個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

オリックス銀行がプレサンスコーポレーションの金銭信託募集開始

オリックス銀行がプレサンスコーポレーションの金銭信託の募集を行っていることが分かりました。
ソースはオリックス銀行

発行要項
償還期限:1年
金利条件:0.65%
発行総額:未定
社債額面:100万円
募集期間:平成30年9月18日~平成30年10月19日
格付け:なし

オリックスの金銭信託で、プレサンスコーポレーションの取り扱いが始まるようです。早速財務内容を見ていくこととしましょう。

当社は、総資産2,400億円、純資産900億円(H30/6第一四半期)のマンションデベロッパーです。借入金は1300億円弱です。マンションデベロッパーですので、1年程度での売上や利益はあまりアテになりません。というのも、マンションの施工には大変長い時間を要するので、販売できた時には売上が大きく伸び、利益もガツンと出る一方、仕込みの時期には売上0の月があるのも珍しくない、そういう業種だからです。まあ、ここまで大きいとそんな影響も少なくなっていくのでしょうが、過去数期のトレンドを見て、「純資産が積み上げられているか」が結構大事です。その観点からはプレサンスは合格ですね。

事業の中心は関西と中京で、東京はほとんど手を出していません。昨今東京の不動産がバブル化しているという話も聞くので、賢明な判断と言えるでしょう。投資勧誘がウザいとか、壁が薄いとかいう話もありますが、正直ここは価格帯の高い良質なマンションを販売している会社ではありません。いいマンション買えよ貧乏人と言っておきましょうw

さて、問題はリスクですが、この会社の問題点として、結構営業がしつこいという問題があるようです。消費者庁あたりから何かが飛んでくれば、業績ダダ下がりの可能性があります。財務的には、純資産も積み上げていますが、借入依存体質で手元現金が少なく、銀行に何かがあればこちらは即死するリスクがあります。また、不動産を結構なハイペースで仕込んでおり在庫水準が高いため、経済情勢が一変した場合、逝ってしまうリスクは十分に考えられます。

ただ、これらの事態が1年以内に起きると仮定して、1年間持たない、という事態があるのか?と考えると、相当リスクは低かろう、とshasaiwatchは考えます。リーマンショック級であれば死を意識せざるを得ませんが、経済が減速に転じることはあっても、急速に金融が目詰まりを起こすような事態は今のところ考えにくいため、今回は大丈夫だと思います。

投資判断は買い推奨とします。争奪戦になるんでしょうかね。shasaiwatchも参戦予定です。

スポンサーサイト



PageTop

商船三井、グリーンボンドを9月に発行!

商船三井が個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースは商船三井

発行要項は、発行額50億円、5年債ということのみ記載されています。利率や格付けといった条件はまだ分かりません。

久々のテーマ債ということで、中身を確認してみましたが、要は環境対策の設備を入れるから金貸してくれって話ですね。事業会社による個人向けグリーンボンドの発行というのは初の事例ということなので、是非とも恒例化していただけると嬉しいです。

中身は・・・とりあえず詳細の条件見てからですかね。


【告知】近日公開!「スルガ銀行は逝ってしまうのか」鋭意記事作成中!

PageTop

甲子園に不満のため更新延期

桐蔭つまんねーわ。吉田君阪神に来てくれ!

PageTop