方に口座を持って両にらみでいくのがいいのではないでしょうか。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0129.gif
本日のシティ24回債の価格は99.90円、利率は2.730%となりました。先日に比べ変動ありません。

2010年のワクチン債の発行登録がなされました。どうやら今年もやるみたいです。

ワクチン債の仕組みは、ワクチン債を発行して投資家から金集め→ワクチンを買って子どもたちのために使う→先進国からODAをもらう→償還という仕組みだそうです。ODAを世界にばら撒く日本としては、是非とも円建てのワクチン債を発行してもらいたいものですが、日本はワクチン債のプログラムに参加していないらしく、円建てによるワクチン債発行は厳しいかもしれません。

外債に興味のある方はどうぞ。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0128.gif
本日のシティ24回債の価格は99.90円、利率は2.730%となりました。2日前に比べ7銭の上昇です。

シティグループから社債の買付提案が出されました(Sourinさん情報提供ありがとうございます)。なお、今回対象になっている社債の中にシティ24回債は含まれていません。

これは、シティが自分で発行した社債を満期前に買い取りたいという意味です。応募すれば社債をシティが事前に指定した価格で買い取ってもらえます。

満期の近い社債を買い取ることで、シティにとっては支払利息を削減するという効果があります。また、社債買取資金としてリスク資産の売却によって得た資金を充当する場合は、自己資本比率が改善するという効果も見込まれます。

今回はそうでもなさそうですが、発行価格を下回る価格で買い取る場合は買い取ることで会計上、利益が発生することもあります。

なお、社債ホルダーにとってのメリットは、早期償還がなされ、手元資金を確保できることです。あと数ヶ月分でもシティの社債を持っていたくない!という人にはお勧めです。

買取提案はシティに手元に余剰資金がないと出来ないことですので、今回のシティの買取提案はシティの資金繰りの回復をうかがわせるものです。悪いニュースではなさそうです。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0126.gif
本日のシティ24回債の価格は99.83円、利率は2.780%となりました。先日に比べ10銭の下落です。

シティ債が下落しました。今度こそは100円を超えるかと思ったのですが、なかなか市場の信認を得るのは難しいです。

ところで、日本国債のアウトルックがS&Pによって「ネガティブ」に格下げされました。現状、日本国債の格付けはAAですが、今後財政再建が進まない見通しであれば、AA-に格下げする可能性があるとのことです。

現在の格付けであるAAは国内企業でいえばキヤノンとかNTTとかと同じ格付けであり、AA-は味の素や日本生命と同じ格付けです。今すぐに日本国債の信頼が揺らぐという事はないにせよ、歳出削減・歳入拡大による財政再建を市場から突き付けられたということでしょう。

ところでこのニュースが流れた直後、金利もCDSも上昇。今後どのような動きになるか分かりませんが、金利の先高観が予想されるようであれば個人向け社債を起債する動きも活発化しそうです。

次はどこが起債するんでしょう。楽しみです。

PageTop

このブログは一体何のブログだったのか

だいぶ前にも書いた気がするのですが、時々書かないと自分でも何のブログだったのか忘れてしまうし、見ている方も混乱するので再度書きます。

「個人向け社債ウォッチ!」は、リーマン・ショックで金融市場が大混乱に陥った際、その3ヶ月前に発行された「シティグループ第24回円貨社債」の動向をウォッチするために作られました。

当初は2ちゃんねるの「高金利金融機関はどこ」というスレで騒いでいたのですが、シティ厨うぜえという声により当ブログに隔離されたわけです。

それと同じ時期、銀行が一斉に貸し渋り・貸し剥がしに走り、メガバンク自身も資金調達が困難になるという事態に直面し、個人向け社債が大量に発行されました。

「高金利金融機関はどこ」スレでも社債の話題で大盛り上がりになり、スレは連日祭り状態。しかし、定期預金の話題を中心にしたい「定期厨」と社債の話題も取り上げたい「社債厨」が対立し、スレが荒れ始めました。そこで、当ブログに社債厨を隔離すればいいんじゃね?とshasaiwatchが思い、個人向け社債の話題を大きく取り上げるようにしました。

