個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【特集】実録!MRIインターナショナル vs 個人向け社債ウォッチ! 詐欺ファンドが批判したブログを閉鎖に追い込んだやり口【前編】



投資詐欺会社、MRIインターナショナルが、金融庁に金融商品取引業者としての登録を取り消されたということで、当ブログにも被害者だと言う方が来訪されており、かつてなく注目が集まっています。

MRIインターナショナルは、「MARS投資」と称し米国内の医療報酬債権を買い取り、独自のノウハウで回収して利益を出すと主張していましたが、実態は集めた資金を配当に回す典型的な投資詐欺であったことが判明しています。

MRIインターナショナルに対しては当ブログは通常ではない思いがあります。こうした詐欺性を当ブログが指摘したところ、最終的にMRIインターナショナルは当時seesaaにあった当ブログを訴え、閉鎖に追い込んだということがあるためです。当ブログが閉鎖されたのは2012年の5月22日で、直前にブログ移転の手続きをしてfc2に移って来ましたが、それ以前の記事についてはレイアウトやコメント、時系列などが一部おかしくなっており、移転のドタバタの大変さを物語っています。

このたび、MRIインターナショナル(以後、MARS投資ということがあります)がとうとう摘発されたことを受け、当ブログはMRIインターナショナルがどのように当ブログに圧力をかけ、そして潰したのかを公開します!詐欺師集団がどのような思考回路を持っており、どのような手口で批判者を潰すのか、皆さんの今後のご参考になればと思っております。

1.そもそも、なぜ当ブログはMARS投資を批判したのか
当ブログがMARS投資を詐欺と見破ったのかについて教えて欲しいとのコメントがありましたので、まずそこからお伝えしていきます。なお、読んでも理解できなかった人は、悪いことは言わないのでSBI証券のサイトに行って、そこから出てこないことをお勧めします。あなたのことを詐欺の世界ではカモというのです。

MARS投資は、当ブログでも時々話題に出てきた証券化商品でした。証券化商品とは、キャッシュフローを産む何かについての権利を小口化して売却するというもので、収益不動産、貸出債権、ゲーム、音楽CD、携帯電話料金など、多くのものが証券化され、販売されています。証券化を行う理由は、証券化を実施する主体にとっては資金調達であり、アレンジする証券会社にとっては手数料が入ってくることです。

MARS投資に関するMRIインターナショナルの説明は、米国の医療報酬債権は取り立てが困難だが、我々のノウハウならば安く医療報酬債権を買い集め、買値より高く回収することが出来るので、利益が出るという説明でした。そして、その資金調達のため、医療報酬債権に投資する商品を開発したので、買ってくれないかと。

ここまではいいのです。医療報酬債権回収ビジネスというのが実際にあるかどうかは分かりませんが、債権回収ビジネスには回収できないリスクも伴うでしょう。そのリスクをヘッジするために証券化商品を開発して販売し、未回収リスクを投資家に投げるということは正当です。

しかし問題なのはここからです。商品案内には、6.0%~8.5%という利回りが示されていたのみ。どういうスキームで、何に投資しているのか全く分からないのです。証券化商品であれば証券化のスキームが示され、どの資産のキャッシュフローを裏づけとしてどういう形態で募集するのかというのが必ず示されます。MARS投資であれば一定期間に買い集めた医療報酬債権を裏づけに、どのタイミングで収益の分配がなされるのかが示されます。

さらに、固定利回りを謳っているのであればそれは医療報酬を購入するSPC(特定目的会社)の社債ないし借入として募集されるか、あるいはMRIインターナショナル自体の社債ないし借入として募集がされるはずです。そうなればEDINETに募集する旨を公告しないといけませんし、ないにしても誰が集めた資金の返済ないし分配に責任を持つのかというのが明記されていなければ、違法です。

MRIインターナショナルはこうしたスキームの明示を完全に怠っており、またこうした手続き面で違法であった金融商品が詐欺でなかった例というのはありませんでしたので、これは詐欺だと判断し、批判する記事を書きました。当時のブログは残っていませんが、おそらく2010年頃ではなかったかと思います。

記事をかいてしばらくは何の反応もありませんでしたが、その後この記事が「MARS投資」などのキーワードでgoogleで上位表示され、それが固定化されてくると、当ブログに対する攻撃が始まりました。

つづく
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

詐欺師名鑑

盗電 ケツ又、全十連 アホ村、AIジジイの トボケずら
カネと権力への異常な執着と人相の悪さが共通点

MR愛 どんなツラかな?





無記名債さん | URL | 2013-04-29(Mon)18:12 [編集]


MRIが行ったshasaiwatchさんへの攻撃の本題は後編(中編?)ですね!
引っ張るなーw

ここのコメントにもありますが、事が明るみに出ると一斉に叩き始めるんですよね。
本当はshasaiwatchさんのように事前に注意すべきだと思うけど。
日本でも同じような案件があります。
昨年夏頃にソーシャルレンディングサービスmaneoで資金を集めた柔道整復院の案件です。
柔道整復院から買い取ったレセプトを回収し、差額を出資者に配当として払うのだそうです。
利率5-6%と謳っていました。
スキームといい利率といいMRIと一緒!
危険な臭いがプンプンしてます。
それでも、たった3ヶ月で2億円以上の出資がありました。
MRIと比べるとたいした金額ではないんですが、いち投資家としては金額の多寡に関係なく注意すべきだと思います。

