個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

ソフトバンクが個人向け社債発行!

ソフトバンクが個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはSBI証券

発行要項
償還期限:7年
金利条件:1.75%~2.35%
発行総額:4000億円
社債額面:100万円
募集期間:平成29年3月3日~平成28年3月15日
格付け:A-

ソフバン債登場です。かなりの大規模起債で当ブログとしても注目はしていますが、shasaiwatchは現在精神を病んでおり、回復期間中のため財務内容を読み込んで答えをだすだけのパワーがまだありません。

というわけで投資判断はしません。皆さん自己責任でレッツゴー!

ちなみに、パッと思いつくことを箇条書きにします。
・国内携帯電話市場3強の一角であり、営業キャッシュフローはバンバン入ってくる
・とはいえ、設備産業で投資をガンガンやらないといけない業種
・ソフトバンクの場合、それに加えて孫正義がガンガン買収をするので財務が良くない
・アリババ株の含み益があれば結構盤石だけど、その後どうなったっけ?
(売ったのは知ってるけど、財務を見る気力がない)
・スプリントは買って売るわけだけどその辺で財務どうなん?
(気力が(ry)
・7年て下手すりゃハゲ死ぬぞ?死んだらソフバン終わりじゃね?後継者は?
・7年2%って結構悩みどころ。長期待機組は突っ込んでいくべきだが、全財産つぎ込んで五輪後は?
・景気動向は現在、バブル後期みたいな状態。そろそろ不況来るか。その時金利は?

というわけで、後は自分で調べてください。私もそろそろ投資再開を考えます。




PageTop

まーたレセプト債破綻ですか

当ブログがMRIインターナショナルと戦ってもう何年になるでしょうか。

レセプト債破綻のニュースが飛び込んできました。レセプト債とは、診療報酬を裏付け債権として発行された債券のことで、一種の証券化商品です。

かつて、MRIインターナショナルというレセプト債と称する商品を売る会社が詐欺会社が当ブログを訴え、当ブログは敗北したものの、その後詐欺が判明し大逆転勝利となったことがあります。

証券化商品は極めて取り扱いに注意が必要なもので、よく分からない素人が手を出していいものではありません。それを過去の事例があるのに騙されたってことは、多分同じ人がやられてるんだろうなあと予想されます。

一旦詐欺に遭うと、その後名簿が出回りターゲットにされ続けます。金融の世界には簡単に儲かる話はないと、我々は常に心に刻む必要があると言えるでしょう。

ちなみに、診療報酬債権の売買は日本国内では銀行系などのファクタリング会社が扱っており、まず市中には出回りませんし、外国の診療報酬となると、その国の医療制度に精通していないと(特にアメリカは複雑)、回収の見込みすら立てられません。それでも突っ込んで行くというのは、騙されにいってるようなものです。

よく分からないものには投資しない。投資の大原則ですね。

PageTop