個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シティグループ第24回円貨社債、期日どおり償還!

当ブログを開始するきっかけとなったシティ24回債が本日、期日通り償還されました。3年間は長かったというべきでしょうか、短かったというべきでしょうか。

サブプライムローン問題が爆発しはじめていた2008年6月、シティグループは3年2.66%という条件で巨額起債を行い、日本中に驚きを与えました。この起債は珍しくテレビにまで取り上げられ、経済学者や証券マンがコメントをしていたことを覚えています。2chでも話題は沸騰、シティ厨・反シティ厨などという言葉が生まれ、煽り合いが繰り広げられました。

それからわずか3ヶ月、リーマン・ブラザーズが倒産し世界経済は大パニックに陥りました。通常、あまり値動きのない社債にもその動きは波及し軒並み下落、特にシティはCDSやサブプライムローンによる損失が大きいと見られており信用力が急低下、信用不安を表面化させ、一時国有化の憂き目に遭いました。シティ24回債はそうした中で投げ売りが進み、利回りが一時11%を超えるなど日々の値動きに一喜一憂させられました。

しかし今日という日を迎え、無事にシティ債は償還されました。今の金利情勢を見てください。シティ厨は圧倒的大勝利を収めたのです。あの時シティは潰れてシティ債は紙屑になると断言していた連中はどこへ消えたのでしょう?シティ債ホルダーだった皆さん、皆さんは勝利者です。

シティ債と金融危機の中で大規模に発行された劣後債により、個人向け社債は投資の世界で一気に一般化しました。今や個人向け社債は一部の富裕層だけのためのものではなく、個人投資家のポートフォリオの一部として組み込むものとなりました。はっきり言って心臓に悪い社債でしたが、小口の個人投資家に新しい選択肢を与えた社債として語り継がれるべきではないかと思います。今後も証券会社には一層、個人向け社債の新たな募集を行っていただきたいと思います。

スポンサーサイト

PageTop

三菱東京UFJ銀行が個人向け社債(劣後債)発行!

三菱東京UFJ銀行が個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:10年(5年で期限前償還の可能性あり)
金利条件:0.80%~1.30%(平成23年7月8日条件決定)
発行総額:1500億円
社債額面:250万円
募集期間:平成23年7月11日~平成23年7月27日
格付け:A
その他:劣後特約付き

かなり久しぶりになるメガバンクの劣後債です。個人向け社債投資は初めてで劣後特約とかはよく分からないという人は、過去に書いた記事である「劣後債・劣後特約って何?」を読んでいただければと思います。要は、倒産した時にまず間違いなく紙くずになるけれども、その分金利が高い社債です。

今回は10年で金利の中央値が1.05%となっていますが、劣後債はほとんど期日の5年前に期限前償還されますので、5年で1.05%の社債と考えた方がいいでしょう。ちなみに、三菱UFJ証券が1000億、野村証券が250億、大和証券が250億の配分です。

実際問題として、三菱UFJ銀行の信用力は非常に高く、これが突然毀損されるような事態が起きるとはちょっと考えにくいです。考えられるとすれば国債暴落ですが、都銀の場合、国債が暴落しても満期保有目的に切り替えることで損失を避けられる調達構造を既に作っており、金利が急上昇しても日本政府がデフォルトしない限りはどうにかこうにかやっていけるという構造を持っています。そういう意味でほぼ同条件で起債してきたオリックスやソフトバンクとは全く格が違います。

投資判断は中立とします。劣後債といえどもここまで金利が下がると魅力も失われてきますし、劣後債の期限前償還についても、通常の劣後債が5年経過後は金利支払い日ごとに期限前償還が出来るのに対し、こちらは期限前償還されなければ最終期限までノンストップです。また、金利についても5年物円スワップに0.4~0.6%を加算するというもので、現在だとだいたい1.10%ぐらい。期限前償還されない劣後債は金利が大幅に上がるのが通例ですが、この社債は今の市場動向では下手すると10年後までイッテQということにもなりかねません。まあ多分5年で償還なんでしょうが、かつての劣後債祭りの時のように気合いを入れて突っ込むほどのものではないといえるでしょう。お好きな人はどうぞ。

PageTop

SBI以外のネット証券ももっと個人向け社債を出すべき

最近、コメント欄が「関電株ウォッチ!」「SBI株ウォッチ!」「サーフウォッチ!」と化している当ブログですが、当ブログの本旨はあくまで「個人向け社債ウォッチ!」です。たしかにshasaiwatchが関電株でおいしい思いをしているのは事実ですが、shasaiwatchは株に関していえばもともと曲がり屋なところがあり、安易に乗っかるのは非推奨です。