結果的に完全に隔離できたわけではないのですが、それなりにスレも落ち着きを取り戻し、そうした事情を知らない方も当ブログに来ていただけるようになり、今に至るというわけです。

この「高金利金融機関はどこ」というスレのローカルルールに「円貨換算でリスクを負う金融商品はご遠慮ください」というルールがあるため、これを踏襲して当ブログでは円建ての金融商品ばかりを取り扱っています。また、円建てでの元本割れのリスクがあるという意味で仕組み債などの話題も避けています。

また、主に定期預金を語るスレから派生したブログなので、投資初心者の方にも優しいブログを目指しています。証券会社から相手にされない、担当もつかないshasaiwatchのようなゴミ投資家でも安心して参加できる、そういうブログにしていきたいです。

まあそんなわけで、FXとか株式とか投信とか、そういう商品はもっと詳しいサイトやブログがあるでしょうからそちらで検討していただければ幸いです。外債も外貨投資の一種なのでもっと詳しくて役に立つところがあるのではないでしょうか。所詮ここは隔離ブログが発祥ですから、肩の力抜いていきましょうw

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0125.gif
本日のシティ24回債の価格は99.93円、利率は2.710%となりました。先週末に比べ2銭の上昇です。

証券会社の対応に不満をお持ちの方が多いようで、最近コメント欄が盛り上がっていますね。確かに証券会社の社員の態度は悪いです。特に伝統的な証券会社ほどひどいです。

日本の証券業界は長らく「株屋」と呼ばれ、そこで働く人間は一部の人間から詐欺師の一種と見なされてきましたし、実際にそうであることもありました。総会屋や暴力団などの闇勢力との関係もたびたび明らかになり、そうした見方を強化してきた面も否定できません。

また、従業員に対しての過剰なノルマや、暴力的な社内環境、そして利益が出さえすれば何をしてもよいという体質も問題の根を深くしています。ネット証券の挑戦を受けるようになって随分緩和されたと聞きますが、依然として野村証券などは体質がヤクザと変わらないと噂されています。

商品先物取引業界では問題がもっと深刻です。グローバリー外務員殺人事件から10年、トラブル件数は減っていないようで、詐欺師のたまり場であるという実態は変わっていないようです。企業体質は証券業界よりひどいとか。

証券会社でgoogleのようなスマートな企業が出てくれば相当変わってくるのでしょうけどね。規制に守られた業界なので新規参入も難しく、なかなか変わりそうにないです。ネット証券に人が流れたのも納得です。

PageTop

あなたが選ぶ2009年個人向け社債ベストディール、結果発表!

先日より実施していたアンケート「あなたが選ぶ2009年個人向け社債ベストディールは?」の結果がまとまりましたので、報告します。沢山のご意見ありがとうございました。

結果発表
総投票数 394票
1位 ソフトバンク債(6月発行)(183票、46%)
2位 岡村製作所債(4月発行)(50票、13%)
3位 三菱東京UFJ銀行債(3月発行)(46票、12%)
3位 SBIホールディングス債(計10回発行)(46票、12%)
5位 中央三井信託銀行債(6月発行)(33票、8%)
6位 りそな銀行債(8月発行)(18票、5%)
7位 三菱UFJ信託銀行債(6月発行)(9票、2%)
8位 日立製作所転換社債(12月発行)(5票、1%)
9位 三井住友銀行債(12月発行)(4票、1%)
最下位 バークレイズ・バンク・ピーエルシー債(9月発行)(0票、0%)

上半期ベストディールを受賞した岡村製作所債が、当時のアンケートでベストディールを逃したソフトバンク債に逆転され、ソフトバンク27回債(2年、5.10%)が2009年個人向け社債ベストディールに選ばれました

