個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

SBIソーシャルレンディングが「80日」6.00%のファンド発売へ

SBIソーシャルレンディングで80日6.00%を予定実質利回りとするファンドが発売されることが分かりました。 ソースはSBIソーシャルレンディングサポート 前回の記事で、住宅ローンのつなぎ融資ファンドに出資してきたと報告しましたが、前回のファンドよりも短期で利回りがいい案件が出てきました。今回はビジネスローンへの出資だそうです。 前回の案件との違いは、 ・前回は組合と組合員個人に投資←→今回は企業2社に投資 ・前回は不動産担保あり←→今回は無担保っぽい ・前回は総額7000万円←→今回は総額1100万円 ・前回は15万円から投資出来る←→今回は3万円から投資できる といったところでしょうか。正直、前回よりもリスクは高いと思います。何しろ、何の裏付けも推測も出来ないわけです。前回は一応、住宅ローンを組める程度の個人の集団、すなわちある程度の弁済力がある人というイメージを持つことが出来ます。また、結構いい場所に不動産を持っていてそこを担保に押さえられるという大きなメリットがありました。前回の案件はかなり健全性のある商品だったと思います。 しかし今回は、企業2社でしかもどういう企業内容なのか推測すら出来ません。ソフトウェア業と、DVDのプレス業というのは書いてありますが、果たして儲かっているやら儲かってないやら。まあ、貸出金利が8%のビジネスローンに手を出すわけですから、寒い会社であることは間違いないでしょう。銀行や信金はとっくに貸さなくなったような企業です。最悪、借り逃げされることも考えないといけないような企業。リスクとリターンの見極めも困難です。 まあそれでも、どうにか推測するとすれば、消費者金融の貸倒率が過払金返還問題が顕在化する前は5.7%だったということなので、それをリスクだと見なせなくはないかなと。ということは、貸出金利8%から手数料2%と貸倒率5.7%を引くと0.3%。中長期的に見れば短期国債の3倍ぐらいの利息は得られるというわけです。本当ならmaneoみたいにどんな会社が借りに来ているのか分かるようにしてくれればいいのですけども、そこまではまだ対応していないみたいです。 一方、そんな中貸し倒れリスクを我々に押し付けて2.0%の手数料を持っていくSBIソーシャルレンディングサポートは何様なんでしょう。正直、今回のファンドはSBIソーシャルレンディングサポートを稼がせるためにあるようなものです。結局、規模が小さいからコストがかさんでいるんでしょうね。今後規模が大きくなれば投資家のメリットも大きくなるでしょうし、貸出金利も下げることが出来てデフォルトも少なくなるでしょうし、運営側にとってもコストを下げられるので利益体質になるというわけで、まだまだやっぱり未完成なんだなあと思います。 ただ、shasaiwatchはこのソーシャルレンディングというビジネスモデルが好きなので、今回も捨て金として1口だけ突っ込みます。ここで失敗して消えてもらっては困ります。口座を開いて捨て金で常時募集の方のファンドに投資しておけば、そのうちおいしい案件も出てくるでしょう。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

maneoはパチンコ屋への融資も始めたようですね。
http://www.maneo.jp/apl/auction/detail?id=3085
>ここでいうアミューズメントとは具体的にはどういったものでしょうか。
>規模からしてパチンコなのかと想像しましたがいかがでしょうか。
>個人的には3店方式という脱法的な手法を使って限りなく違法に近い賭博営業をし、
>北朝鮮への送金、多くの自殺や家庭崩壊を引き起こしているパチンコ業界には投資したくありません。
>自分の資金が反社会的企業に使われるのは気持ちの良いものではありませんので、
>明確にしておきたいと思いまして。
>よろしくお願い致します。

無記名債さん | URL | 2011-12-29(Thu)22:12 [編集]


 SMBC日興證券が、トヨタの豪ドル建債券を出してきた。新聞一面の大広告だ。と言うことは、豪ドルはこれ以上は下がらないと判断したのかな。そうだとすると、良い買物ですよね。 皆さん、どう思います。

TORANEKO | URL | 2011-10-02(Sun)19:48 [編集]


出資してから3か月、毎週毎週ロールオーバーばかりです。
その間、当然利子等もつきません。
貸し出しに慎重なのはわかるのですが、これだと利回り以前の問題になってしまうような気がします。
全額撤退しようと思っても、手数料を取られてしまうし…。

無記名債さん | URL | 2011-10-02(Sun)12:18 [編集]


↑情報ありがとうございます。
maneoで貸し倒れが起こったのはパーソナルローン(個人が個人に貸す取引)ですよね、
いまは企業向けのビジネスローン(企業に個人が貸す取引)しか扱っていないようですよ。
私が調べた限りではビジネスローンでは貸し倒れはないようです。

無記名債さん | URL | 2011-09-26(Mon)16:11 [編集]


↑maneoには以下のトラブルがあったようです。
まあ、想定内のトラブルとは言えそうですが…
http://oshiete1.nifty.com/qa5235048.html

無記名債さん | URL | 2011-09-26(Mon)11:08 [編集]


maneoのドリーミングハウス8%の方がよさそう

無記名債さん | URL | 2011-09-26(Mon)01:34 [編集]


気がついたら終わってた
総投資者数42名
1人辺り平均約26万円
今回のは手出すの躊躇した

無記名債さん | URL | 2011-09-23(Fri)21:42 [編集]


いつも有益な情報をありがとうございます。
SBIソーシャルレンディングのHPを見ましたが、投資先情報の顧客への提供があまりに少なく、投資すべきかどうかの判断がつきにくいのが難点ですね。これで本当に将来成長するのでしょうか?

無記名債さん | URL | 2011-09-23(Fri)19:20 [編集]


スコアリングモデルは振興銀だけでなく数年前に大手行はどこも大体やってた。新聞にも融資残が飛躍的に伸びてるグラフ出してた。けど不良債権の山を築いただけ。

無記名債さん | URL | 2011-09-22(Thu)13:43 [編集]


ソーシャルレンディングというのは、上手くいかないでしょう。
スコアリングモデルによる融資というのは、あの振興銀行が手を出して失敗したモデルです。
貸手からするとリスクばかり高くて旨みがありません、リスクが低くなった借り手は再び地域金融機関のローンに戻ってしまいます。
リスクの高い借り手は自転車操業でいつか破綻します。
いずれSBIも撤退することになるでしょう。

無記名債さん | URL | 2011-09-21(Wed)23:12 [編集]


すみません、一口っておいくらでしょう?

無記名債さん | URL | 2011-09-21(Wed)19:05 [編集]


>ブログ名称を変更されてはいかがでしょうか?「貸金副業案内」とか。
確かに!座布団一枚!

無記名債さん | URL | 2011-09-19(Mon)22:26 [編集]


MARS(診療報酬請求債権)投資の精査もお願いします。

無記名債さん | URL | 2011-09-19(Mon)17:21 [編集]


SBIソーシャルレンディングサポートも高利貸しとはいえ、城南信用金庫ほどの経営理念・経営方針を前面に打ち出せれば、おのずから規模は大きくなって行くでしょう。
http://www.jsbank.co.jp/profile/houshin.html

無記名債さん | URL | 2011-09-19(Mon)11:39 [編集]


ブログ名称を変更されてはいかがでしょうか?「貸金副業案内」とか。

無記名債さん | URL | 2011-09-19(Mon)11:20 [編集]