個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

ジャパン・ホテル・リートが個人向け社債発行!

ジャパン・ホテル・リート投資法人が個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:10年
金利条件:0.84%
発行総額:100億円
社債額面:100万円
募集期間:平成30年1月24日~平成30年2月20日
格付け:A+

いいのが出てきたじゃないですか。長期金利が0.08%の時代にその10倍の金利。問題点は、これに気付くのが遅れたということ。既に大和・日興はオンライントレード締め切り、みずほは公表してはいませんが、多分売り切れでしょう。無理はしない、更新は頑張らないつもりでいますが、逃すと惜しい・・・

ちなみに、ジャパンホテルリートの財務内容ですが、流動資産と有形固定資産で2700億円、負債総額は1600億円あり、何かが起きて資産投げ売りとなっても純資産を維持できると考えられるため、倒産の心配は今のところしなくていいと思います。投資判断は買い推奨です。さて、キャンセル待ちの列に並ぶとしますか・・・

スポンサーサイト

PageTop

相変わらずSBIソーシャルレンディングは盛り上がっている模様

新発債が出ず、更新するネタもない当ブログですが、放置中だったSBIソーシャルレンディングを見てみたところ、相変わらず盛り上がっている様子です。申込開始からのアクセス集中でサイトが重くなるのも以前と同じようで、商売繁盛何よりです。shasaiwatchはというと、休養中に全ファンドが償還されてしまい現在こちらでの運用はしておりません。

最近だと、19日からメガソーラーのつなぎ融資ファンドの募集があったようですが、既に満額です。募集がいつあるか分かりませんが、こちらのチェックも今年は行い、良い案件がありましたら皆さんと一緒にF5祭りに参加できればと思います。

PageTop

小田急電鉄が個人向け社債発行!

小田急電鉄が個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:3年
金利条件:0.11%
発行総額:100億円
社債額面:100万円
募集期間:平成30年1月12日~平成30年1月30日
格付け:AA-

投資判断は買い非推奨です。理由はイオンカードセレクト利用の場合、イオン銀行の普通預金金利が0.10%だから。自由に出し入れ出来て預金保険対象で金利が0.01%の差しかないのに動く気にはなれません。

PageTop

クレディ・スイスが個人向け社債発行!

クレディ・スイス・エイ・ジーが個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:10年
金利条件:0.32%
発行総額:3.3億円
社債額面:500万円以上100万円単位
募集期間:平成30年1月17日~平成30年1月30日
格付け:A
その他:半年ごとに早期償還の可能性

クレディ・スイス債です。
ちばぎん証券で取り扱っている社債ですが、投資判断は買い非推奨です。

この社債は、1年経過後、半年ごとに発行体に裁量による早期償還の可能性があります。つまり、クレディ・スイスがやっぱり返すわと通知してきた場合、有無を言わさず社債が償還されてしまいます。このため、将来金利が上がった場合には早期償還はされずに含み損のまま塩漬けにされ、金利が低下して含み益が発生すると早期償還されてしまいます。

そういう発行体に有利な特約が仕込まれている以上、ある程度の金利が欲しいところなのですが、この社債の金利はキャンペーン定期とあまり変わりがなく、購入する旨味に乏しいものと判断されます。以上から、見送りが妥当。

PageTop

電力債はこれからどうなるのか

電力債について日経エネルギーNEXTで気になる記事を見つけました
大手電力の資金調達に潜む時限爆弾

要は、現在大手電力会社に認められている一般担保付社債の発行が、2025年以降認められなくなるので、その後の資金調達に懸念がある、金利が上昇したら電力会社が赤字に転落するぞ。という話でした。

確かに、現状(というよりもこれまでずっと)電力会社の経営は負債が多く資本が少ない経営であり、金利水準が電力会社の大きな関心事項であることは確かです。しかし、それは一般企業でも同じことで、企業が資金需要セクターである以上(最近はカネ余りセクターになっていますが)、金利が上昇すれば経営に黄信号が灯ります。

