個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

SBI証券が個人向け社債発行!

SBI証券が個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:1年
金利条件:0.40%
発行総額:100億円
社債額面:50万円
募集期間:平成30年3月7日~平成30年3月27日
格付け:BBB+

久しぶりにSBI債の記事を書くように思います。いつの間にやらこんなに低金利になっちゃって。
SBIのホームページではまだ公開されていないようですが、EDINETには掲載されています。投資判断は買い推奨です。おそらくネットからでも買えるのではないかと推察されますが、きっと申込開始直後に鯖落ち級のアクセス殺到となろうかと思われます。shasaiwatchは3月7日の午前中は予定を空けておくつもりです。1年以内の倒産リスクはBBB格といえども昨今の経営環境下では低く、金利も昨今の低金利の中では非常に魅力的です。

なお、SBIに口座のない方へ。SBIは短期で比較的よい金利の社債を発行するため、あらかじめ口座を開設しておき、発行時にはすぐに買えるよう準備しておくことをお勧めします。



PageTop

三井住友フィナンシャルグループが個人向け社債発行!

三井住友フィナンシャルグループが個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:10年
金利条件:0.40%~0.80%
発行総額:未定
社債額面:100万円
募集期間:平成30年3月5日~平成30年3月15日
格付け:A+

長年変更していなかったfc2のパスワードを変更したところ、アプリ版からログインできなくなりました。なんでなんでしょうね。依然未解決です。あと、バークレイズが個人向け社債っぽい変な社債を5億円だけ発行していましたが、そもそもこの社債買えるんですかね・・・

さて、三井住友銀行の個人向け社債です。実質破綻時免除特約及び劣後特約付きというおっかない条項がついています。これはなんなのか、説明していきたいと思います。


★劣後特約とは何か
この社債は、「劣後債」と呼ばれる社債です。普通に発行される社債とは異なり、特約がついています。その特約とは、「三井住友フィナンシャルグループが、法的な倒産をした時には、返済は預金者や他の債権者よりも後回しにされる」というものです。法的な倒産というのは、破産手続・民事再生手続・会社更生手続の3つの手続きのどれかです。

通常、会社が法的な倒産手続に入った場合、債権者は皆平等で、会社に残った財産から分け前を均等に貰うという仕組みになっています。例えばあなたが三井住友フィナンシャルグループの社債を100万円持っていて、負債総額が1000万円で、会社に残っていた財産が300万円だったとすると、あなたは財産の1/10である30万円を受け取ることができます。

しかし、劣後特約がついていると、この債権者平等の原則から排除され、返済順位が後回しにさせられます。劣後特約のついていない一般債権者への支払が終わらない限り、劣後債の所有者への配分は行われません。もしもそんなことがあった場合、まず財産が残るということはないので、この社債は紙くずになります

★実質破綻時免除特約とは何か
前項では劣後特約の恐ろしさについて説明しましたが、この社債にはもっと恐ろしい「実質破綻時免除特約」というものがついています。これは、劣後特約の発生する前であったとしても、実質破綻事由が発生すると、その時点で元金・利息とも返済は完全にストップし、三井住友フィナンシャルグループが金融庁と協議して決めた「債務免除日」にこの社債の返済が免除される、つまり紙くずになるという恐ろしい条項です。

実質破綻事由とは、三井住友フィナンシャルグループの経営が極端に悪化し、ペイオフ不可避と金融庁が判断したことでその判断がなされた日が実質破綻事由の発生日になります。日本でもかつて1度だけペイオフが発動されたことがあり、日本振興銀行の経営破綻時にペイオフが行われております。この時は当ブログでも採り上げましたが、当ブログ読者の中には被害を受けた人もいたようです。決してありえない出来事というわけでもないということですね。


