個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

復旧

ようやく復旧しました。バタバタしていたらもう年の瀬です。 大トラブルに巻き込まれまして、金融庁に呼び出され三菱UFJとの合併に同意するまで帰してもらえなかったパソコンのトラブルと身内が救急搬送されるという2つの事態が同時に起き、復旧までかなりの時間がかかってしまいました。結果としては一部の個人向け社債についてコメントすることができないまま年末ということになってしまい、皆様には大変ご心配をおかけしたかと思います。 とりあえず年末年始、引き続いて更新していこうと思いますので、今後もよろしくお願いいたします。

PageTop

まじしぬ

世間はクリスマスなのになんでこんなめに

PageTop

バンカメの富裕層向け社債、発行中止

バンカメの富裕層向け社債が発行中止になったようです。 ソースはEDINET どうやら話を総合するに、バンカメの格付けが引き下げられたり、それに伴って調達金利がガンガン動いたりした結果、顧客にその旨を徹底的に周知しないと販売できなくなるという状態に追い込まれたようです。幻のシティ25回債がこれで発行中止に追い込まれたのを覚えています。 ちなみに、最近個人向けで募集を開始しながら発行中止になった社債としては、野村証券を主幹事にしようとして怒られた野村総研のCB震災のため発行が事実上中止になっているANAなどがあります。 そういえば今年ももうあと2週間ですね。今年の漢字は「絆」だそうですが、皆さんどうでしょう。果たして震災で絆を感じた日本人はどれだけいるのでしょう。震災の前も後も日本人は変わっていないように思います。絆を感じていないように思います。それどころか、震災前から言っていた主張を通すために震災をダシに使う輩を数多く見ました。自民党から共産党まで日本の政党が腐りきっていることもはっきりしました。電力会社を筆頭にオリンパス事件など、日本の大企業も腐りきっていることも明らかになりました。目の前の問題から逃げることは出来ない、対峙し、退治するしかないということが分かったのに、なおも逃げようとする人々を数多く見ました。「日本化」という言葉が出来るのもしょうがないと思います。 そんな中でshasaiwatchは今年の漢字として、今年の実感と未来への期待を込めて「底」を提案します。来年こそは日本人が目を覚まし、問題解決に向けて立ち上がることを期待しています。1人1人が目の前の問題に必死で立ち向かえば、景気もよくなり、不安もなくなり、そしてその結果として好条件の個人向け社債も出てくる、そう信じています。

PageTop

最近金利が決まった社債の一覧

数が多いので記事をまとめます。 近畿日本鉄道 発行要項 償還期限:4年 金利条件:0.95% 発行総額:200億円 社債額面:100万円 募集期間:平成23年12月12日~平成23年12月22日 格付け:BBB+ 投資判断は中立です。 野村ホールディングス 発行要項 償還期限:10年(5年で期限前償還の可能性あり。また後述により期限前償還の可能性あり) 金利条件:2.24% 発行総額:1543億円 社債額面:100万円 募集期間:平成23年12月12日~平成23年12月22日 格付け:A その他:ある事象が生じると債務免除特約が発動し、紙切れになる 投資判断は買い非推奨です。 バークレイズ・バンク・ピーエルシー 発行要項 償還期限:5年 金利条件:0.70% 発行総額:1.46億円 社債額面:100万円 募集期間:平成23年12月12日~平成23年12月16日 格付け:AA- その他:毎年0.1%づつ金利がステップアップする 投資判断は買い非推奨です。 ところで、SBI債に関するアンケートですが、たくさん方に投票いただきありがとうございました。SBI債の当選確率は、投票結果によると19%でした。ということは、募集をかけて抽選終了までの間、500億以上もの資金がSBIに滞留していたわけですね。恐ろしい。日本にはまだまだ余剰資金があふれているということです。 そういえば、人気がSBI債と化しつつあるとして注目されていたSBIソーシャルレンディングですが、第1回が先日、繰上償還されました。何とか無事、1回目は償還されました。その一方、償還金をそのまま第3回のコーポラティブハウスファンドに投下しないかという勧誘が同社からあり、とりあえず逝っても痛くない金額でしたのでそのまま再投資することにしました。何という詐欺フラグwww 死ぬか生きるか、とりあえず追いかけてみます。

PageTop

トマト銀行が個人向け劣後債発行!