驚きの逆転劇でした。異常な高金利での発行、その後の信用力の回復と社債価格の値上がり、話題性などのせいでしょうか、他の社債に圧倒的な差をつけての優勝です。

逆に、誰も投票しなかったバークレイズ・バンク・ピーエルシー債はどうなんでしょう。金利も悪くないのに。発行するという第一報が出た時点であちこち探し回っていた方もいらっしゃるようですが、やはりSMBCフレンド証券が主幹事では買いにくいということなのでしょうか。

また、SBIと三菱UFJが並んだというのも注目です。これからは社債もネットで買う時代が来るということを感じさせる結果でした。

個人的には、驚異の値上がりを見せた日立製作所の転換社債がもっと上位に来るんじゃないかなと思っていたのですが、伸び悩みました。イオン債のように損失が発生する可能性が高いわけでもなかったのですが、CBには興味のない方が多いのかもしれません。

今年も多くの個人向け社債が出そうです。次なるベストディールを目指して各発行体には頑張っていただきたいと思います。


PageTop

本日のシティ24回債の価格

0122.gif
本日のシティ24回債の価格は99.91円、利率は2.720%となりました。先日に比べ4銭の上昇です。

シティが赤字計上したにも関わらず、シティ債は高値更新です。何とか100円まで戻してほしいものです。

コメント欄にアコムが社債を発行する云々とありましたが、アコムの社債は機関投資家向けのようです。当ブログは個人向け社債を基本的に扱っていきますので、機関投資家向けへのコメントはあんまりやりません。あしからず。

個人的には一時100円を割っていたパイオニアが公募増資をするというニュースに注目です。シティと同様、金融危機のど真ん中で買っておけば今頃大きな利益を得られていたはずの株です。我々はメガバンクの劣後債で満足すべきなのでしょうが、リスクを取るとはこういうところの株を買う事なのだと思い知らされました。

一方、当時200円前後だったJALは会社更生となり、株価は1円まで下がるという状況。まあ、これから紙くずになるわけですから当然の価格ではありますが、日航とシティ、日航とパイオニアの違いは何なんでしょうね?いずれも経営危機に瀕し、公的支援が実施された企業です。

この違いが分かれば危ない危ないと言われる企業に思い切って突っ込んでいけるのですが・・・難しいですね。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0121.gif
本日のシティ24回債の価格は99.87円、利率は2.750%となりました。前回更新時に比べ変動ありません。

シティの決算が赤字に転落しました。しかしながら、ほとんどは公的資金の返済に伴う赤字で、実質的な赤字はさほどありませんでした。

焦って公的資金を返済しようとするからこういうことになるのです。オバマ米大統領は最近の支持率の低下を受け、銀行に厳しく大衆に迎合する政策を取ろうとしているようです。あと3年ほど大統領をやっていられるわけですから、1年半ほど先延ばしにしていただきたいものです。

社債関連ではSBの起債が相次いでいますね。しかし、個人向け社債は少しお休みなのか、全て機関投資家向けです。特に残念なのはスクウェア・エニックスがユーロ円CBを起債することです。打歩発行ではあるものの、国内で売りさばいてくれれば知名度も高いですしそれなりに人気も出たでしょうに・・・

結局日本市場で発行するとコスト高なんでしょうね。日本の証券市場をもっと自由化していかないと上海に負けてしまいます。AIMもいまだに上場がないらしいですし。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0118.gif
本日のシティ24回債の価格は99.87円、利率は2.750%となりました。先週末に比べ変動ありません。

今日時点の話では、日本国債のCDSが78~81bpで取引されているようです。もともと日本国債のCDSなど誰も気にしなかったはずですが、ここにきて上昇傾向にあり、ロイターなども採り上げるようになってきました。

