個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

ビットコインはゴールドや紙幣に比べ劣るのではないか

最近、あちこちで話題です。ビットコイン。日本人が開発したのではないかとの話題もあり、ネトウヨshasaiwatchの愛国心がくすぐられるのですが、ビットコインはよくよく考えると、ゴールドなどの現物資産や既存の通貨に比べ劣るのではないかという気がしています。

これまでshasaiwatchが理解したビットコインの仕組みは以下の通りです。
・ビットコインは、仮想通貨であり、みんなが通貨と思っているから通貨として通用する。
・ビットコインの入手方法は、誰かから譲渡を受けるか、発掘作業に従事する。
・発掘作業とは、ビットコインの数学クイズをコンピュータを使って解くこと。
・この数学クイズは、ビットコインの流通の正確さを担保するために必要なもの。
・つまり、誰かが「このビットコインの流通は正しい」と証明したことがビットコインの価値を担保している。
・数学クイズに参加すると、その対価として新しいビットコインが生成され、クイズを解いた人にプレゼントされる。
・ビットコインの取引履歴は公開される。公開されなければ正確さは担保できないため。

突っ込んで考えると、貨幣ってなんぞという話になるのですが、貨幣は「価値の尺度」「価値の保蔵」「交換の媒介」を満たしていれば成立するわけで、紙幣であれ、電子通貨であれ、木であれ石であれ、武器や奴隷といったものも過去には貨幣として使われたこともあります。その意味ではビットコインは通貨の定義は満たしています。あとは「それをみんなが信用するか」というところにあるわけです。ジンバブエ・ドルは通貨の要件は満たしていますが、ムガベでさえジンバブエ・ドルは信用していないでしょう。

まあ、一種のイノベーションであることは確実です。ただ、「信用」という意味では疑問が残ります。ゴールドであればきらきらぴかぴかしていて価値があるということは分かりますし、紙幣であれば、その国の政府がデフォルトしない限り、間違いなく価値があります。ポイントだって発行企業の支払能力がある限り使えますし、約束手形は発行企業と裏書人の出す紙幣みたいなもんです。

しかし、ビットコインはどうなんでしょう?ビットコインの取引を検証した人は、その取引に不備があった場合、補償してくれるのでしょうか?たぶん補償はされないでしょう。また、悪意を持った巨大な存在が「京」クラスのスパコンを投入し、ビットコインの取引を改竄したりすることも理論上は可能なようです。その時、ビットコインの信頼はどうなるのでしょう?

思うに、貨幣の信用というのは、みんなが既知のものの上に成立してきたものです。そこには歴史による淘汰が働いています。金塊の価値や、貝がらの価値や、青銅の武器の価値や、奴隷の価値や、政府の価値や、ポイントを付与したり手形を発行する企業の価値は既知のものであり、顔も知らぬ誰かの証明は未知のものです。その意味でビットコインは現物資産や既存の通貨・ポイントに比べ、本質的な価値の面において劣ると言わざるを得ないと思います。

shasaiwatchはビットコインについて不勉強なところがあるかもしれません。反論のある方は是非とも教えを乞いたいのでコメントください。

PageTop

社債投資初心者向け:「仕組み債」に気をつけよう!

今回の記事は社債投資が初めての方、初心者の方向けの記事です。自称上級者の方は読み飛ばしていただいてもOKです。

証券会社に口座開設すると、メールや電話で円建てなのにやけに高金利の社債を案内されることがあります。真っ当な証券会社からの案内であれば、それは通常、「仕組み債」と呼ばれる社債の案内です。

仕組み債とは、デリバティブを組み込んで高金利に仕立て上げた社債のことです。よくあるのが、高い信用力を持つ企業の社債で、日経平均や為替相場が一定のラインを上回ったり下回ったりすると損失が発生するというものです。

この、日経平均や為替相場が一定のラインをというのが曲者で、日経平均が30%以上下落するなどの、通常我々が想定しない範囲の相場を指定してきます。しかし、これが罠

社債の期間は数年であることが通常、その間に日経平均が大きく動くリスクというのは結構大きいのです。実際、リーマン・ショックで日経平均はピークの約半分になりましたし、アベノミクスではピーク時点で底の約2倍になりました。日経平均というのは、決して安定性の高い指標ではないのです。

こういう仕組み債が売られる背景には、機関投資家のリスクヘッジに個人投資家が使われるという裏事情があります。機関投資家が例えば日経平均を100億円買ったとすると、その裏で日経平均が大幅に下落した時に損失を被る社債を売っておけば、損失は限定されるという仕組みです。

為替がらみの仕組み債はこのあたりが非常に露骨で、円建てで資金を振り込ませておき、調達した円でブラジル・レアルや南アフリカ・ランドなどの高リスク通貨を買い、損失が出た時にはその損失の出たブラジル・レアルや南アフリカ・ランドをそのまま償還に充てるなどの行為もしばしば見られます。

