個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

個人向け社債のネタがないのでトヨタに物申す!

先日、共産党がトヨタに対し、非正規雇用労働者の解雇を中止するよう要請したそうです。ソースは日経。トヨタは拒否したようですが、全く正しい態度です。これで受け入れなどしていたら、日本から第2のビッグ3を出すところでした。

一方で、トヨタ自動車をはじめとした大手自動車メーカーは「若者のクルマ離れ」に対する危機感を持っており、自動車を売るために例えばトヨタであれば3D仮想空間だのクルマ授業だのといった取り組みを始めています。

正直なところ、これはどうかと思います。トヨタが今世界最強企業としてあるのは、「売れるモノを作った」からであって「自社製品に合わせて消費者を教育した」ためではありません。クルマが売れないのは、非正規雇用労働者が増えて収入が減り、相対的な自動車の所有コストが高まったことや、将来に対する不透明感から若年層の貯蓄率が高まってきていることによるものです。そういう中で消費者を教育したとしても、所詮高額消費。消費者の算盤の前に屈することになるでしょう。

そもそも、売れないモノを作っている時点で企業として失格です。売れるモノを作るという方向に転換すべきでしょう。その結果、自動車を生産しなくなったとしても、それはそれでいいじゃないかと思います。時代に取り残され、売れないモノを作り続ける企業はどうなるか。幸い、GMという他山の石があるので、トヨタをはじめとした日本の自動車メーカーは気づいてくれると思います。トヨタの個人向け社債が出たらぜひ買ってみたいですね。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する