これは、日本政府の財政規律に対する投資家の信頼が揺らいでいると言う事を意味します。残念ながら、その通りだと思います。

世間様は小沢一郎の黒い金の話で盛り上がっているようですが、ロッキード事件の時もリクルート事件の時も佐川急便事件の時も一枚噛んでた小沢がいまだに逮捕されていない方がおかしいのであって、早期にブタ箱に送って予算の話をするべきなのです。

ただでさえ日本の国債発行余力が限界に近付いてきています。返済原資となる個人金融資産1500兆円のうち、実際に国債を買うことが出来る預金と保険の合計額は約1100兆円で、この額を超えれば日本政府は実質上破綻していることになります。一方、政府の債務残高は860兆円あります。国債発行額を44兆円とすると、あと5年半程度で国家破産ということになります。

まあ実際には、個人向け国債があったり、政府機関が購入している国債があったり、しばらくは破綻していることに気付かない人が出たりで実際にはあと200兆円ほどの余裕があるのでしょうが、それでもあと10年程度で破綻します。

個人の預金と保険は毎年平均すると1.25%ずつ増加していることが分かっています。政府の赤字をこの範囲にとどめ、速やかに歳出削減と規制緩和を行わないと日本は破綻します。そうなれば個人向け社債もハイパーインフレで紙切れです。

我々の資産を守るためにも、政府には健全性に気を遣ってほしいものです。

PageTop

東芝の個人向け社債金利決定1.05%

東芝が発行する個人向け社債の利率が決定しました。1.05%です。
ソースはロイター

発行要項
償還期限:3年
金利条件:1.05%
発行総額:500億円
社債額面:100万円
募集期間:平成22年1月18日~平成22年1月27日
格付け:BBB

購入枠の割り当ては、野村225億、大和150億、みずほ75億、日興30億、三菱20億です。

投資判断は買い非推奨です。この社債は詐欺の類です。

そもそも前回書いたとおり、東芝は昨年9月末時点で倒産していた可能性があった企業です。半導体分野の盛り返しによって一応の回復は見られるのでしょうが、それにしても1.05%は安すぎます。同時期に起債される他の社債と比べ、期間・金利・格付け・担保条件などで他の社債に大きく劣り、わざわざ購入する意義が見当たりません。

見送りをお勧めします。二度と社債が出ないわけでもないですし、東芝の社債をどうしても買う必要性もありません。しばらく待てばまたいい出物もあるでしょう。

PageTop

東武鉄道の個人向け社債金利決定0.99%

東武鉄道が発行する個人向け社債の利率が決定しました。0.99%です。
ソースはロイター

発行要項
償還期限:3年
金利条件:0.99%
発行総額:100億円
社債額面:100万円
募集期間:平成22年1月18日~平成22年2月1日
格付け:BBB+

高金利社債が相次ぐ中、1%割れの個人向け社債はどうかと思いますが、投資判断は中立です。発行体が公的意味合いが強い鉄道会社であることや、同順位特約付きながら有担保の社債であることがこの社債のいいところです。

高金利金融機関枠を使い尽くした方にとっては安全な運用先だと思います。購入枠の割り当ては日興コーディアル40億、みずほ・三菱・大和が各15億、野村6億、丸三5億、そしあす2億、東海東京1億、岡三1億です。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0115.gif
本日のシティ24回債の価格は99.87円、利率は2.750%となりました。先日に比べ1銭の下落です。

外国人参政権の議論がありますね。そもそも民主主義国家で外国人参政権を認めるという考えがおかしいです。現状、帰化が困難というわけでもありません。帰化申請の許可率は98%以上であり、費用も20万円前後。毎年1万人以上が帰化しています。

民主主義の原則に反する行為には反対です。

PageTop

オリックスの個人向け社債金利決定2.95%

オリックスが発行する個人向け社債の利率が決まりました。2.95%です。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:3年
金利条件:2.95%
発行総額:500億円
社債額面:100万円
募集期間:平成22年1月15日~平成22年1月28日
格付け:A

