個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ネットのトラブル

ここ数日、自宅のネット回線がどうもおかしく、あちこちいじくっているのですがどうもまともに繋がらない。しょうがなくケータイから更新作業。やりづらい。

というわけで更新はお休みです。いざいざテザリングでという方法もなくはないのですが、通信量を結構食うので月末はやりたくないです。

明日にでもプロバイダに電話してみます。1日潰してダメだった。

スポンサーサイト

PageTop

関西電力の株主総会の議案を反原発派がアジビラにするのが恒例になっている件

今年も株主総会の季節ですね。阪急阪神HDの総会では株主と経営陣が熱い阪神談義をするのが毎年恒例になっているようですが、阪急に買収されてもまだやってるってのがいいですね。阪急も村上ファンドから助けてやったはいいものの、軒を貸して母屋を取られる思いではないでしょうか。

さて、無配に落ちて幾星霜、マイ目標株価2,000円に戻るのはいつの日か、それ以前に4桁に戻る日は来るのか、我らが関西電力の株主総会案内が送られてきました。今頃?と思われる方、そうです。面倒なので今まで放置してました。この記事を書いたら議決権行使書持ってポストへダッシュです。

原発事故以来、関西電力の株主総会は泡沫株主が大量の脱原発株主提案を持ち込み、速攻で否決されるという一種の伝統芸能というか梅雨の風物詩というか、そろそろ季語になるんじゃないのというような案内が送られてくるのですが、前にも書いたのですが彼らが本気で、かつ自分達に大衆の支持があると確信するならば、さっさと電力会社を買収すべきです

100万人が16万円づつ出せば北海道電力の時価総額相当の資金を出すことが出来ますし、多少のプレミアムを乗せても発行済み株式の66.7%(他の株主が拒否権を行使できなくなる水準)を握ることは可能です。日本の有権者のたった1%に16万円出させるだけです。脱原発に乗り気な大金持ち(孫正義とか)にオネダリして大口資金を出してもらうなどすれば、さらに必要な金額は下がります。なぜやらないんでしょうね?shasaiwatchは原発推進派ですけど、関電株、1210円以上出してもらえれば売りますよ?てか買って(真剣)!

まあそんなわけで、いい社債も出ないのでついつい株に目が向いてしまう今日この頃でした。

PageTop

楽天が個人向け社債発行!

楽天が個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:3年
金利条件:0.38%
発行総額:200億円
社債額面:100万円
募集期間:平成26年6月16日~平成26年6月27日
格付け:A-
その他:抽選で楽天イーグルスグッズが当たる

ニコニコ動画のアカウントに不正アクセスを喰らいました。
他のサービスでぶっこ抜かれたメアドとパスワードの組み合わせを使ってあちこちのサイトを無差別に攻撃するという不正アクセスの手段を使われたようで、現在のところ被害はないのですが、何が腹立つって、ニコニコ動画で使ってるメアドとパスワードの組み合わせを一致させてるサービスってshasaiwatchの場合結構限られてるんですが、そのどこからも「不正アクセスされました」って通知が来ないところです。気付いてすらいねえのか。結局メアドとパスワードの組み合わせをいちいち変更せねばならず、大変不愉快な思いをしている次第です。V社、お前のことやで

さて、楽天が起債してきました。個人向け社債は初とのことで、大変お慶び申し上げます。EDINETを見る限り、大和証券が引き受け先のようですが、楽天証券でも18日から購入することが出来ます。いいですね。ネットで個人向け社債。ようやく楽天証券もSBI証券に対抗する意識を持ってくれました。今後、ネットで個人向け社債というのは一種のイノベーションとして定着していくことでしょう。三木谷氏におかれましては新経連を通じ会員企業が個人向け社債で資金調達をするという流れを広めていただきたいと思います。

残念ながら金利条件は決していいとは言えませんが、最近の金利情勢を見るに、中期債で0.4%内外というのは我々個人投資家も受け入れていかなければならない金利水準なのかもしれません。投資判断は中立とします。単体、連結とも財務内容はそれなり(ただし、子会社は結構累積欠損がありそう)で収益力もあり、資金調達力に懸念のある企業ではありません。それゆえ金利水準が低いというのが今回の社債の欠点でもあるわけですが、初物であり、分散効果が働くというのは大きな利点です。

既にある程度投資資産が積みあがっており、分散を効かせたいという人にとっては買いだと思いますが、そうでなければ見送りでもいいと思います。なお、楽天証券から申し込むと0.1%にポイントバックがあるほか、抽選で楽天グッズも当たるとか。


PageTop

東北電力が個人向け社債発行!