トマト銀行が個人向け社債を発行することが分かりました。 ソースはEDINET 発行要項 償還期限:10年(5年で期限前償還の可能性あり) 金利条件:2.40%~3.40% 発行総額:50億円 社債額面:1000万円 募集期間:平成23年12月14日~平成23年12月21日 格付け:BBB その他:劣後特約付き わずか500口の募集という超限定募集の社債です。割当はみずほインベスターズ450口、みずほ証券50口です。 トマト銀行は、岡山県にある資産総額9000億円程度の小さな第二地銀です。格付けが示すとおり、決して財務状況のよい銀行ではありませんが、地元中小企業と住宅ローンへの融資を主体としており、変な投資もほとんど行っていません。また今回の劣後債の資金使途は、前回の劣後債の借り換えであり、赤字補填資金ではありません。資金調達も、定期預金がかなりの割合であり、短期間に資金繰りが詰まる危険性もなさそうです。平々凡々な田舎の銀行です。 トマト銀行の問題点は、こうした「銀行らしい」ビジネスモデルから抜け出せていないところです。今後、少子高齢化が進み日本の経済成長率が一層低下する中では、既存のビジネスモデルではいつか、淘汰され追い詰められていくでしょう。 しかし、shasaiwatchが思うに、最終的に淘汰されるにしても、特段特徴らしい特徴のない銀行の劣後債という点を考慮すると、今後5年後ならば劣後債を償還できなくなるほどには追い詰められはしないないかなと思います。どこかの劣後債と違い、債務免除特約もついていません。 投資判断は買い推奨とします。問題点は入手が困難なことか・・・

PageTop

【調査】SBI債に申し込んだ人に質問!【アンケート】

最近、抽選で購入者を決めることが多いSBI債、不正はないのかとか、当選率はどのくらいなのかとか、そういう話題が尽きません。そこで今回、十分とは言えないまでもアンケートを取って当選率を調査してみようと思います。回答対象者の方はアンケートに応えていただけるとうれしいです。 回答対象者 2011年12月発行のSBI債の抽選に申し込んだ人 回答内容 抽選は当たりましたか?それとも外れましたか? 回答方法 投票フォームを押して回答してください。

Quickvoter™

Q.2011年12月発行のSBI債、当たりましたか?

当たったよ!
外れたよ・・・

よろしくお願いします。

PageTop

RBSが個人向け社債発行!

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・ピーエルシーが個人向け社債を発行することが分かりました。 ソースはEDINET 発行要項 償還期限:3年 金利条件:1.70% 発行総額:25億円 社債額面:10万円 募集期間:平成23年12月7日~平成23年12月21日 格付け:A 社債厨起きろオラア!!!!!!!!金融危機でも購入!奴隷!購入!奴隷!!しばれるぞッッ!!! SBI証券が販売ですが、どう見てもこれ、SBI債を外した人のためのものです。投資判断は買い非推奨とします。信用力云々よりも、一旦資金をSBI内に滞留させておいて自社の社債に申し込みを殺到させ、抽選を外した顧客に対して別の商品を売り付けるというのは、法的にはともかくとしてコンプライアンス的には問題となりうる事案であり、倫理的には完全にアウトです。投資信託の毎月分配型と同じニオイがします。

PageTop

今月の個人向け3年国債(復興債)の金利

201112.jpg 今月の個人向け3年国債の利率は0.18%となりました。先月に比べ変動ありません。 今月から、個人向け国債は「個人向け復興国債」になりました。これまでの個人向け国債との違いは、ありません。あえて違いを挙げるとすれば、財務大臣名で感謝状が届くということぐらいでしょうか。国債を買うだけで感謝状とは何という紙屑フラグwww それはさておき、財務大臣名入りの感謝状は誰の名前でもらうかが重要です。近所の薬局の入り口近くの壁には薬剤師の免状を貼りだしているんですが、その名前が「厚生大臣 小泉純一郎」なんですね。カッコイイ。これが菅直人だの小宮山洋子だのでは正直、カッコがつかない。まあもっとも、さすがに財務大臣は内閣の最重要ポストですので、将来後悔する事態にはならないだろうなとは思いますが、菅直人が財務大臣だった時代もあるわけで、誰とは言いませんが現財務大臣閣下も今後が気になるところです。購入するタイミングには十分気をつけたいですね。 shasaiwatchは買いません。復興に協力するならば来年2月の復興宝くじ(1等前後賞合わせて5億円)の方が直接財政に貢献できますし、何より楽しみがあります。そろそろリーマン危機の時の劣後債が償還されてきますので、元金は再投資して利息は5億円宝くじに突っ込もうかなと思います。

PageTop

SBIホールディングスが個人向け社債発行!

