個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

社債とは関係ないけど元気なうちに更新だー!

この記事は社債とは全く関係ない話ですが、思いついてしまったので元気なうちに書いてしまいます。

日本人の遺伝子は、縄文人の遺伝子と弥生人の遺伝子があるとされています。もちろん、縄文人が先に日本に住み着き、弥生人が後から日本にやってきています。

世界史の大きな謎として、縄文人はどこから来たのかという話がありますが、もっと大きな謎として、中国の先進技術を持った弥生人がなぜ、縄文人を絶滅させず、混血化してしまったのかというものがあります。かつて騎馬民族征服王朝説というものがありましたが、こちらは日本人の遺伝子が縄文人と弥生人の混血であることから、今では完全に否定されています。

最近の研究では、弥生人は紀元前800年~紀元前200年ぐらいの間に断続的に日本にやってきて、徐々に住み着いたため、縄文人とのコンフリクトを起こさず、徐々に浸透し混血化した、という説が有力だそうで、弥生人による民族大移動はなかった、とする説が有力だそうです。

shasaiwatchがふと閃いたのは、この時期って中国では既に文明あったよね?ということです。まあ文明があるから先進的なんですけど。というわけで、中国史の年表を見てみたところ、紀元前770年からが春秋時代の始まりで、秦の始皇帝が即位するのが紀元前221年。つまり、日本に弥生人がやってきた時期は、春秋戦国時代とほぼ一致するのです。

ここからは推測ですが、春秋戦国時代に故郷を失った難民が海を渡ってきたのが弥生人なのではないでしょうか。数は少なく、戦乱の時代の中で少数で、断続的にやってきた人々が、技術はあれども数では劣るため縄文人と上手いこと交渉したり取引したりしながら生き残っていき、やがて子孫は縄文人と混血し、日本全体に広まっていった・・・

このように考えると、最近の研究と整合性が取れます。というわけで、弥生人難民説をshasaiwatchは買い推奨していきます。

PageTop