個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

【2本建て】JICAが個人向け社債発行!

国際協力機構が個人向け財投機関債を発行することが分かりました。
ソースはJICA

【6年債】
発行要項
償還期限:6年
金利条件:0.20%~0.60%
発行総額:100億円
社債額面:10万円
募集期間:平成24年12月10日~平成24年12月25日
格付け:AA-

【10年債】
発行要項
償還期限:10年
金利条件:0.50%~1.10%
発行総額:100億円
社債額面:10万円
募集期間:平成24年12月10日~平成24年12月25日
格付け:AA-

JICAが起債してきました。昨年から、個人向け国債の販売低迷を受けて個人向け国債の代わりに財投機関債を個人向けに販売するという政府方針のもと起債されてきたものですが、JICA以外の財投機関が発行した例は今のところありません。個人が財投機関債に投資できる唯一の案件なのではないでしょうか。

条件は国債に近似しており、信用力も実質的に国債並みなので、国債との比較が中心になります。ブルームバーグによると、国債の利回りは現在6年物で0.26%、10年物で0.74%となっており、JICA債の条件はいずれもこれを上回っております。

なお、募集が始まる12月は、個人向け国債の発行月で各証券会社がキャンペーンを行う見込みです。9月の記事をもとに今回のキャンペーンで500万円の個人向け国債を買い込み、2万円のキャッシュバックを受けたと仮定すると、金利を0.02%~0.03%ほど押し上げる効果があるようです。

JICA債が仮条件の中央で、それぞれ0.40%、0.80%で決まった場合、いずれも若干ですがJICA債の方が有利になります。しかし、6年債はキャンペーンを加味しても十分なスプレッドがある一方、10年債の方は今後の金利動向次第では国債+キャンペーンよりも不利になる可能性があります。なお、新発個人向け国債に6年物はないのでその辺はまあ、なんというか適当に処理してください

6年債についての投資判断は買い推奨、10年債についての投資判断は中立とします。個人向け国債への投資を検討されている方はJICA債にも注目してもいいと思います。大和、三菱、野村の各証券会社で取り扱う予定だそうです。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

今年の新発事業債は、住信SBIでおしまい。
自民党が政権とったら、輪転機で札をすりまくって、ムダダラケの公共事業しまくるよし。ハイパーインフレになれば、一番困るのは、小金もち・・・あなたです。大喜びは、無産階級の貧乏人と財務省。
どこ投票しよかなあ???

無記名債さん | URL | 2012-11-26(Mon)10:48 [編集]


お~
触らぬ神に
恐れ無し でんな~~笑

此処は 十年個人向け国債 一本槍や”

無記名債さん | URL | 2012-11-25(Sun)15:03 [編集]


金利が低すぎます。個人向け国債の変動10のほうがマシだけど、今回は買わずに様子見といたほうがいいかなと思います

無記名債さん | URL | 2012-11-25(Sun)03:28 [編集]


トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【【2本建て】JICAが個】

国際協力機構が個人向け財投機関債を発行することが分かりました。ソースはJICA【6年債】発行要項償還期限

まっとめBLOG速報 2012-11-26 (Mon) 07:39