また、この記者がいう金利上昇の水準(2%)程度では、普通社債も一般担保付社債もあまり金利は変わらず、電力会社の経営への負担が大きくなるとは思えません。さらに言うと、2025年までは一般担保付社債を発行できてしまうわけで、2025年までに長期で調達してしまえば当面の資金調達も不要となってしまいます。PLに影響が出てくるのは一般担保付社債が発行できなくなった上、その償還が進み資金調達の多くが一般担保付社債以外の調達に変わった時であり、現在の電力債が10年程度で発行されていることを考えると、時期としては2030年以降になるのではないでしょうか。

そういうことを考えると、あと12年は余裕があるわけで、さすがに12年あれば原発関連費用も抑制可能となるでしょうし、事業改革も十分に可能だと思います。

時限爆弾というほどの爆弾ではない、というのがshasaiwatchの見方です。

PageTop

オリックス銀行のeダイレクト金銭信託

オリックス銀行が、金銭信託を発行することが分かりました。
ソースはオリックス銀行

発行要項
償還期限:1年
金利条件:0.48%
発行総額:不明
募集単位:100万円以上100万円単位、1億円上限
募集期間:平成29年12月11日~平成30年1月22日
格付け:J-1

オリックス銀行と名乗っていますが、事実上、ソフトバンクの1年もの社債です。どういうことか説明します。

今回、オリックス銀行は信託勘定で我々投資家から資金を集め、その資金をソフトバンクに償還期限1年で融資します

ソフトバンクはその資金に利息を付けて1年後に返済し、オリックス銀行が手数料を引いた残りを我々投資家に分配します。一応分配金額は決まっており、金利0.48%です。信託なのでこの金利は確定のものではなく、予定のものですが、過去の発行結果を見る限り、予定どおり利息を付けて償還されています。

なお、ソフトバンクが償還前に逝ってしまった場合、オリックス銀行は何か補填をしてくれるわけではありません。破産配当を受け取るか、サービサーに貸出債権を売却する話が決まるまで償還を引き延ばし、元本を大幅に下回る回収額を我々に分配するのみです。その意味ではオリックスの手数料稼ぎに付き合わされているというかなんというか、まあでも低金利の昨今、こういう形であっても受け入れていくのが社債投資家というものなんでしょう。

つまり、この信託のリスクは、ソフトバンクが1年以内に倒産してしますことがリスクです。その可能性を考えることが必要ですが、今回、JCRがJ-1の短期格付を付与しています。見慣れない格付けですが、JCRのサイトによると、長期格付との対応関係だと、J-1はA+からA-のものに付与されるそうです。商品説明書によると、J-1は確実性が最も高い、ということだそうですが、JCRのサイトにはさらに上にJ-1+という格付もあり、まあ何というか金融庁長官が見たら目がキッてなりそうな説明書です。

投資判断は買い推奨です。ソフトバンクは色々と言われていますが、有価証券を多く保有しており、最終的に沈むことになったとしても当面1年間の流動性に懸念がある会社ではありません。この水準ならば投資する価値あり!といえると思います。

PageTop

東武鉄道が個人向け社債発行!

東武鉄道が個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:3年
金利条件:0.16%
発行総額:100億円
社債額面:100万円
募集期間:平成30年1月9日~平成30年1月30日
格付け:A

復帰しょっぱなからなんですが、投資判断は買い非推奨です。オリックス銀行の定期預金の方が高い(3年物0.30%)のがその理由です。ネット銀行を使わない人からすると高金利でお得なんでしょうが、ここにアクセス出来ているということは、オリックス銀行にもアクセスできるはずで、だったら預金保険の対象である方がいいよね、という意見です。
既に預金保険の枠いっぱいになっている人はどうぞ。3年程度でこの低金利が解消されているとも思えませんし。

ちなみに、shasaiwatchはイオンカードセレクトを利用しています。イオンカードセレクトを持っているとイオン銀行の普通預金金利が0.1%になりますので、待機資金は常にイオン銀行に入れています。今回の個人向け社債の場合、わざわざ資金移動させて買って0.06%分の金利差稼いで楽しいか?という気持ちもありますね。100万円につき税引き後で478円の差益では動く気になれません。

PageTop