個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0226.gif
本日のシティ24回債の価格は99.90円、利率は2.730%となりました。2日前に比べ1銭の上昇です。

当ブログにいただいたコメント数が1000コメントを突破したのが2月13日、それから2週間。早々に1100コメント目をいただきました。このペースだと7月ぐらいに2000コメントになりそうですね。当ブログのような稚拙な文章でこれだけのコメントをいただけることは煽り・叩きコメントも含めて大変ありがたく思っております。今後も、過疎るより荒れた方がマシという気持ちで駄文を連ねていきたいと思います。

追記
「無記名債さん」をハンドルネームだと思っている方がいらっしゃる様子ですが、名前を入力せずにコメントを書き込むと名前欄が「無記名債さん」になる仕様です。

スポンサーサイト

PageTop

オリックスの個人向け社債金利決定3.02%

オリックスが発行する個人向け社債の利率が決定しました。3.02%です。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:4年
金利条件:3.02%
発行総額:600億円
社債額面:100万円
募集期間:平成22年2月25日~平成22年3月12日
格付け:A

実に微妙な社債です。前回、3年2.95%とほぼ市場実勢並みで発行してきて大人気だった社債が、今回は4年3.02%で市場実勢よりも悪い条件で発行です。コメント欄にもありましたが、3.02%では買った瞬間に2%ほど値下がりします。そういう意味では嵌め込み債と言えるでしょう。

また、オリックスという企業がそもそもあまり信用されていないこともあり、規模や社会的影響から見てもtoo big to failとは扱われないでしょう。そういう意味では、金利はともかく期間は長いんじゃないの?と思います。

しかし、オリックスのデフォルトはない!と確信するならば、これだけの運用対象はなかなかありません。満期までドキドキしながら保有できる社債はシティ債、ソフトバンク債以来ではないでしょうか。

投資判断は中立とします。既にある程度の債券を持っており、オリックス債を持っていないならば購入してもいいのではないでしょうか。虎の子を突っ込むような社債ではありません。

購入枠の割り当ては、大和証券400億、みずほ証券75億、岡三証券55億、コスモ証券25億、東海東京証券20億、丸三証券8億、東洋証券8億、安藤証券7億、オリックス証券2億です。オリックス証券のみ、ネットで購入することができるようです。とはいえ割当はわずか2億円。ネットで買うのは望み薄ですね。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0224.gif
本日のシティ24回債の価格は99.89円、利率は2.740%となりました。2日前と比べ変動ありません。

クソったれシーサー
seesaaが10時間の予定でメンテナンスをしていたはずが、延長・不具合・再メンテで35時間に及ぶ大メンテナンスとなり、その後もつながりにくい状況が続きました。

seesaaは中小企業ですが、中小企業だからと言って許されるものではありません。顧客に大きな影響を及ぼしかねない事を行う時は、段取りと緊急事態にどう対応するかを事前に策定しておくことが重要です。seesaaはそうした視点がおろそかになっていたのではないでしょうか。

これを教訓にseesaaが一層素晴らしいサービスを提供してくれることを期待します。あとメンテ責任者は回線切って首吊って氏ね。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0222.gif
本日のシティ24回債の価格は99.89円、利率は2.740%となりました。先週末に比べ1銭の下落です。

個人向け社債専門の証券会社って作れないものでしょうか。日本の社債市場の健全化に向けて大きな一歩になると思うのですが。規制かなあ、市場かなあ。個人向け社債の発行額が少ない時期で年間3000億円としてその0.5%が引受手数料とすると年間15億円。独占しても年間15億円~60億円の売り上げでは証券会社は成り立たんなあ。

ところで今日は平成22年2月22日だそうで。投稿時間も調整して22時22分22秒にしてみました。ちょっとした遊び心です。

PageTop

役に立つかもしれないサイト集とか

個人で債券の発行情報や流通情報を調べることができるサイトをまとめて紹介します。

日本証券業協会 格付マトリクスダウンロード
社債大好きさんからも情報提供がありましたが、日々の流通利回りを各格付会社ごと、残存期間ごとに出してくれます。この社債は割高かな、割安かなという目安に使っています。