EB債なんてのもこの類。株式に投資しておいて、売る時に損失が出たら含み損を含めてその株式を押し付ける。ちなみに、利益が出た時にその分け前をくれるなんていう「良心的な」社債もありますが、分け前をもらえると確信するならばその社債に手を出さず、直接株を買ったほうがなんぼかマシです。

仕組み債に手を出す時は、その裏にある高リスクのデリバティブに手を出すのだということを認識したいものです。社債という名前が付くとなんだかリスクが低そうに見えますが、名前に騙されるのは愚の骨頂です。

金融商品を買う時には、それが何であるのか、どのような時にどうなるのかをよく理解してから購入しましょう。損失はどこまでも自己責任です。

PageTop

東海東京フィナンシャル・ホールディングスが個人向け社債発行!

東海東京フィナンシャル・ホールディングスが個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:1年
金利条件:0.50%
発行総額:35億円
社債額面:100万円
募集期間:平成26年2月17日~平成26年3月6日
格付け:BBB

いい社債も出ないしリアルもしんどいし、徐々に更新頻度が下がってきています。社債ブログなので新発社債が滞ると死んじゃうブログなので、もっと多くの起債が欲しいところですね。

今回の投資判断は中立です。1年債ではSBI債があるというのに、わざわざ低金利の社債を買う必要性は感じられず、一方で金利面から見ると決して捨て置くことも出来ず、これぞ鶏肋という社債です。

当面待機ですかね。なお、社債はいきなり発売されることが多いため、あらかじめ口座を持っておかないと発売されてから口座開設では間に合わないことが多いです。口座はあらかじめ開いておきましょう。

PageTop

shasaiwatch、またしても新世界の(逆)神になる

はいはいリソー教育リソー教育。私がアホでした。

なお、このブログは株に関して以前からデスノートなところがあります。shasaiwatchはもともと株が下手くそで痛い目を見た結果、社債に流れてきたという経緯もありますので、どうか株の話は大目に見てやってください。

PageTop

いい社債も出ないから待機資金の運用でも考えようか

世の中はインフレ基調ですが、金利は上がらないですね。金融抑圧ってやつなんですかね。世界の覇権がG0に移りつつある中、為替市場だけは依然、ドル、ユーロ、円の3強構造であり、人民元やビットコインなどの他の支払手段がこの覇権に挑戦する日は遠そうです。ハードカレンシーが金融抑圧を実施できる環境は整いつつあり、日米は特に政府が通貨を統制できる環境下にあるため、政府が金融抑圧を実施する可能性は十分にあるでしょう。

問題は、政府が金融抑圧を意識して行っているということは絶対に公開されないということです。金融抑圧はそれが知れ渡った瞬間、通貨の暴落とハイパーインフレを招くため、我々のあずかり知らぬところで全てが進められ、気が付いた時には全てが終わっているということです。

また、政府は秘密を持つものですし、成功すれば見かけ上、誰のフトコロも痛まないため、特に民主主義体制では金融抑圧の可能性は高まるといえるでしょう。

話が重くなりましたが、そんなわけでなかなかいい社債が出てこない中、皆さん投資準備預金の運用どーしてますかっていう話です。SBJの「なのかちゃん」(1週間定期)とか、新生銀行の「2週間定期」とかが短期の運用手段として挙げられますが、皆さんどう対応されてますでしょうか。

shasaiwatchは現在、待機資金をイオン銀行のイオンカードセレクト普通預金で運用しています。金利0.1%優遇で、この記事を書いている時点で0.12%。悪くない。もともとイオンをよく利用するので、お客様感謝デーで買い物が5%割引されることや、普通預金なので解約などの手続きも不要。当面の生活費+余裕資金を一体で管理することで、手間もかかりません。

稼いだお金を預けるのもイオン、使うのもイオンと何だか完全にイオンの奴隷ですが、shasaiwatchはイオン信者です(断言)。イオンが消費者にもたらすメリットは、他の事業者がもたらすメリットよりも大きいと考えています。

皆さんは待機資金をどのように運用していますか?よりよい運用手段があれば教えてください。


PageTop

クレディ・アグリコルが個人向け社債発行!

クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンクが個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:4年
金利条件:0.30%
発行総額:126.6億円
社債額面:100万円
募集期間:平成26年2月12日~平成26年3月5日
格付け:A

いらん。投資判断は買い非推奨です。

ところで、都知事選終わりましたね。本当に何も無くてつまらなかったです。せめて細川+宇都宮で舛添超えるとか、タモちゃん夢のミリオン達成とか、家入供託金没収回避成功とか、そういうネタが欲しかったです。冬季五輪も始まったし、当面社債には夢が無いのでしょうか。

あと、コメント欄で少し話題をいただきましたが、任天堂、依然ホールドしています。目標株価は10万円です。さっさとスマホに参入しろ馬鹿ーーーーーーーーーー!!!!!!!

PageTop