さて、最近SBI債が数分で販売終了となるなどネット販売の社債が大人気ですが、他の証券会社はなかなか追随してきません。ネット販売で販売コストを下げ、その分を金利に上乗せすることで有利な社債を作り出し、個人向けに販売することで一気に預かり資産を増やし、償還後はその資金を株式や投信に振り向けるというビジネスモデルは、決して他社が真似られないものではないはずです。

まあ一応、マネックス証券楽天証券がやっていないことはないのですが、なかなか浸透できずにいます。前者はマネックス債の発行が止まって以降なかなか個人向け社債の引き受けをしてきませんし、後者は他社の引き受けた社債を委託販売するという形式での販売です。他にはSMBC日興証券がRBS債でネット販売を試行していますが、未だネットはオマケという認識なのでしょうか、ネット販売への割り当て額が少ないようです。オリックス証券もごく短期間、オリックス債のネット販売をしていましたが、ここはマネックスに吸収されちゃった。爆発しそうでなかなかしない、大変もどかしい状況です。

個人的にはマネックス証券に頑張ってほしいです。最近はSBIにばかり資金を振り向けていますが、もともとマネックスはマネックス債という実績があり、口座数も多い証券会社です。昨今のブームを考えると、個人向け社債を販売する土壌は出来上がっていると思います。あとは発行体に営業をかけるだけです。ネットの発達により、ネット証券による個人向け社債という中間コストを徹底的に削った資金調達は発行体にとってもメリットとなるはず。ネット専業証券の先駆けであるマネックスには期待しています。

マネックス以外の証券会社も、外債や仕組み債ばかり押し込むのではなく、ネット通販による個人向け社債という選択肢にもっと目を向けてほしいです。

PageTop

RBSの個人向け社債金利決定1.26%

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・ピーエルシーが発行する個人向け社債の利率が決まりました。1.26%です。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:4年
金利条件:1.26%
発行総額:300億円
社債額面:100万円
募集期間:平成23年6月17日~平成23年6月28日
格付け:A+

最近、ろくでもないことにばかり巻き込まれ、SBI債も買えずくさくさしています。パーっとストレス解消できる方法とかないでしょうかね。梅雨の時期なのであまり外出しないでもできる方法で。

さて、RBS債ですが、今回はSBI債を買えずにあぶれた資金が相当流れ込みそうで、品薄になるかもしれません。日興の営業マンも仕組み債の話ばかりしてあまり言いたくなさそうでした。ブツとしては正直、個人向け社債バブルにつけこんだ社債であまりお勧めはできませんが、絶対値としての金利が高く、魅力的な社債に仕上がっています。

投資判断は中立です。まあ、お好きな方はどうぞ。shasaiwatchはシティ債償還まではおとなしくしときます。

PageTop

SBI債が3分で売り切れ。買えなかった人達どうするの

いやはや、ひどい祭り状態でした。まさか3分で売り切れとは。わずかな資金を集めて参戦しましたが、待機していたにも関わらずアウトでした。どっかのネットの片隅で買い煽りしてる奴でもいるのでしょうか。

いよいよ別の意味で買えない社債となってきたSBI債、そろそろどうにかしないとみんな諦めて買わなくなってしまうのではないでしょうか。同じ人ばかり買っていてはただの高い資金調達コストに過ぎません。

買えなかった人達の資金はどうなるんでしょうね。日興のRBS債か、大和のアンデス公社債か、SBI株というのも悪くないですね。大穴で、TCIとの抗争になりそうなJTなんて道も。それにしても買いたかったなあ……

PageTop

SBIホールディングスが個人向け社債発行!

SBIホールディングスが個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:1年
金利条件:1.76%
発行総額:100億円
社債額面:10万円以上1万円単位
募集期間:平成23年6月13日~平成23年6月21日
格付け:BBB

毎度おなじみのSBI債、今回は金利を下げてきました。SBIのくせに生意気な。

ここ最近、瞬間蒸発が続いており、入手が困難な社債の一つですが、今回は金利が下がったことや買付け制限(1人あたり5000万円まで)という制約のため、若干需給は緩むかもしれません。おそらく、一部の人が大量に買うようになり、当初の目的である新規口座獲得が達成しにくくなったんでしょう。あまりに入手困難な社債は逆に不人気になりますし、もともと一見の客への撒き餌だった商品です。やむを得ないでしょうし、SBIの目的であるSBI債で投資初体験→株や投信に移行して手数料おいしいですという戦略を否定するわけにもいきません。あんまりやりすぎてもう発行するのやーめたなんてSBIに言われても困るわけです。ここは自重です。