日本証券業協会 個人向け社債等の店頭気配情報
ある程度以上の規模の個人向け社債はここで毎日気配値が公表されています。本日のシティ債の価格はここで調べています。

EDINET
新発社債の情報はここで公開する義務があります。発行登録書・訂正発行登録書・発行登録追捕書類などを検索すると詳細情報が分かります。

ロイター
個人向け社債についてまともに報道してくれる通信社は大手ではここぐらいです。個人的にはB級ニュースを扱う「世界のこぼれ話」もお勧めです。

ブルームバーグ 金利/債券
国債の流通利回りが分かります。国債とのスプレッドを調べる上で一覧性が高いので好きです。10年国債に投資するなら必須でしょう。

J-CDS
日本の主要企業のCDSが一目瞭然。

ところで、既発債の最終利回りと所有期間利回りを計算するブログパーツもどきをいまいち使い方が分からないJavaScriptで作ろうと思うのですが、需要はありますか?こなれてないものになると思うのですが、需要があれば作ります。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0219.gif
本日のシティ24回債の価格は99.90円、利率は2.730%となりました。先日に比べ変動ありません。

ブログ読者の方に事務連絡です。seesaaのメンテナンスにより、平成22年2月23日(火)の午前2時から12時まで当ブログの閲覧が出来ません。あしからずご了承ください。

アメリカが公定歩合を引き上げました。いよいよ金融危機も出口が近いのかもしれません。民主党政権では内需拡大が出来ないと思われている中、アメリカの公定歩合引き上げに伴う円安は好材料です。

しかし、長期的に見ればアメリカ発の金融危機から本場アメリカは徐々に脱しつつある中、巻き添えを喰らった日本がそこから脱出できないというのは実に悲しい気持ちになります。参院選までに是非とも、まともな成長戦略が出てきてほしいものです。

PageTop

北陸電力が個人向け社債発行!

北陸電力が個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET(ロビンさん情報提供ありがとうございます)

発行要項
償還期限:4年
金利条件:0.50%
発行総額:100億円
社債額面:10万円
募集期間:平成22年2月19日~平成22年3月9日
格付け:AA+

4年物の社債について語る時

2週間物の定期と比較しなければならないのは

悲しいことですね。

新生銀行と日本振興銀行の定期が2週間0.4%。そこまで極端にならずとも三井住友銀行のキャンペーン定期が3ヶ月0.6%。同じ4年で比較しても東京スター銀行が1.1%。

投資判断は買い非推奨です。見送ってもっと利率のいい投資商品を探した方がいいです。ただ、潰れはしないので、どうしても買いたいと言う方は止めません。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0218.gif
本日のシティ24回債の価格は99.90円、利率は2.730%となりました。先日に比べ変動ありません。

リオのカーニバルで7歳の女の子がチームの代表に選ばれ、マスコミの取材を受けて緊張のあまり泣き出すという事件があったようです。児童虐待だとか児童労働の禁止だとかで話題になっているようですが、お祭りですし、節度を守っている限り、子どもが主人公でもいいと思います。

アメリカで危険な運転をする人のランキングが発表され、1位は弁護士、2位は金融業、3位は公務員だとか。一方で最下位はスポーツ選手。日本だと逆のような気がするのですが、訴訟大国だとスポーツ選手は事故に巻き込まれまいと安全運転をし、弁護士は事故に遭っても勝てると踏んで危険な運転をするのでは?と推測してみました。

PageTop

オリックスが4年物個人向け社債発行!

オリックスが個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:4年
金利条件:2.50%~3.50%(未定)
発行総額:未定
社債額面:100万円
募集期間:平成22年2月25日~平成22年3月12日
格付け:未定

またしてもオリックスの社債です。かなりの人気が予想されますが、今回は利率はいくらになるんでしょうか。最低でも3%を超えてほしいですね。

経営状態はというと、つい先日第3四半期の報告書が出ました。金融危機が終了し、収支面は落ち着きを取り戻してはいますが、キャッシュフローはというと少し残念な状況です。オリックスはここ9ヶ月、新規の借入は実施できているものの、猛烈な貸し剥がしを受けており、オリックス自身も全社一丸となって営業貸付金の貸し剥がしやリース資産の取得見送りを行っています。また、現預金の増加はあるものの、そのほとんどはオリックス信託銀行の預金増であり、グループ全体の資金繰り緩和にはつながっていません。

企業としては非常に真っ当な動きをしていますが、このままでは先細りになってしまうわけで、今後の成長戦略がまだ見えないというのが弱点です。とはいえ、金融業は景気に左右される商売でもあり現状、なかなか先行き不透明というのは避けがたいです。まあ、短期借入債務よりも現預金の残高が大きいので、いきなり倒産することはないでしょう。

総合的に見ると4年は少し長い気がします。投資判断は保留とします。条件や発行総額が決まってから判断します。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0217.gif
本日のシティ24回債の価格は99.90円、利率は2.730%となりました。先日に比べ変動ありません。

今日は特に話題がないです。首都圏は雪になるそうなので、首都圏の方は注意してくださいね。

PageTop

テンプホールディングスが転換社債(CB)発行!