証券会社の割り当ては、日興コーディアル400億、岡三50億、コスモ20億、丸三10億、オリックス8億、東洋7億、安藤5億です。ほぼ全額を日興コーディアル証券が引き受ける形です。

日興コーディアル証券は最近必死感が漂っています。三井住友の劣後債を大量に引き受けて売り切れなかったという噂も聞きますし、いったいどうしたんでしょう。

まあ、購入する側としてはどこに申し込めば買いやすいのか分かるのでありがたいんですけどね。ちなみにオリックス証券のみ、ネットで購入できます。まあ、この額だと瞬間蒸発するんでしょうけども。オリックス証券がこういう形で社債を売り始めたのは非常にいいことだと思いますが、いかんせん合併のため新規口座開設停止中なのが痛い。残念です。

前回書いたとおり投資判断は買い推奨です。オリックスの信用力は決して高いとは言えませんが、適切な自助努力を行っており3年であれば外部環境の変化にも十分耐えうる企業だと思います。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0114.gif
本日のシティ24回債の価格は99.88円、利率は2.740%となりました。2日前に比べ変動ありません。

100円を目前にして足踏み状態のシティ24回債です。なかなか前に進みませんね。

ところで皆さん、日本が景気回復するためには、消費が増えることが重要です。そこで、無人島を買うというのはいかがでしょうか?

無人島の競売が大反響(産経)

広島の呉で国有の無人島「三ツ子島」が売りに出されているようです。島オーナーになりたいと希望する金持ちの物好きが入札するようですが、こういう形で消費が増えるのはいいですね。

日本には6415の無人島があるそうで、今後、売りに出そうなものもありそうです。横須賀市の猿島や鹿児島県の臥蛇島、瀬戸内海の瓢箪島などは本当に買い手がつきそうです。別荘を立てて周囲に自慢しまくるもよし、独立を宣言してB級ニュースとして世界に配信されるもよしです。

PageTop

【第11回】SBIホールディングスが個人向け社債発行!

SBIホールディングスが個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはSBI証券

発行要項
償還期限:1年
金利条件:1.90%
発行総額:100億円
社債額面:1万円(10万円以上1万円単位)
募集期間:平成22年1月13日~平成22年1月26日
格付け:BBB

今年初のSBI債です。これだけ短期的に社債を連発してくれるとこちらも嬉しくなります。なお、購入を希望される方はSBI証券に口座を開設している必要があります。販売はSBI証券が独占です。

投資判断は買い推奨です。預かり資産の積み増しや新規口座獲得の観点からも、調達コストの観点からも、SBIにとっておいしい商品です。我々個人投資家からしても短期・高金利・ネットで買えるという最近のトレンドにぴったり適合する商品であり、基本的には購入をお勧めします。shasaiwatchも既に買っています。

懸念材料としては、中間決算の数字があまり思わしくなかったこと。若干起債のペースが速く、SBI債の消化が資金繰りを助けている点が見受けられることです。まあ、1年以内でどうこうなる社債ではありませんが。

SBI債の発行によって新規口座の開設にこぎつけても、SBI債以外の魅力ある金融商品を提供できなければただ金利負担が膨らむのみです。SBI債を購入する人は、比較的資産があり、かつ安定的な運用を望んでいる人が多いので、そうした商品を開発または受注することが、今後のSBIにとって重要なテーマになるでしょう。


PageTop

小田急電鉄の個人向け社債金利決定0.43%

小田急電鉄が発行する個人向け社債(小田急箱根ゆけむりボンド)の利率が決定しました。0.43%です。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:3年
金利条件:0.43%
発行総額:150億円
社債額面:100万円
募集期間:平成22年1月12日~平成22年1月27日
格付け:AA-

金利、安いですね。本当に安いですね。一応主幹事証券はみずほ証券です。

投資判断は買い非推奨です。オマケでついてくる懸賞(1等ホテル宿泊券・2等商品券)の方が価値が高いなんてそんな社債ありですか。農業法人が話題づくりのために発行してる社債じゃないんだから。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0112.gif
本日のシティ24回債の価格は99.88円、利率は2.740%となりました。先週末に比べ変動ありません。