メダパニ | URL | 2013-04-29(Mon)16:12 [編集]


それぞれ様々な経済的事情から始め、初回はほれぼれするリターンがあり、次第に追加出資して陥穽に嵌ってしまったというステレオタイプの手法です。

それにしても、こういうのが次から次へと発生しますね。人間って懲りないなあ。

無記名債さん | URL | 2013-04-29(Mon)15:23 [編集]


>何に投資しているのか全く分からない
収益を生み出す資産(もしくはその裏づけ)がはっきりしてないということですね。
「アメリカの診療報酬債権」がどこの医療機関からの買い取ったものなのか(個別orグループ)
どの期間のものなのか(昔のものor最近のもの、回収見込みは?)
どこの保険会社が払ってくれるのか(保険会社からの回収見込みは?)
ある期間でどれくらいの回収率だったのか(今までの実績は?)
その期間での収益は?(その事業でどれだけ儲けられた?)

主がソーシャルレンディングでもその不動産表示にこだわっているというのもこういうことなんでしょう。
みんなの○○などで、微妙に不動産の地番、テナントの情報抜けてたりで、大阪府や東京都からの指導が入ってますね。その資産、テナント自体が収益の源泉なのですから、その正確さは大変重要ということですね。
http://www.pref.osaka.jp/hodo/attach/hodo-11162_7.pdf
大変勉強になりました。

図星早5年 | URL | 2013-04-29(Mon)09:00 [編集]


痛快ですね〜

GWのネタには 最高ですね
すごくわかりやすいです

kuni333 | URL | 2013-04-29(Mon)07:18 [編集]


>当時のブログは残っていませんが、おそらく2010年頃ではなかったかと思います。

誰か、読者でキャッシュ残してたりアーカイブしている人いないかなぁ。
東京地裁から削除命令が出た記事を再うpしたらどうなるか知りたい><

無記名債さん | URL | 2013-04-29(Mon)01:20 [編集]


稚拙な手口ではありますが、「みんなで大家さん」については出資者の不安感を煽りそれにつけこんだ新手の振込詐欺が報告されています。
http://sagihigai-sokuho.com/fund/%E8%B3%87%E7%94%A3%E9%81%8B%E7%94%A8%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E8%80%85%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/
AKB(アベクロバブル)相場に助けられているとはいえ、解約者が殺到すれば、小さな不動産運用会社のことだから、資金繰りに行き詰まり1年とはもたないでしょう。

当事者 | URL | 2013-04-29(Mon)00:25 [編集]


みんなで大家さんもそのうちにチーンなんでしょうかね?
あれも相当怪しくて、ここでも記事の削除がなされたとか。
やはりやばそうな利回りには手を出さない事ですね。
欲をかくと大損します。

ぽてと | URL | 2013-04-28(Sun)23:34 [編集]


騒動の時もこのブログ見させていただいてました。
後編楽しみにしてます!!

無記名債さん | URL | 2013-04-28(Sun)23:29 [編集]


いいぞっ!!

kiko | URL | 2013-04-28(Sun)22:21 [編集]


きたーーーーー!!!
祭りが始まったぞーーーーーー!!!!!

ななし | URL | 2013-04-28(Sun)22:02 [編集]


後編まだー チンチン

と思っていたら【中編】が現れて、その次に【後編】が現れて完結かと思いきや、さらに【完結編】【おかわり】などが出てくるというオチにも期待してますよ!!

無記名債さん | URL | 2013-04-28(Sun)21:38 [編集]


池におちたブタは、叩き潰せ  (毛沢東)
これぞ、まさしく 天誅 

無記名債さん | URL | 2013-04-28(Sun)20:06 [編集]


思いのたけを、ブチマケヨ。。
冤罪、薬害被害者、公害被害者、原発被害者 とおんなじ立場。
いろんな正義感ズラした詐欺師を、叩き潰せ。

無記名債さん | URL | 2013-04-28(Sun)19:59 [編集]


本編、始まりましたね。続編楽しみにしています。

無記名債さん | URL | 2013-04-28(Sun)19:55 [編集]


書き口がドキュメンタリー番組っぽくていいね。

無記名債さん | URL | 2013-04-28(Sun)19:36 [編集]


おおお!キタキター!
証券化商品のはずなのにEDINET(内容の保障はない)の登録すらなかったということですね。(やろうと思えば虚偽の登録でもできたはず)
続き期待しております。
ワクテカ!

図星早5年 | URL | 2013-04-28(Sun)19:29 [編集]


【後編】も楽しみにしております!!

無記名債さん | URL | 2013-04-28(Sun)19:13 [編集]


証券会社以外から購入する金融商品は必ず詐欺ですね。

無記名債さん | URL | 2013-04-28(Sun)18:44 [編集]


解説をありがとうございます。しかし、監督官庁は一体なにをやっていたのでしょう。投資スキームに関する審査を怠っていたのでしょうか?

kei | URL | 2013-04-28(Sun)18:23 [編集]


まさに許しがたい犯罪人どもだ。MRIの屑どもは。マジで許しがたい。何らか鬼畜どもに報復出来んのか?俺は失うものもない渡世人、特攻したってもええぜ。刺し違えてもMRIを滅亡させたい。

詐欺氏撲滅将軍 | URL | 2013-04-28(Sun)17:55 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。