テンプスタッフなどを傘下に抱えるテンプホールディングスが転換社債型新株予約権付社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET(usakoさん情報提供ありがとうございます!)

償還期限:3年
金利条件:無利息
発行総額:50億円
社債額面:100万円
発行価格:102.5円
募集期間:平成22年3月1日~平成22年3月3日
格付け:A-
特記事項:130%コールオプション付き
転換価額:2月24日~26日の間に決定

130%コール・オプション条項とは、テンプホールディングスの株価が今回の転換社債の転換価額を30%以上上回る日が20営業日(約1ヶ月)続いた場合、テンプは今回の社債を一括返済することができるという条項です。

一括返済されると、100.00円での償還になりますので発行価格との差額2.5円が損失になり、株式に転換することによる利益も得られなくなります。株価が一定以上上昇してコール・オプション条項に抵触しそうになったら速やかに転換して株に換えるのが利口なやり方です。

人材派遣業界は製造業派遣禁止が国会で真面目に議論されるなど、業種的にあまりいい業種ではありません。このテンプホールディングスは非常に財務内容が堅固です。今回の資金使途は自社株の購入ということですが、手元資金で買ってもいいぐらい流動性も高く、健全そのものです。汚く稼いで綺麗に払う商売を続けてきた会社はこういう財務になる傾向があります。信用力は十分です。

転換価額もどうやら800円ぐらいに決められそうですし、期間も短く格付けも高く、いい社債です。2.5%の手数料がなきゃ

テンプスタッフは黒字ながら減収減益傾向にあり、転換価額を上回るだけの株価上昇が出来るかどうか不透明な状況です。日経平均もどうやら当面の間ブロック相場になりそうですし、周りに合わせて自社も伸びていくということは困難でしょう。となると、含み損を抱えたまま償還ということも十分ありえます。

また、日本ハムのように安定企業で着実な成長が見込めるならばともかく、政治リスクを抱え、国民感情を刺激しやすい業界です。今は健全で黒字を計上していますがこれがある日突然消費者金融業界のようになるかもしれません。そういうリスクを考えると、買い推奨はできないですね。投資判断は中立です。健全企業なので倒産はしないと思います。テンプ株に短中期で投資するならどうぞ。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0216.gif
本日のシティ24回債の価格は99.90円、利率は2.730%となりました。先日に比べ7銭の下落です。

住友商事がTOBをかけたJCOM(ジュピターテレコム)と、誤発注事件で有名になったジェイコム(ジェイコムホールディングス)を間違え、ジェイコム株を買い込んだ輩がいたようです。ジェイコム株は一時急騰し、その後急落しました。いや~相場って面白いですね~

そんなふざけた事実はさておき、当ブログでCBを扱うことについていかがなものかと考えています。shasaiwatchはCBについて深い知識を持っているわけではありませんし、株に至ってはshasaiwatchの逆張りが一番儲かるという有様です。

まあ、そんなことを言いつつもこの記事書いたらすぐにテンプのCBに関する記事を書くんですけれども、shasaiwatchのCBに関する記事は参考にならんし他のサイトやブログの方がいい!と思われる方が多いようでしたらSB一本でやっていこうかと思っています。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0215.gif
本日のシティ24回債の価格は99.97円、利率は2.680%となりました。先週末に比べ変動ありません。

中国のパクリ製品、仕事で悩んでいる方もいらっしゃると思います。中にはこれを中国の民族性と結び付けて語る人もいますが、間違っています。2~30年前、我々は白人から猿マネ民族と呼ばれ、独創性の欠片もないと言われてきたのを忘れたのでしょうか、それとも彼らは若く、物心ついた時には既に日本が独自の技術を花開かせ、誇り高き国日本を当たり前だと思っていたのでしょうか。

日本が高度成長を達成した理由と、中国が現在高度成長を遂げている理由は全く同じです。1.為替が対ドルで安定しており、2.人件費が安く労働力が豊富、であることです。日本人が中国に行ってかつての日本を見るようだと言うのは、発展のモデルが同じであるため、その経過も似たような経過をたどるためです。