日航株がストップ安だそうです。しかし、最後の最後まで「国が救うはず」と考えていた人がまだこれだけいたということに驚きです。

shasaiwatchは民主党政権に批判的な立場の人間ですが、自民党末期の頃から、頭から政府に頼り切ったような企業はどんどん切り捨てられていき、己の力で這い上がろうとする企業を政府は支援するようになっています。この流れは民主党政権になって若干の修正がありそうなものの、基本的には変わらないでしょう。今後も政府頼みの企業はどんどん淘汰されていくでしょう。

もっともJALについては、債権放棄が取りざたされた時点で株主が腹を切らされるのは火を見るより明らかなので、今まで持っていた人がいたというのも驚きです。いまだに日航株を持っている連中は、マネーゲームでバクチを決め込んでいた奴らなのでしょうか?まあそれならそれこそ自己責任で。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0108.gif
本日のシティ24回債の価格は99.88円、利率は2.740%となりました。先日に比べ変動ありません。

長期金利が上がってますね。一方でCDSは最近、低下傾向にあります。個人向け社債は年初こそ盛り上がったものの、今後1ヶ月ぐらいは出物がないかもしれません。

少ない出物をいかに確保するかが重要になってくるでしょう。

PageTop

【祭り】オリックスが個人向け社債発行!【開始】

オリックスが個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはオリックス証券

発行要項
償還期限:3年
金利条件:2.45%~3.45%(1月14日条件決定)
発行総額:未定
社債額面:100万円
募集期間:平成22年1月15日~平成22年1月28日
格付け:A

新春社債祭り開始です。

主幹事証券は日興コーディアル証券になる予定ですが、この社債、オリックス証券ならネットで買えます。さらに金利条件、期間、投資金額、格付けのいずれをとっても好条件であり、瞬間蒸発は避けられないでしょう。購入希望の方は早期に動くことをお勧めします。

しかし、我々はリーマン・ショックで学んだはずです。格付けは当てにならん。自分の目で見て自分の目で信じたものを買う。果たして、オリックスはあと3年もつのでしょうか。そして社債を償還してくるのでしょうか。

まず、オリックスのCDSは決して低くはありません。しかし、1年前と比べるとその値は著しく低くなっており、信用力の回復をうかがわせます。またその下がり方も他の企業と比べて大きく変わるところはありません。

次に、第2四半期報告書の検討ですが、苦労してるなあという印象の半期決算でした。収益がなかなか出ない中、資産、特に不動産関連資産の圧縮に努めており、貸し渋り・貸し剥がしを徹底して生き残ろうとしています。ここまで頑張って信用収縮に耐えきったというべきでしょう。また、子会社オリックス・クレジットを売却して手元資金を確保するなどの動きも見られ、それと同額が現預金増となっています。しかしながら、現預金の増加にはオリックス信託銀行の預金増加額も含まれており、実質的にはフリー・キャッシュフローはオリックス・クレジットを売却してトントンぐらいなのではないかと思われます。

まあ、金融危機も一応事態は収拾に向かっているようなので、今後予想される不況により収益力が圧迫され続けたとしても、3年で潰れる企業ではないでしょう。投資判断は買い推奨とします。久々の高金利社債でワクワクしますね。

後日補記
金利決定しました。詳細はこちら

PageTop

東武鉄道が個人向け社債発行!