東北電力が個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:5年
金利条件:0.40%
発行総額:100億円
社債額面:10万円
募集期間:平成26年6月9日~平成26年6月24日
格付け:A
その他:一般担保付き

最近、東京電力がストロンチウムをス卜口ンチウム(トが卜、ロが口になっている)と書いて検索回避したとか言うのが話題になっていますが、普通にOCRの読み取りミスだと思います。検索にかけられたくなければこんな面倒なことをせずともnoindexやnofollowにすれば良い訳で、ついでにいうと本当にヤバい資料はネット上にアップロードなんかしません。

さて、東北電力債です。0.4%の社債は最近非常に多いわけですが、その中では健全性は高い方で、投資判断は中立とします。金利的にはおいしくないですが、一般担保付でいざ経営破綻という時に優先的に守られる社債です。他の債権と比べて相対的にマシという意味で、待機組でそろそろ限界という人向けかなと。

PageTop

ゴールドマン・サックスが個人向け社債発行!

ゴールドマン・サックス・インターナショナルが個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:5年
金利条件:0.30%~0.50%
発行総額:200億円
社債額面:100万円
募集期間:平成26年6月18日~平成26年6月26日
格付け:A

ゴールドマンも渋いね。ソフトバンク債に全力しちゃったからお金ないよ。

投資判断は買い非推奨です。世界最強ユダヤ資本といえども資金調達の条件は渋いのは困ります。昨今の個人向け社債市場の動向を見るに、通常の社債は当面見送りでいいかもしれません。金融危機が来たらスプレッドも広がるでしょうし、その時に全力すべく今は現金を積み増す時なんでしょう。

PageTop

東海東京FHが個人向け社債発行!

東海東京フィナンシャル・ホールディングスが個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:1年
金利条件:0.42%
発行総額:50億円
社債額面:100万円以上10万円単位
募集期間:平成26年6月2日~平成26年6月25日
格付け:BBB+

東海東京債も出ています。1年0.5%という金利水準で定番商品化するのかなと思っていたらここ2回ほど金利が切り下がってきました。デフォルトするとは思いませんが、あえて買いに行く気も起きませんね。メジャーな証券会社じゃないし、中部圏の人なら。投資判断は中立とします。あんまりいい気はしないけど、他にいい社債もないし中部圏の待機組の人は一部買うのもありかな程度。

PageTop

オリックスが個人向け社債発行!

オリックスが個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:7年
金利条件:0.552%
発行総額:300億円
社債額面:100万円
募集期間:平成26年6月2日~平成26年6月13日
格付け:A+

オリックス債の存在は完全に思考の外にあったのですが、某証券会社の担当君が泣きそうな声で電話してきたので思い出しました。1年債でも迷うほどの金利水準なのに7年債です。7年前といえば2007年。リーマン・ショックはまだ予兆の段階であり、バブルがそろそろはじけだした頃です。7年後というと東京オリンピックも既に終わっています。政治家達はおそらくオリンピック後の不況をどうするかなんて話をしているのではないでしょうか。

投資判断は買い非推奨です。0.552%で胃痛は割に合わない。

PageTop

プロ野球16球団を少し真面目に考えてみた

更新サボりがちというか、所用で北海道に行ったらクソ暑い時期にあたってしまい、さらに帰ってきたらすぐ梅雨入りでやる気が失われていたところです。部屋をエアコンで除湿しつつ、今日は少し趣向を変えて最近話題のプロ野球16球団化について考えてみたいと思います。

まず最初に申し上げておきますと、shasaiwatchは16球団化はうまくいかないと考えています。その理由は市場規模です。日本の16球団化でしばしば言われるのはMLBの球団数増なのですが、アメリカはその人口増に応じて球団数が増えてきており、日本とは状況が異なります。

現在MLBには30球団、NPBには12球団がありますが、どちらも人口で見ると平均すると1000万人につき1球団という感じです。プロ野球チームが成立するためには球団1つごとに人口が1000万人程度必要だと言えるでしょう。

なお、韓国は現在9球団(今後さらに1チーム追加予定)、台湾は4球団です。これらの地域はいずれも球団が過剰と言えます。野球熱が高く、野球への支払い意思が高い国なら人口が少なくてもやっていけるのでしょうが、人口や野球への支払い意思に比べて球団数が過剰だと、結果的に選手の年俸を抑制せざるを得ず、その地域は野球的に裕福な地域の草刈り場となってしまうでしょう。韓国は現在、日本やアメリカの草刈り場になっており、日本はアメリカの草刈り場です。ちなみに、中国は現在7球団しかなく、今後の経済発展を考えるとまだまだ球団増加の余地はあるといえるでしょう。

