個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

社債投資と株式投資の違いの説明

投資初心者がよく理解していないこととして、社債投資と株式投資の違いがあります。社債にも値動きがあると言われて「?」となったり、社債の利率と株式の配当利回りを比較して優劣を真剣に論じるのは、結構初心者にありがちな行為です。もっとも、shasaiwatchもつい、配当利回りを気にしてしまうタチなので決して人のことは言えません。

今日は、社債投資と株式投資の違いについて説明します。

1.社債は償還されるべきもの。株式は償還されないもの
社債とは簡単に言うと、企業が資金を負債として調達しようとする時に発行するもので、利率と償還日を定めた証書を売出し、その証書の条件に基づいて利払いと償還を行うものです。一方、株式とは簡単に言うと、企業が資本を調達しようとする時に発行するもので、会社の持分の一部を売り渡すものですが、それを買い戻す義務というのは原則として、ありません。つまり、社債は「期日に償還されることで投資を回収する」のが基本の投資戦略であり、株式は「市場で売却して投資を回収する」のが基本の投資戦略です

2.社債は企業の健全性に投資するもの、株式は企業の将来性に投資するもの
社債と株式の違いとして、社債は期日に償還しなければならないという点が挙げられます。つまり、社債投資を行う際には期日にきっちり償還できるだけの力(企業の財務面の健全性)があるかどうかに注意する必要があります。一方株式は、自己株買取などを行わない限り、償還する義務はなく、企業の持分を表したものです。その代わり、社債とは異なり経営に参加する権利を有するようになります。株主は、企業が将来大きく利益を上げた場合には、企業の持分を有する者として莫大な利益を手にすることも出来ます。つまり株式投資を行う際には、将来大儲けできる企業かどうかに注意する必要があります。

3.社債は低リスク、低リターン、株式は高リスク、高リターン
これまで述べてきたように社債は、発行体の企業が倒産しない限りは償還日には元金が満額返済されます。一方、株式は莫大な利益を手にすることが出来る一方、経営に失敗した場合は株価は投資額を割り込み、損失を被ることもあります。その被害たるや、社債の利益や株式の配当金では到底取り戻せないほどの損失です。社債の欠点は、社債の利息は株式の配当や予想される値上がり益に比べ、非常に小さいということです。社債は低リスク、低リターンであり、株式は高リスク、高リターンということが出来るでしょう。

こうしたことを考えると、社債にも値動きがある理由が分かります。社債の価格は、将来返ってくるであろう元金を金利と倒産率で割り引いたもので、市場金利に変動があったり、その企業の倒産確率が上下したと判断された場合、値動きが生まれます。一般に、金利上昇局面では社債の価格は下落し、倒産確率が上昇すると社債の価格は下落するという傾向があります。

また、社債の利率と株式の配当を比較するのは、あまり意味のないことだということも分かります。将来返ってくる元金が確定している社債の利率と、将来売った時の価格がいくらになるか分からない株式の配当利回りを比較しても、株式市場の動き一つで全てが吹き飛んでしまうからです。

社債はどちらかというと、リスク回避的な人に向く投資手法です。個人向けに販売される個人向け社債のデフォルトは過去2例しかありません(マイカル社債、ギリシャ国債)。まともな社債であれば(ここ重要)まずデフォルトしないため、集中投資をしなければ全財産持っていかれるということはありません。資産を増やすというよりも、守る投資商品、それが個人向け社債と言えます。

しかしながら近年、社債投資を謳う詐欺があったり、信用力の低い社債が出てきたりして個人投資家も警戒が必要になってきました。社債を購入する際は、SBI証券などの大手証券会社を活用することをオススメします。SBI証券はネット証券の中では特に個人向け社債の取り扱いが多い証券会社です。また、野村、大和、日興などの旧来型の証券会社もしばしば個人向け社債を販売しています。詐欺に遭わないためにも、証券会社の口座をあらかじめ持っておき、怪しい奴から儲け話を持ちかけられても警察に通報するよう心がけましょう。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

リーマンみたいに いろんな債権をごちゃ混ぜにして
証券化商品にして化けてたら危険ですね
やはり国債キャンペーンで一年様子を見るとしますか。

無記名債さん | URL | 2013-09-18(Wed)21:25 [編集]


その小分けした1000万単位の債権は、どんな企業がどこの証券会社から来るのですか?

リンク債はトリガーイベントが生じた場合元本は大きく毀損するんでしょうね。

無記名債さん | URL | 2013-09-18(Wed)17:25 [編集]


ソフトバンク フェイスタオル今日来ました。

無記名債さん | URL | 2013-09-18(Wed)14:39 [編集]


>3.5%で顧客にまくのです、、、、、、

かぶ売却資金が1500程だぶついてます
担当にお願いしてありますが野村、大和じゃないので、、、M証券です
3.5%なら2000出してもいいんですが新規の客では無理ですかね?
M証券では債権だけで(6000)、株はSBIなので優良顧客に入らないから回って来ないのか、そもそも商品じたいを取り扱ってないのか
大和に聞いてみようかな、、、、、。

無記名債さん | URL | 2013-09-18(Wed)14:35 [編集]


確かに。
7-8年でスペインだったけど。利率は円建てで怖いくらい良かった。

無記名債さん | URL | 2013-09-18(Wed)13:43 [編集]


表面的にはろくな社債がでていませんが、
野村・大和などは海外企業・金融機関向け
の債券(億単位)を分割(1千万単位)して
優良顧客に割り当てています。
たとえば海外の某巨大銀行の劣後債、利率
は10年で6.5%です。これを証券会社が鞘を
とって3.5%で顧客にまくのです。
株売却でだぶついた資金を固定し、証券は
3%の金利をただ取りできます。
でも事務的作業が面倒くさいので最低でも
1千万単位でしか売りません。
1千万単位で金が出せるのなら支店の担当に
話しをしてみてください。まわってくるか
もしれません。ただリンク債は避けましょう。

無記名債さん | URL | 2013-09-18(Wed)09:47 [編集]


最後まで読んだけど、最後はまたSBIの宣伝記事でワロタ
小遣い稼ぎが最近は忙しいですね

無記名債さん | URL | 2013-09-18(Wed)06:10 [編集]


どうでもええ記事をしたり顔で書いてますね。

無記名債さん | URL | 2013-09-18(Wed)03:30 [編集]


個人向け社債デフォルト

CBですが、エルピーダ社債もデフォルトしました。
100万円からですので、個人向けです。

無記名債さん | URL | 2013-09-17(Tue)23:56 [編集]


>野村、大和、日興
怪しい仕組み債を買わされて泣くんですね

無記名債さん | URL | 2013-09-17(Tue)23:46 [編集]


山一證券!

無記名債さん | URL | 2013-09-17(Tue)23:45 [編集]


消費税予定通り上げならまた長期金利が下がるのか?

無記名債さん | URL | 2013-09-17(Tue)21:48 [編集]


あと国債は
アルゼンチン国債もデフォルトしました。

無記名債さん | URL | 2013-09-17(Tue)18:51 [編集]


あと
アルゼンチン国債もデフォルトしました。

無記名債さん | URL | 2013-09-17(Tue)18:50 [編集]


アルゼンチン国債もデフォルトしました。

無記名債さん | URL | 2013-09-17(Tue)18:48 [編集]


最近、いい社債でませんねぇ。

関電か中電あたりが担保付1.2%とか出せば買いたいなぁ。

無記名債さん | URL | 2013-09-17(Tue)17:31 [編集]