東武鉄道が個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:3年
金利条件:0.69%~1.29%(1月15日条件決定予定)
発行総額:100億円
社債額面:100万円
募集期間:平成22年1月18日~平成22年2月1日

金利は0.9%前後になりそうです。鉄道債なのでほとんどデフォルト・リスクを見ないでいいという利点があります。

定期預金と比べるとやはりまだ高金利の定期預金がありますが、既発債と比べ若干ながら有利になりそうなことや、既に複数の銀行に預金保険枠一杯までつぎ込んでいる人にとっては若干の妙味がありそうなことから、投資判断は中立とさせていただきます。

しばらく安全に運用したい方にとってはいいのではないでしょうか。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0107.gif
本日のシティ24回債の価格は99.88円、利率は2.740%となりました。2日前に比べ8銭の上昇です。

シティ債の価格が久々の高値更新です。残存期間が半分を切り、安心感が出てきたのでしょうか。このまま100円まで回復して欲しいものです。

PageTop

東芝が個人向け社債発行!

東芝が個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはロイター

発行要項
償還期限:3年
金利条件:0.80%~1.30%(1月15日条件決定予定)
発行総額:500億円
社債額面:未定
募集期間:平成22年1月18日~平成22年1月27日
格付け:A-(発行体格付)

野村・大和・日興・三菱・みずほの各証券で販売の予定です。

エネルギーとエレクトロニクスのTOSHIBAがお送りする個人向け社債です。サザエさんネタはおいといてこの社債、1月28日に発行されるわけですが東芝の第3四半期決算は1月29日の15時に発表です。この符合に黒いものを感じるshasaiwatchは何か間違っているでしょうか?

また、それを無視して第2四半期決算を見ても東芝が厳しい状態にあるのは明らかです。決算短信は営業利益の改善を主張していますが、経常利益や当期利益は赤字。在庫も過大ですし、かつ昨今の情勢の中増加傾向です。最近は円安傾向ですが、9-12月期は円高傾向で推移し、為替差損も多く出たものと思われます。

何よりもshasaiwatchが気に入らないのはキャッシュフロー計算書です。半年で5000億円の短期借入金を貸し剥がされ、現預金が枯渇。慌てて公募増資をしたものの、株式の発行による収入額が期末現預金額を上回っており、増資をしなければ経営破綻していたという決算内容です。

そんな会社だというのに金利が0.80%~1.30%だと?ありえねー。投資判断は買い非推奨です。東芝の現状は格付けよりもはるかに悪く、また今後もしばらくはそういう状況が続く見込みです。様子見で十分でしょう。

PageTop

小田急電鉄が個人向け社債発行!

小田急電鉄が個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:3年
金利条件:0.24%~0.64%(1月8日条件決定)
発行総額:150億円
社債額面:100万円
募集期間:平成22年1月12日~平成22年1月27日
格付け:AA-

平成22年の一発目は小田急箱根ゆけむりボンドです。思えば去年の一発目も小田急箱根ゆけむりボンドでした。まあ、毎年恒例の個人向け社債といえばそうなんですが。

しかし、低金利のせいか、非常に金利が安いです。予想される金利の中央値は0.44%であり、3年物という観点からみると定期預金でもっといいところがあります。運用対象としてはあまりいいものではありません。投資判断は買い非推奨とします。

なお、小田急電鉄債は毎度のことですが懸賞付きです。購入者の中から抽選で宿泊券が当たります。

後日補記
金利決定しました。詳細はこちら

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0105.gif
本日のシティ24回債の価格は99.80円、利率は2.800%となりました。先日に比べ1銭の下落です。

★お知らせです。平成22年版の「これから発行される予定の個人向け社債一覧」を作りました。昨年使用していた記事は「2009年に発行された個人向け社債一覧」に名称変更しました。現在、リンクを更新中です。