とはいえ、依然として人気の社債であることは間違いありません。SBI証券の独占販売です。あらかじめSBIに口座を開設し、買いたい金額を入金しておく必要があります。

ところで、何度か書いているSBI債のリスクについてですが、SBIが倒産してしまうとSBI債は紙屑になってしまいます。つまり、SBIが倒産しないかどうかということを調べた上で、自己責任で投資する必要があります。よく分からなければ買わないというのも一つの戦略です。

じゃあSBIの財務内容はどうなの?というところですが、ちょうど決算短信が出ているので読んでみました。結論だけ言うと、去年と大して変わってないねという感じです。収支は好転したものの、財務・キャッシュフローともそれほどイイわけでも悪いわけでもない、微妙な決算内容です。

そんな中、変わったところといえばSBI債の発行額が1100億から700億に減り、変わって短期借入金(当座貸越)がその分増えているところに注目です。昨年度は金利が安く、景気もそこそこよく、金融市場も日本国内は落ち着いていたのでSBI債を発行することよりも当座貸越で安い資金を調達した方がいいと判断したのでしょう。

しかしながら、大震災でそんなムードは吹っ飛び、日本中が再び危機モードに突入したわけで、それならばおいしい社債がどんどん降ってくるはずと待ち構えていたのですが、今回のSBI債の利下げのようになかなかいい社債が発行されない有様で、いったい日本はどうなっているんでしょう。まったく理解に苦しむ国です。

閑話休題、SBI債のリスクですが、今後1年以内にSBIが倒産する可能性は低いのではないかと思います。そもそもSBIは何らかのとてつもないリスクの上に成立している企業ではありませんし、当座貸越の枠もまだあるようです。また、手持ちの現預金が1500億円あり、何らかの嵐が起きたとしても、今回の社債の償還前に潰れるということはなさそうです。

というわけで、今回も投資判断は買い推奨とします。リスク・期間・金利の3点において依然としてSBI債は優れており、今回は突っ込んでも大丈夫という判断をshasaiwatchはしました。問題は、RBSの記事にも書いたのですが、関西電力に余剰資金を突っ込んでしまい、shasaiwatchの手元にお金がないことです。まさかあの時書いた記事が現実になるとは。どうしようかな・・・シティ債の償還までどっかから借りて買おうかな。ここはSBIソーシャルレンディングサポートで借りる側でも人柱に・・・いやいやいや落ち着け。定期預金の当座貸越で乗り切るか・・・考え中です。

PageTop

関西電力、機関投資家向けの起債断念。金利で折り合わず

関西電力は、6月に予定していた起債を中止し、見送る方針を固めました。金利面で、スプレッドを要求する投資家と低金利での起債を希望する関西電力との間で合意に至らなかったためだそうです。

これは個人向けに期待です。関西電力だけでなく、他の電力会社にも日本には機関投資家だけじゃないってことを思い出してもらいたいですね。せっかくなので、超長期のディスカウント債とか、変動利付債とか、CBとか、少し変化を付けた起債にも取り組んでほしいです。かつて都銀の劣後債が一世を風靡したように、あの時信用力が急低下した電力会社によって当時大量に起債された○○債なんて、後々まで語り継がれるような案件になってくれればと思います。

PageTop

RBSが個人向け社債発行!

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・ピーエルシーが個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:4年
金利条件:1.00%~1.50%(平成23年6月16日条件決定)
発行総額:300億円
社債額面:100万円
募集期間:平成23年6月17日~平成23年6月28日
格付け:A+

RBSの社債発行政策というのがイマイチ読めません。つい2ヶ月前、少額でしたが4年1.60%で起債しています。今回は300億円と中規模の発行で、金利が0.35%もダウン見込み。この間、個人向け3年国債の金利が0.1%下がっていますので、ある程度の下落はやむを得ないのですが、欧州危機は当時よりもひどくなっており、その分の金利が乗っかってもいいんじゃないの?と思います。

公的資金注入行で、実際のデフォルト率に比べ信用力が低いRBSは、我々個人投資家にとっておいしい案件でした。しかし、即完売を繰り返すからといって、金利をケチるようになったら、我々は別の投資対象に注力するであろうことをここでRBSと引受証券会社であるSMBC日興証券に警告します。

とまあ、偉そうなことを書きましたが、実は不肖shasaiwatch、関西電力株に1210円で買い参戦しまして、シティ債の償還までは暫時、資金を動かす予定がありません。現在の配当水準が維持されるとして4.95%、今日から償還までの間にSBI債とかが出てきたらどうしよう、と思いながらの参戦です。だってね。1210円っていったら、震災前はほぼ株価がイーブンだった東電でいえば3月15日の水準。1号機と3号機は既にぽぽぽぽ~んしていた時の株価です。高速増殖炉もんじゅの問題とかもありますが、さすがにフェアバリュー割り込んでるでしょう。そんなわけでお金がなくなったので、shasaiwatchは今回は見送りです。