この状態は長期的には解消されます。元/ドルレートは最終的には修正され、中国人は豊かな生活を手に入れ人件費は高くなります。既に上海や深センでは人件費が高騰し、わざわざ進出するメリットがないという企業もあるとか。この時、中国は日本と同じモデルを採用するでしょう。すなわち、技術力を高め、独自性を出し、世界を席巻する中国ブランドを作るというモデルです。

かつて、日本人は猿マネ民族だと軽蔑していた白人は、日本の独自性の高い技術力の前に組み伏せられました。日本式経営がもてはやされ、ジャパン・アズ・ナンバーワンと呼ばれました。中国は20年後か30年後かにGDP総額が世界一になり、その後急速な人口の高齢化によって停滞するでしょう。その頃世界を席巻しているのは、安価で品質のいい中国製でしょう。かつて日本を最も軽蔑していた国の一つであるフランスは今や凋落し、「常任理事国に日本を加えるべき」と発言するようになりました。フランスは常任理事国の中での発言力が低下しており、日本を加えないと自分が叩きだされる危険を感じているのでしょうw

この長期的な趨勢に日本はどう立ち向かっていくか。これを考えずして日本の今後の戦略は考えられません。中国人は歴史的にパクリ民族だとか、デスブログに書かれたから法則発動だとか言ってるバカは淘汰されるべきです。産油国である北欧のモデルはまず使えません。おそらくは、ベネルクス三国・ドイツ・スイスが選んだ道のハイブリッドモデルになります。知識・技術集約的で他の追随を許さない高度な製造業と金融サービス業が国の根幹をなし、その周辺に他の産業が集まる。労働集約的な産業は中国の後を追う国、インド・インドネシア・フィリピン・ベトナムが担うでしょう。

すなわち、外交においては極東以外のアジア地域との経済協力を活発化し、場合によっては円経済圏の構築をも視野に入れてそれらの国々の為替を安定化させる。内政においては高度な金融教育と技術教育を実施し、1人当たりの生産性を高め、低い業種は名誉ある撤退を行わせるか、生産性を高めさせる。

本来はこうしたことを政策論争の第一に据えなければならないはずですが、どうやら日本の国会は次の選挙ばかり気になるようで・・・参議院は勅選にしたらどうですかねえ。おっと、天皇の国事行為は内閣の助言と承認がいるんだった。まともな人材が集まるはずがないw

PageTop

日本終了のお知らせ

言及したものが悉く悲惨な目に遭う東原亜希のデスブログで、ついに恐れていたことが起こりました。

(以下引用)
銀行で定期預金の話と
娘ッ子の口座開きに行ったんだー!

その間に時間があいてしまったから
ネイルしてたんだよ。

娘ッ子の口座やっとできた~
お年玉入れなくちゃね☆

あとわたくし
お金のことよくわからなくて
銀行のお姉様に色々教えていただきながら

こどものために
何かあったときちゃんと残したいから
毎月積み立てのやつ申し込んだ~

今年の目標、貯金。笑

(引用ここまで)


デスブログに掲載された以上銀行はもう終わりです。預金は封鎖され、我々の虎の子の預金はただの数字になります。ハイパーインフレが日本を襲い、国債はデフォルトし、取り付け騒ぎが暴動に発展し、政府は転覆され、無政府状態がやって来るでしょう。

過去のデスブログの実績から見て、これらのことは数ヶ月以内に襲ってきます。我々が出来る自衛策は、農地と金塊とカラシニコフを買い、山奥に篭もって自給自足の生活をすることです。純金を買い推奨します。気付いてからでは買えないかも!

それはさておき、当ブログの累計コメント数が1000件を超えました。この数字にはスパムなど削除したコメントを除き、shasaiwatchのコメントを含みます。記念すべき1000件目のコメントは風太郎さんのコメントでした。危機が間近に迫っているので何も出ませんが、おめでとうございます。

東原亜希伝説はこちら

PageTop

日本ハムが転換社債発行!