さて、こんな社債をなぜ三井住友フィナンシャルグループは発行するのでしょうか。返済する気がないのでしょうか。実は、過去に個人向けの劣後債は多くの銀行が何度も発行していますが、劣後特約が発動した実績はまだ一度もありません。銀行がこうした特約を付けてでも劣後債を発行する理由は、劣後債は銀行の自己資本比率の規制上、株式と同じ資本とみなすことが出来るためです。株式を発行すると株価が下がりますし、株主も増えてしまいますし、配当も必要です。しかし、劣後債であれば株式を増加させることなく規制上の自己資本を充実させることが出来るので、銀行にとっては大変都合がいいのです。そのため、多少高い金利を払ってでも、銀行は劣後債を発行するのです。我々投資家はそうした銀行のニーズがあるため、通常の社債よりも高い金利を受け取ることが出来ます。

なお、劣後債にありがちな早期償還条項はこの社債にはついていません。10年間は塩漬け確定の社債です。中途換金は出来ないものと思って投資しましょう。

今回の投資判断は買い推奨とします。ただし気持ちは弱め。三井住友フィナンシャルグループの信用力は非常に高く、何事もなく返済してくる可能性が高いと思います。いくつかのリスクを挙げるとするならば、米国の金利が中期的に上昇する可能性が高く、日本経済の調子が当面良さそうなため、金利が上昇してくる可能性が結構あること。そうなれば今回の社債を見送った方がいい投資商品にありつける可能性が出てくることです。もう一つは金融危機の頻度が上がってきており、今後10年の間にもう1度ぐらいは金融危機の洗礼を受ける必要があると思われることです。仮想通貨バブル崩壊程度で済めばいいのですが。後はオリンピックも終わって北朝鮮との戦争が始まる可能性ですかね。

昨今の低金利の中では期間は長いものの、信用力があってそれなりの金利だとは思いますが、懸念材料がちょっと多いかな、といったところ。何も起こらない可能性が高いわけですし、買い推奨ながら気持ちは弱めです。

PageTop

イオンモールが個人向け社債発行!

イオンモールが個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:5年
金利条件:0.20%~0.60%
発行総額:300億円
社債額面:100万円
募集期間:平成30年2月19日~平成30年3月6日
格付け:A-

イオンモールの個人向け社債です。愛称はハピネスモール債といいます。

ちょっと注意したいのは、イオン本体ではなく、イオンモール株式会社の発行である、ということ。イオン株式会社は純粋持ち株会社であり、イオンモール株式会社はイオン株式会社の傘下企業でイオンモールの開発事業を行なっている会社です。株主の過半数はイオン株式会社ですが、イオンモール株式会社とイオン株式会社はあくまで別の会社です。どちらも上場しています。

そういう目でイオンモール株式会社の決算を眺めてみると、有利子負債約4,000億円に対し経常利益は460億円。不動産業だからその辺やむを得ないとしてもちょっと上場企業にしては多くないかい?というのが懸念事項。もちろん、裏付けとしての有形固定資産(多分ほとんどがイオンモール)が9,000億円あるんだけれども、不況になった時に減損したりしないよね?リートに売ってお金に換えるにしても不況下じゃ買い叩かれるだろうし、そもそもリートだってそんな状況じゃ資金調達できないよね?イオンモール自体は収益を生むものですが、いざ!という時に間に合うのか、が最後の懸念として残ります。

結論としては投資判断は中立とします。金利がだいぶ高めに決まればリスク覚悟で突っ込んでよいと思いますが、中央値の0.4%程度ではちょっとね・・・証券会社から営業があれば、お付き合いを含めて少額買うかも。

PageTop

四国電力が個人向け社債発行!

四国電力が個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:2年9ヶ月
金利条件:0.10%~0.20%
発行総額:100億円
社債額面:10万円
募集期間:平成30年2月19日~平成30年3月13日
格付け:A+

電力債です。震災後、電力会社は軒並み信用格付けを落としましたが、それでもなお、スプレッドは完全に潰れた状態が続いています。今回の四国電力債は、通常の3年債から期間が短くなりましたが、金利が0.15%しかつかないというのでは買う気になれません。投資判断は買い非推奨です。安全性は高いのでしょうが、日本中の銀行の預金保険枠を使い切ったというような人でもない限り、投資する意味はあまり感じられません。

PageTop

オリックス銀行がソフトバンクグループ向け金銭信託を募集!