PageTop

2010年に発行された個人向け社債一覧


最終更新日 平成24年2月28日
更新は終了しました。各年度に発行の個人向け社債は以下の通りです。
2009年
2011年

★2010年第1四半期
SBIホールディングス 100億円
東芝 500億円
オリックス 500億円
東武鉄道 100億円
小田急電鉄 150億円
マネックス・グループ 45億円
日本ハム 300億円
テンプホールディングス 50億円
オリックス 600億円
野村ホールディングス 100億円
北陸電力 100億円
名古屋鉄道 100億円
SBIホールディングス 300億円
小計 2945.0億円
★2010年第2四半期
オリックス 300億円
SBIホールディングス 90億円
四国電力 100億円
東北電力 100億円
オリックス 400億円
丸紅 300億円
バークレイズ・バンク・ピーエルシー 200億円
小計 1490.0億円
★2010年第3四半期
モルガン・スタンレー 70.58億円
マネックス・グループ 50億円
SBIホールデングス 100億円
オリックス 900億円
上新電機 25億円
バークレイズ・バンク・ピーエルシー 211億円
小田急電鉄 150億円
中国電力 100億円
近畿日本鉄道 300億円
山口フィナンシャルグループ 200億円
SBIホールディングス 100億円
マツモトキヨシホールディングス 150億円
モルガン・スタンレー 41.79億円
ソフトバンク 1300億円
オリックス 700億円
バンク・オブ・アメリカ 104.51億円
小計4502.88億円
★2010年第4四半期
近畿日本鉄道 300億円
ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・ピーエルシー 215億円
エルピーダメモリ 600億円(転換社債。平成24年2月デフォルト)
バークレイズ・バンク・ピーエルシー 70億円
バンク・オブ・アメリカ 23.28億円
山口フィナンシャルグループ 300億円
四国電力 100億円
SBIホールディングス 200億円
東北電力 100億円
バークレイズ・バンク・ピーエルシー 200億円
九州電力 100億円
ゴールドマン・サックス 30億円
ユナイテッド・アーバン投資法人 150億円
北海道電力 100億円
クレディセゾン 100億円
バンク・オブ・アメリカ 35.01億円
小計2623.29億円 
================================================================
合計:1兆1561.17億円

★2010年個人向け社債ベストディール★
SBIホールディングス債(計6回発行 計890億円)

PageTop

【投票】2009年の個人向け社債ベストディールを決めよう



2009年に発行された個人向け社債は2兆5000億円を超えます。その中で最高の社債はどれだったのでしょうか?皆さんの投票で決めたいと思います。

上期に実施したアンケートの上位5社と、shasaiwatchが独断と偏見で決めた下期の5社、合計10社をノミネートし、皆さんの投票によってベストディールを決定したいと思います。投票は1IPにつき1日1回まで。2~3週間後をめどに結果を公表しようと思います。皆様の投票をお待ちしております。

なお、この10社以外に投票したいと思う社債があれば、コメント欄に投稿してください。

後日補記
投票は締め切りました。たくさんの投票ありがとうございました。結果はこちら





PageTop

本日のシティ24回債の価格

0104.gif
本日のシティ24回債の価格は99.81円、利率は2.790%となりました。昨年末に比べ2銭の上昇です。

新年明けましておめでとうございます。今年も「個人向け社債ウォッチ!」をよろしくお願いいたします。

今年もシティグループの動向を生温かく見守りながら個人向け社債の情報をお伝えしていこうと思います。注目は、シティ24回債が100円の大台に乗せるか?というところが1点です。発行直後に100円27銭の高値を付けて以降、100円まで戻ったことのないシティ債ですが、果たして償還までに100円まで戻るのか?それとも店頭気配情報の公開が終了するまでこのままなのか?

2点目は、今年はおいしい個人向け社債が登場するのか?という点です。金融危機が終了し、時代のトレンドはデフレ。社債発行は減るでしょう。そんな中で是非とも!資金調達の多様化と個人(特に富裕層)に向けた広報を兼ねて一流企業は個人向け社債を起債してほしいものです。

当ブログで実施したアンケートによれば今、個人投資家が買いたい社債は「低格付け・ネットで買える・劣後債」がキーワード。これらの条件をどれか一つでもクリアすれば、かなりの人気社債になるでしょう。有利な資金調達のチャンスです。

果たして今年はどうなることでしょうか。楽しみです。

PageTop