日本ハムが転換社債型新株予約権付社債(CB)を発行することが分かりました。
ソースはロイター

償還期限:4年
金利条件:無利息
発行総額:300億円
社債額面:100万円
発行価格:102.5円
募集期間:平成22年2月25日~平成22年3月1日
格付け:A+
転換価額:2月22日~24日の間に決定

なお、購入枠の割り当ては日興コーディアル160億、みずほ55億、野村55億、三菱UFJ15億、大和9億、岡三6億です。

ダルビッシュなどドラフトに強いと評判の日本ハムです。ってそれはプロ野球の話題w 食品会社の日本ハムです。財務内容は健全で事業内容も不況に強く、過去10年を見る限り、株価の変動はわずかです。ブランド力も強く、さらにファイターズが北海道に根を張ったことで一層事業基盤が固まってきています。デフォルトを心配する必要はないと思われます。

問題は、無利子で102.5円という発行価格。これはすなわち含み損からスタートし、かつ利息によって回収することは不可能であることを意味します。資金回収を行うには、1.株価が上がった時に転換し、株を売って利益を出す。2.上場転換社債のため、社債価格が値上がりしたところを売却する。の2つしか方法がありません。いずれにしても長期投資志向の方にはお勧めできません。短期志向の方にお勧めです

今回のCBの良い点として、コール・オプションが付いていないというところが挙げられます。株価がどんどん上昇しても一括返済されることなく無限に利益が拡大します。一方、CBなので株価が下落しても債券としての価値が顔を出し、損失は限定的。株価の変動があまりない企業なのでぼろ儲けは難しいということはおいといて、非常にいい金融商品と言えるでしょう。

投資判断は買い推奨です。最悪100万円につき2.5万円の勉強代で済む上、株価が上がれば坊主丸儲け。安定企業で倒産もなさそう。ただし、毎日CBの価格をチェックするだけの余裕のある方だけにお勧めします。長期投資派にはお勧めできません。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0212.gif
本日のシティ24回債の価格は99.97円、利率は2.680%となりました。前回更新時に比べ7銭の上昇です。

シティ債が!99.97円!暴落後最高値を更新しました!あと3銭!あと3銭!

ネガティブ格下げ情報もなんのそのです。まあ、よく考えれば残存期間は1年4ヶ月と少し。表面利率が2.66%ということを考えると3ノッチ格下げされたと仮定しても格下げ後同じBBB格になるSBI債よりもお得感があります。逆にシティ24回債にとってはポジティブ情報だったのではないでしょうか。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0209.gif
本日のシティ24回債の価格は99.90円、利率は2.730%となりました。前回更新時に比べ変動ありません。

実質利回りを計算する方法を必死に検索していてここ数日更新ができませんでしたw

shasaiwatchは既発債や売買手数料が必要な債券の利回りはエクセルで計算しています。JavaScriptとかで公開できれば役に立つんでしょうが、何年か前に買ってまだ美しいままのJavaScript例文活用辞典を引っ張り出してくるのは億劫です。

ちなみにトースターの場合、「劣後債の利率」が正確にはいくらなおか、「流動性の高い証券」が何を指すのか、それと「流動性の高い証券の正確な組み入れ比率」が不明なので、事前に正確な利回りを計算することはできないわけですが、ある程度ぶっこみで計算したところ、3年で期限前償還された場合2%前半の利回りになりました。全くの紙くずにならないということを考えても、トースターで2%前半の金利に満足できる人は少ないのではないかと思います。

ちなみに、債券の利回りについては、書くのが面倒なのでリンクで済ませます。億劫と面倒がトレードマークのshasaiwatchでしたw

PageTop

東京スター銀行が劣後債・・・組み込みの個人向け投資信託発行

東京スター銀行が劣後債を発行し、それを組み込んだ投資信託を出すことが分かりました。
ソースはQUICK MONEYLIFE

【主な商品概要】
ファンド名 スター劣後債ファンド10-03
愛称 -
商品分類 単位型/国内/債券/-/-
委託会社 フォルティス・アセットマネジメント

主な運用方針 主として株式会社東京スター銀行が発行する社債(劣後債)と日本国
債に投資する。主たる劣後債は、発行後3年以降6ヵ月毎に早期
償還される場合があり、償還された場合は本ファンドも直後の決算
日に償還される。運用開始当初、同劣後債に80%程度、日本国債
等流動性の高い商品に20%程度投資する予定。

設定日 平成22年3月19日
償還日 平成30年4月16日
クローズド期間 平成22年3月19日~平成25年5月16日①平成25年5月17日以降の1
7日を解約請求日とする途中換金、②平成25年5月16日以前の特
別な事由による余中換金(特別解約)がある。
決算日 04/16 10/16(休業日の場合は翌営業日)