オリックス銀行がソフトバンクグループ向け金銭信託を発行することが分かりました。
ソースはオリックス銀行

発行要項
償還期限:1年
金利条件:0.48%
発行総額:不明
募集単位:100万円以上100万円単位
募集期間:平成30年2月13日~平成30年3月20日
格付け:J-1
その他:100万円購入ごとに現金500円プレゼント

オリックス銀行によるソフトバンクの金銭信託が募集を開始しました。

再度仕組みを説明しておきますと、我々投資家が資金をオリックス銀行に預け入れると、オリックス銀行は信託としてその資金を預かり、ソフトバンク(ソフトバンクグループ株式会社)に融資します。ソフトバンクがその資金を1年後に元利金とも返済できれば我々投資家の勝ち、返済できなければ負けで、投資したお金は紙クズになります。オリックス銀行が何らかの救済措置を取るということはありませんし、責任も取りません。

格付けはJ-1という見慣れないものがついていますが、これは短期格付けと呼ばれるもので、長期格付けに直すとA+からA-ぐらいの格付けです。投資適格の範囲内と言えます。

購入はオリックス銀行にeダイレクト預金口座が必要です。オリックス銀行によると10日ほど時間が必要とのこと。早めに申込しましょう。また、購入は一度に1億円までしか出来ず、1億円以上投資するには再度の申込が必要です。

この商品のポイントとしては、1年以内にソフトバンクグループ株式会社(ソフトバンクの持ち株会社)が倒産するかどうかが見極めポイントです。色々と言われている会社ですが、傘下にヤフーやソフトバンクというキャッシュを稼ぐ会社を持っており、また子会社のソフトバンクを親子上場させることで資産の流動性が高まるものと考えられるため、株価の動向はさておき、1年以内の倒産はないのではないか、と考えております。こうした判断のもと、0.48%+500円(実質0.05%相当)の利率、そして1年間の運用期間というのは非常によいものとshasaiwatchは判断いたします。投資判断は買い推奨です。

当面寝ている資金はこれでよいのではないでしょうか。今回買えなかったとしても、3ヶ月ぐらいごとに似たような条件で発売されているので、次のチャンスを待ちましょう。

PageTop

今さら感はあるけど仮想通貨建ての社債ってどうよ

社債が出ないのでちょっとした雑談でも。

もはやピークは過ぎた感のある仮想通貨騒ぎですが、仮想通貨建てで社債を発行した企業の記事を読んだことがあります。イーサリアム建て社債だとか。

理屈は外貨建て社債と同じ理屈で、仮想通貨で資金を調達して法定通貨に換金して使用するか、そのまま仮想通貨で支払いに充ててしまうかという話なのですが、問題点が一つ。

仮想通貨は現状、投機商品であり、多少冷やされたとしてもその利用価値から見て異常な高値が続いています。これはビットコインであれ、その他の仮想通貨であれ同じです。社債のような長期の金融商品である場合、投機集団の目が覚めて(既に覚めつつありますが)暴落した場合、投資する側に大きな損失が予想されるため、そもそも資金集めが出来ないのではないかという問題。もう一つは、もしも償還期限までこの狂乱騒ぎが続いてしまった場合、償還時には調達時点の何倍、何十倍もの資金を用意しなければならず倒産必至であること。

こうした状況下で、果たして売り手と買い手が出会うことはあるのでしょうか。多分無理なんでしょうが、逆に言えば「集まらなかったのでやめます」と言える世界でもあります。コインチェック社の問題も噴出している中、バブル崩壊に賭けてみる経営者がいたらここで大変面白がりたいと思います。絶対に買いませんけどw

PageTop