投資判断は中立とします。それなりにいい社債であることは間違いないんですが、流通利回りよりも低い金利での起債は感心できません。財務政策がイマイチ分からないところもマイナスポイント。

PageTop

今月の個人向け3年国債の利率

201106.jpg
今月の個人向け3年国債の金利は0.20%となりました。先月に比べ0.04%の下落です。

3年債の金利がもとに戻ってしまいましたね。0.31%は春の夜の夢でした。と言っても、投資するほどの価値があるかどうかは別ですが。

ところで、10年変動の個人向け国債が話題です。今月募集分から10年変動は金利の計算方法が変更になり、金利が0.77%からスタートとなりました。ちなみに、これまでに発行されたものは従来のまま金利が計算されるとのこと。大量の中途解約と買い替えが発生しそうですね。

10年変動の個人向け国債の金利の計算方法は、これまで「長期金利-0.8%」でした。今後は「長期金利×0.66」になるそうです。なんで0.66なんでしょうね?これまでの0.8%は金利スワップしたらそんなもんですよと言って説明がついたのですが、0.66倍はイマイチよく分かりません。金利の急上昇を見越して作られている当初予算の国債費のところに損益分岐点が来るように作ってたりしてw

しかし、個人向け社債と違い流動性が一定保証されており、国という潰れるまでに時間のかかる発行体。多少の低金利には目をつぶっても、変動10年、ちょっと買ってみようかな・・・

PageTop

ソフトバンクの個人向け社債金利決定1.00%

ソフトバンクが発行する個人向け社債の利率が決まりました。1.00%です。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:5年
金利条件:1.00%
発行総額:1000億円
社債額面:100万円
募集期間:平成23年6月6日~平成23年6月16日
格付け:A-

相変わらずの投資不適格級なのに、格付け会社を変えるとA-の格付けが付くという不思議。まあ、ソフトバンクの場合はA-あたりが妥当なのかなという気もしますが、基本的に低い方を信じていた方がリスクは低いですよね。

しかし、いくら高金利で金集めしまくった社債の償還とはいえ、個人向けに5年1.00%で1000億円も捌き切れるのでしょうか?ちなみに各証券会社ごとの割り当て額は以下の通りです。

野村:300億、大和:240億、日興:140億、三菱:120億、みずほ:100億、SBI:50億、岡三:20億、コスモ:15億、東海東京:15億。

投資判断は買い非推奨です。ソフトバンクぐらいの企業で5年間も資金を1.00%で寝かせておく必要性は薄いです。本当に最近、いい社債が出てこないですね。何か考えないと今後シティ債を皮切りに都銀劣後債も償還ラッシュですし、どうしたものか・・・

PageTop

アンデス開発公社が個人向け社債発行!

アンデス開発公社が個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:4年
金利条件:0.80%~1.10%
発行総額:未定
社債額面:10万円
募集期間:平成23年6月14日~平成23年6月28日
格付け:AA-

南米の域内金融機関で、アルゼンチン、ベネズエラ、コロンビアなどの南米クソ国家が域内で資金を融通し合うという組織です。かなりの政治リスクを抱えた銘柄ですが、とりあえずこれまでは何事もなく生きてこれました。本社所在地がベネズエラであることから考えて、チャベスの命運に全てを託すような社債ではないかと思われます。また、アルゼンチンが再び逝ってしまわないか、コロンビアとベネズエラが戦争を始めないかどうかにも注意が必要です。

こういうものは社債の形で投資するべきではないと思います。投資判断は買い非推奨とします。販売する大和証券も、もう少しまともな案件を持ってくるべきでしょう。

PageTop

オリックスの個人向け社債金利決定1.03%

オリックスが発行する個人向け社債の利率が決まりました。1.03%です。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:5年
金利条件:1.03%
発行総額:200億円
社債額面:100万円
募集期間:平成23年6月1日~平成23年6月14日
格付け:A

内閣不信任決議案が否決され、日本の政治は再び停滞することが決まりました。本当に残念です。大量の会議をこしらえて何も決まらず、G8で調子に乗って出来もしない公約をしてくる我が国の総理大臣を見て、もう小沢に復興利権の1%を渡してもいいから辞めてくれと思っていたのですが・・・

それはさておきオリックス債です。すでに何名かの方がコメントされていますが、特に主幹事の日興が相当捌くのに相当苦労しているらしく、営業部隊を走り回らせているようです。正直、魅力はないですね。電力債の発行が再開するみたいですし、これならきっとプレミアムが乗るであろう電力債の方が魅力的です。是非とも各電力会社には個人向けに起債して欲しいものです。

投資判断は買い非推奨です。ここはしばらく待ちの姿勢でしょう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。