当初募集期間 平成22年2月10日~平成22年3月17日
当初設定額 100億円(上限)
発行価格 1口当たり1円
申込手数料 2.1%(税抜2.0%)を上限
申込単位 100万口以上1口単位
信託報酬(総額) 信託財産の残存元本総額に対して、年0.567%(税抜年0.54%)
信託財産留保額 解約時基準価額の0.5%
受託会社 りそな銀行
販売会社 東京スター銀行

生で売らんかい!!!
怒りを抑えながら解説しますが、そもそもの劣後債はこんな感じで発行されます。
償還期限:8年(3年経過後、繰上償還の可能性あり)
金利条件:4.30%~4.80%(3月23日決定予定)
発行総額:30億円
社債額面:1億円
募集期間:平成22年3月23日
格付け:BBB

額面を100万円にすれば個人向け劣後債として十分人気が出ただろうに・・・これを投資信託にしたことで、以下のことが起こります。

1.メリット
投資単位が小さくなる
国債等を組み込むことで破綻時に戻ってくる元利金がある程度確保される

2.デメリット
買う時に2.1%の手数料を取られる
信託報酬が0.567%かかる
解約時に0.5%の信託財産留保額が必要
流動性の高い証券を組み込むことで利回りが低くなる
人気が出たら流動性の高い証券の割合が高くなり、ますます利回りが悪化

低格付けの劣後債で金利を支払う分、手数料収入をいただいて実質的な資金調達コストを下げようという悪意が丸見えの投資信託です。投資判断は買い非推奨です。もう一度言います。生で売らんかい!!!

PageTop

安愚楽牧場は詐欺か投資か

投資の世界にいると、安愚楽牧場の話題は避けて通れません。和牛商法で多くの被害者が出てきたという問題もあり、常に疑いの目を向けられる会社です。

shasaiwatchも安愚楽牧場のことはずいぶん調べました。年利3%~4.2%という投資商品はなかなかないですからね。で、調べて分かったことは、結局詐欺なのか投資なのか分からないということでした。

まず、どういう投資スキームなのかというと、投資家が募集に応じて安愚楽牧場に資金を払い込み、安愚楽牧場は資金をもとに雌牛を購入します。その雌牛に種付けをし、生まれた子牛の売却代金と母牛の売却代金で金利の支払いと元本の返済をするという仕組みです。

金融商品取引法ではなく預託法という法律に基づいて行われているファンドです。預託法は和牛商法や豊田商事などの現物まがい商法の氾濫を受けて作られた法律です。内容についてはレバレッジ・インカムというサイトで解説されており、非常に分かりやすいのでこちらをご参照ください。このサイトが平成電電を大々的に宣伝していたという大変残念な過去があることはおいといて、解説だけはまともです。なお、クーリングオフの対象であり、クーリングオフ期間経過後もいつでも10%の手数料を払えば解約できます。

ここで問題になるのは、ファンドは何に投資をしているのかということですが、ファンドは実質的には株式会社安愚楽牧場に融資をしています。預託法の趣旨と当社の実績から見て、子牛が生まれなかろうが母牛が死のうが安愚楽牧場は元利金の返済義務を負っており、事実そのように安愚楽牧場も行動しています。倒産隔離等の措置は取られておらず、安愚楽牧場の倒産によってファンドもあぼーんしてしまうことは確実でしょう。

となれば、監査証明付きの決算報告書を公開するのが当然だと思うのですが、悲しいかな公開はされていません。農業ファンドには非常に興味があるのですが、金融に疎い人が多いのでなかなかこうした分野への投資は勧められません。非常に残念です。

平成23年8月2日追記
安愚楽牧場は倒産しました。これに伴い新たに記事を作成しました。



PageTop

有限会社グリーンサービスが個人向け社債発行予定

2月4日の日経新聞に農業生産法人 有限会社グリーンサービスが個人向け社債(私募債)を起債するという記事が掲載されました。

一昨年に記事を書いたことがある会社です。

発行要項
償還期限:3年
金利条件:米10kg(社債額面20万円につき)
発行総額:不明
社債額面:20万円
募集期間:未定
格付け:なし

有限会社グリーンサービスのホームページはこちらです。いつ発売され、どのような形式で募集され、どのように資産の管理が行われ、どのように償還されるのか全く不明です。私募債と呼ばれる正式な募集手続きを踏まなくとも個人投資家に販売することが出来る社債であり、購入できる人数も法律で制限されています。もちろん通常の社債と同様、発行体が倒産すれば紙くずです。