SBIホールディングスが個人向け社債を発行することが分かりました。 ソースはSBI証券 発行要項 償還期限:1年 金利条件:1.66% 発行総額:100億円 社債額面:10万円 募集期間:平成23年12月5日~平成23年12月14日(ネット・電話は6日まで) 格付け:BBB 久しぶりのSBI債です。今年の9月以来です。前回と条件は同じです。今回も抽選制ですが、今回はまたしても条件が変わっているようです。 1.コース別に差がつけられている 最優遇の対面コースだと、担当者に連絡すればいつでも、いくらでも買えます。次にダイレクトコースだと、6日まで100万円を上限に枠が確保されているようです。最後に大多数のインターネットコースは、抽選での申込になります。 2.抽選の場合、申込は1回だけ 大多数の貧乏人どもにはインターネットから抽選申込を行うのがふさわしいと上記1で宣言されてしまいましたが、その申込も1人につき1回、1000万円までと定められています。つまり、過去の募集の時のように小口で何口も申し込み、一部が当たればそれでいいやというやり方も通用しません。 いやはや・・・どこまで殿様商売なんだか。ちなみに財務内容はというと、昨年と何も変わらない財務内容で、特段変化もなく業務が行われている様子です。金融危機もどこ吹く風、ボラが上がれば手数料が儲かるとばかりに昨年並みの中間決算でした。ネット証券と投資銀行はどうもデカップリングみたいですね。ビジネスモデルが違いすぎる。 というわけで、投資判断は買い推奨です。正直申込方法に不満がないではないんですが、そもそも信用力の割に市場水準を大きく上回る利率で資金調達している企業なので、あえて文句を言うよりも籤を引いた方がいいと思います。口座を持っていない人も支店でなら即日口座開設が出来るようなので、今回ダメだったとしても次回にかけるつもりで申し込んでみましょう。

PageTop

西日本シティ銀行が個人向け社債発行!

西日本シティ銀行が個人向け社債を発行することが分かりました。 ソースはEDINET 発行要項 償還期限:10年(5年で期限前償還の可能性あり) 金利条件:1.00%~1.70%(平成23年12月5日条件決定) 発行総額:100億円 社債額面:100万円 募集期間:平成23年12月6日~平成23年12月7日 格付け:A- その他:劣後特約付き 北九州戦争真っただ中の銀行が劣後債発行です。富裕層の資金集め+不良債権処理費用の捻出が目的と思われる起債で、まだまだ戦う気マンマンだということが分かります。北九州戦争とは、福岡銀行と西日本シティ銀行が熾烈なシェア争いをしていた北九州エリアに、山口銀行が新たに北九州銀行を設立し、一層シェア争いに拍車がかかっているという状況のことを指します。「北九州 山口」というキーワードで山口組vs工藤組の戦いなどが思い出されますが、暴力団排除条例のうるさい昨今、そんなことをうっかりブログに書いてしまうとカチコミされてしまいます。 冗談はさておき、西日本シティ銀行ですが、通常であれば飛びつく社債なんですが、昨今の金融危機を踏まえると正直、さほど欲しい社債でもないなあ・・・というのが本音です。ちなみに東海東京証券が独占販売するようで、これは西日本シティ銀行傘下の証券会社が東海東京証券の連結子会社だからではないかと思います。 投資判断は中立です。北九州戦争で西日本シティ派な人はどうぞ。

PageTop

JICAが個人向け社債発行!(2本建て)

国際協力機構が個人向け社債を発行することが分かりました。 ソースは国際協力機構 発行要項(4年債) 償還期限:4年 金利条件:0.38% 発行総額:100億円 社債額面:10万円 募集期間:平成23年12月5日~平成23年12月16日 格付け:AA- 発行要項(10年債) 償還期限:10年 金利条件:1.14% 発行総額:100億円 社債額面:10万円 募集期間:平成23年12月5日~平成23年12月16日 格付け:AA- 出ると言われてなかなか出てこなかった財投機関債です。財投機関とは、国の信用をバックに有利な資金調達を行い事業を行う公営企業で、かつては郵貯の出口と言われていました。国際協力機構はその財投機関の一つで、青年海外協力隊などの事業を行っています。これまでは財投機関という信用力を生かして機関投資家向けにのみ、社債を発行してきました。 今回、個人向け社債を発行する最大の理由は、「個人向け国債が売れないから」です。個人向け国債が売れないことに困った財務省は、知恵を絞った結果国債よりも高い金利がついている財投機関債の方を個人向けに売るという方法を考え、実行したのです。その第1弾が、今回のJICA債です。shasaiwatchは個人向け国債が売れないのなら仕組み債にして情弱釣ればいいのにという意見を持っていますが、それは別の機会に語るとして、今回のJICAです。今回の社債は、社債としての評価ではなく個人向け国債としての評価をするのが妥当です。そういう意味で、投資判断は買い推奨です。次回から個人向け国債は復興債になりますが、まず先にこちらがなくなってから国債の申込をすればいいのではないでしょうか。感謝状はもらえないけどw

PageTop