話がごちゃごちゃとしてきましたが、現在、日本はただでさえアメリカの草刈り場となっていて歴史に残るレベルの名選手は残らずメジャーに持っていかれるのが現状です。こうした中で球団数を増やせば結局市場を食い合って人件費が下がり、ますます名選手はメジャーに行くことになるでしょう。野球界はメジャーの球団数を真似るのではなく経営を真似て国内市場規模の拡大に注力し、選手に払う年俸をメジャー並みにもっていくことが先決です。ゆえにshasaiwatchは16球団化には反対の立場です。

しかし、それでも16球団になってしまった場合どうするべきでしょうか。間違っても沖縄県に作ってはいけません。沖縄は人口が140万人しかなく、上に挙げた1000万人には程遠い市場規模しかありません。また、戦力と市場規模はなるべく均衡させるべきです。となると、各都道府県のフランチャイズをうまく16球団に割り付けて戦力を均衡させ、メジャーに及ばないまでもメジャーに匹敵するだけの市場の掘り起こしを行うしかありません。

そこでshasaiwatchは、16球団になった場合のフランチャイズ割りを提案してみたいと思います。地域はなるべく固め、人口の不均衡がなるべく生じず、既存球団が可能な限り動かない形で考えてみました。なお、人口はwikipediaがソースです。

第1地域(日本ハムファイターズ)
北海道・青森県・岩手県(821万人)

第2地域(新球団)
山形県・秋田県・新潟県・石川県・富山県・福井県(770万人)

第3地域(楽天ゴールデンイーグルス)
宮城県・福島県・群馬県・栃木県(830万人)

第4地域(西武ライオンズ)
埼玉県(719万人)

第5地域(ロッテマリーンズ)
千葉県・茨城県(919万人)

第6地域・第7地域(読売ジャイアンツ・ヤクルトスワローズ)
東京都(1316万人)

第8地域(横浜ベイスターズ)
神奈川県(905万人)

第9地域(新球団)
長野県・山梨県・静岡県・岐阜県(886万人)

第10地域(中日ドラゴンズ)
愛知県(741万人)

第11地域(新球団)
三重県・京都府・奈良県・滋賀県・和歌山県(830万人)

第12地域(阪神タイガース)
大阪府(887万人)

第13地域(オリックスバファローズ)
兵庫県・岡山県(753万人)

第14地域(広島カープ)
広島県・島根県・鳥取県・徳島県・高知県・香川県・愛媛県(814万人)

第15地域(ソフトバンクホークス)
山口県・福岡県・大分県(772万人)

第16地域(新球団)
熊本県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県(833万人)

いかがなもんでしょう。これならば新球団の本拠地も新潟・静岡・京都・那覇に置けなくはないです。人口割りでは巨人とヤクルトが不利ですが、そこは東京という地の利を生かして頑張ってもらいましょう。そして圧倒的地域人口を背景に常勝球団ロッテが完成すると(白目)。阪神とオリックスは入れ替えてもいいかもしれませんね。

それでは除湿も効いてきたところで通常モードに戻ります。今後も妖怪ウォッチに負けないよう頑張っていこうと思います。

PageTop

来年から個人向け物価連動国債解禁!デフレにも強い物価連動国債の仕組みを今のうちに理解しておこう

さて、既に皆さんご存知かもしれませんが、来年1月から物価連動国債が個人向けに発行されるようになります。これまで物価連動国債は機関投資家に限り保有が認められていたのですが、昨今のインフレ傾向を受けてのことでしょうか、個人にも解禁されることとなりました。

そこで、今のうちに物価連動国債の仕組みを徹底的に理解し、発行された時に戸惑うことのないようにしましょう。物価連動国債はインフレに強いのみならず、デフレにも強い商品だということも押さえておくべきポイントです。

物価連動国債を買ってから償還されるまで
物価連動国債は、想定元本が「全国消費者物価指数(生鮮食品を除く総合指数)」に連動する国債です。CPIに元本が連動する国債と覚えておきましょう。

物価連動国債を買うときは、額面相当の資金を払い込みます。すると、第1回の利払い日(半年後)に利息が支払われます。利息の額は、「発行時の額面×CPI変動率×表面利率÷2」です。2で割るのは半年分の利息だからですね。つまり、発行時に比べてCPIが上昇していた(インフレになっていた)場合は利息が表面利率より多くもらえ、CPIが下落していた(デフレになっていた)場合は利息が表面利率より少なくなるのです