金利が米10kgというところも突っ込みどころです。一応末端価格6000円相当の超高級米らしいのですが、それで換算しても金利は3%程度です。高金利社債に慣れ切ってしまった今のゆとり社債投資家には厳しいのではないでしょうか。

また、最大の問題はホームページを見ても財務内容が分からないことです。そもそも有限会社なので決算公告義務がないと言われればそれまでなのですが、社債を発行して市場から金集めをしようと考えているのであれば、せめて決算報告書ぐらい掲載すべきではないでしょうか?

こんな社債でもこれまでに1600万円が集まったとか。世の中には篤志家がいるんですねえ・・・。投資判断は買い非推奨です。財務内容が分からないところの社債を買うのは、危険行為です。まともな感覚では到底人に勧めることはできません。

しかしながら、グリーンサービス社のような社債の起債をshasaiwatchは歓迎します。農業は今後成長していくべき分野であり、その分野に対して個人投資家が直接金融によって投資できるというのは非常によいことです。グリーンサービス社の起債が成功すれば、個人向け社債を起債する企業がもっと増え、自分が投資したい分野により積極的に投資することができるようになるでしょう。投資判断はともかく、今後のグリーンサービス社の活躍を期待します。

ちなみに、ファンドを立ち上げると称していたぶった農産という会社のホームページはこちらです

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0205.gif
本日のシティ24回債の価格は99.90円、利率は2.730%となりました。前回更新時に比べ変動ありません。

少し更新をさぼっていた間にコメント欄が国債談義で盛り上がっていたようで、遅ればせながらshasaiwatchも参戦です。

確かに、長期保有としての国債はあまり魅力的ではありませんが、中途売却を前提として短期間持つのであれば面白いですね。一番のリスクは世の中の関心が財政問題へ向かうと長期金利が上昇し、損失が出ること。

そういう時が買い時と言えば買い時なんでしょうが、いざ社会が一つの方向に動き出すと損失を取り戻すことが出来ないという、どちらかといえば逆張りが好きな人向けの商品です。まあ、最悪満期まで待てば元本は戻ってくるので、そこを我慢できるかですね。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0202.gif
本日のシティ24回債の価格は99.90円、利率は2.740%となりました。先日に比べ1銭の下落です。

PIGS(又はPIIGS)問題が盛り上がっていますね。日本でも何気にギリシャ国債が個人向けに発行されています。アルゼンチン国債のようにならなければよいのですが・・・表面利率が5%、流通利回りは7~9%と金融危機当時の新生銀行の金融債並み、シティでいえば公的資金注入から準国有化ぐらいの時期並みに信用力が悪化しているという状態です。シティや新生銀行のように救済する機関がないだけに、警戒が必要です。

野村証券が、「早い段階で」日本国債への投資を推奨しているそうです。野村証券が「早い段階で」などと言い出す時はだいたい嵌め込もうとしているのでたぶんこれから金利は上がるでしょうw

ここ2~3年、なぜか夏に金利が上がり(債券は下落)、冬は金利が低いという現象が見られます。原因はそれぞれあるわけで、独立した現象なのですが、今年も夏は高金利なのかもしれないですね。

PageTop

本日のシティ24回債の価格

0201.gif
本日のシティ24回債の価格は99.91円、利率は2.720%となりました。先週末に比べ1銭の上昇です。

・貴乃花が日本相撲協会の理事選で当選したとのことです。おめでとうございます。で、なんで貴乃花と他の親方はもめてんだっけ?

・トヨタが大規模リコールだそうです。日本製品の最大のブランド価値である品質が損なわれるような事態になっては大変です。トヨタは鬼となって品質改善に取り組んでほしいです。

・歴史認識論争で日中共同研究の最終報告書が出ました。最終報告の割に依然として歴史認識に開きがありますが、中身はそれなりに真っ当な出来のようです。真実が明らかになってさえいれば、歴史認識に違いがあってもいいじゃないですか。これ以上は科学的な研究結果を待つべきでしょう。天安門事件以外は。

・電子書籍市場を巡ってデファクト争い。どこが勝つやら見物ですが、かつてのソフトバンクみたいに端末をタダで配ったところが勝つでしょうね。コンテンツは日経新聞だけ入ってればとりあえずいいんじゃない?

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。