こうして、利払い日ごとにCPIによって利息の額が変わっていき、償還期限が来ます。ここからが物価連動国債の面白いところで、物価連動国債は「発行時と比べ償還時のCPIが上昇していた時は、発行時の額面×CPI変動率で償還され、下落していた時は、発行時の額面で償還される」という商品設計になっています。つまり、償還時に購入時よりもデフレになっていたとしても、元本に損失は生じないという仕組みなんですね。

実に面白い商品設計です。物価連動国債は現在、10年物が機関投資家向けに発行されているそうで、個人向けの期間や金利の設定が気になりますね。ひょっとすると10年変動国債を駆逐してしまうかもしれません。インフレ率が高いと債券投資ではどうしても元本が目減りしてしまいますからね。

shasaiwatchは個人的には今後日本は増税による財政再建を進めるとともに、インフレ率よりも金利を人為的に低くする金融抑圧が取られる可能性が高いと踏んでいます。そうなれば、元本がインフレ率に連動するこの商品は、日本政府が破綻する可能性を下げつつ自分は損をしないで済む最高の金融商品になります。資産の分散は当然するとして、一部は物価連動国債で運用することも考えてみたいと思っています。発売開始が楽しみです。


PageTop

ちきりんの逆特区が面白そうな件

ちきりんの日記の、時給1500円特区の記事を見て思ったこと

最近、人手不足って深刻らしいですね。特に外食産業。すき家はワタミに続く極左過激派のイジメ対象となってしまいました。最近の左翼勢力はこうしてカタルシスを感じるしかやりようがないんですかね。資本主義を表立ってクソと言えないものだから、新自由主義と言い換えて自分がケインジアンの一派であるかのように振舞ったり。

安倍内閣が新自由主義だという左翼の人って非常に多いんですが、現内閣の行動や発言は国家社会主義ないしコミュニタリアニズムと言うべきで、リバタリアンな人々が多い当ブログの住民からすれば「あれが新自由主義?」てなもんです。ただ、ナチス・ドイツや戦後しばらくのソ連、世界恐慌時代の米国あたりはこうしたやり方で経済を立て直しており、我々としては苦々しくもその成果には黙らざるを得ないというのが妥当な認識だと思います。

ただ、この手のやり方は長期に渡ると必ず失敗しますので、どこかのタイミングで経済の内科的治療に移らないといけません。それが安倍内閣の場合は第三の矢というやつなのですが、どうですかね。彼に出来ますかね。

話が変な方向に飛びましたが、時給1500円特区の話です。ちきりん女史は時給1500円特区を作ってやってみたらいい、それをやった地域は衰退すると主張していますが、果たしてどうでしょうか。日本の最低賃金は、青森のような田舎ではまだまだ意義あるものとして存在していますが、東京都内では市場価格による賃金の再頻値は最低賃金水準よりもかなり高い水準にあり、事実上、無意味な数字になっています。こうした状況下で、例えば中野区で最低賃金を1500円に上げたとしても、大きな影響はひょっとしたらないかもしれません。

また、最低賃金というのは最低限度の生活を守るために必要とされるものであり、特に中野区などの地域では最低限度の生活に必要となる費用も高くなることが予想されます。現在の東京都の最低賃金は時給869円ですが、果たしてこの水準で、東京都内で最低限度の生活をすることが出来るでしょうか?税・社保を引いたら結構しんどいんじゃないですかね。

shasaiwatchは、青森県の最低賃金を上げることは困難だと考えていますが、東京都内での最低賃金については、物価や消費税が上がる中、一定引き上げの必要があると考えています。最低賃金で募集されている仕事というのは畢竟、誰にでも出来て即座に換えが利く仕事ということであり、その賃金が最低限度の生活をするのに困難というのであれば、その仕事は本来は誰もやらない仕事であり、ただちに域外へ叩き出すべき仕事と言えるのではないでしょうか。きっと一部は青森県に流れ、ひょっとすると青森県の最低賃金を引き上げるほど雇用を生むかもしれません。ただ、左翼連中の言うように「時給1500円でも結婚は無理!」とは思いません。年収288万では嫁は養えないということらしいが、妻が専業主婦でパートもしないということを前提にしており、あまりにも性差別がひどい発言です。

実際問題として時給1500円特区というのは面白い実験だと思います。wikipediaのソースで申し訳ないですが、過去、企業の自助努力で吸収できないほどの最低賃金の引き上げをやらかしたアホな政治家というのは今までいないそうで、こうした実証実験の不在が最低賃金を取り扱う経済学の分野で大きな議論になってきたところです。世田谷のお花畑左翼である保坂区長あたりに是非とも実践していただきたいところです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。