個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

銀行等保有株式取得機構がETF転換権付き社債発行を検討

銀行等保有株式取得機構がETFへの転換権がついた政府保証付き社債を発行する可能性が出てきました。販売先は個人投資家です。

経団連が提言したもので、日本政府が検討を始めるとのことです。

あちこちのニュースサイトを見ても言っていることがバラバラでどういう金融商品なのかさっぱり分かりませんでしたが、CBに近い性質の金融商品だと思います。株式やETFを無理やり手渡される可能性があるEB債や仕組み債とは少し異なる印象で、また損失に対しては政府保証をつけるとのこと。かなり有利な金融商品になりそうです。

しかし、政策としてはどうなんでしょうね?株価が上がった場合、すぐ売却できないのであれば人気は出ないでしょうし、株価が下がって損失を政府が補填するとなれば規模によっては政府の負担が異常に大きくなります。

もう少し話をシンプルに「あらかじめ定められたETFへの転換権がついた政府保証の社債を個人向けに発行する」でいいんじゃないでしょうか。株価が下がった場合には「満期時」に政府が損失を補填するようにすれば余計な政府支出の増大を遅らせることができますし、株価が上がれば政府支出は0で済む。金利も安くできるし、ETFへの転換条件も政府保証だからという理由で投資家に不利にできると思います。

足元の株価が低迷しているがゆえにこういう金融商品の発行を経団連が要請したのでしょうが、本来の景気対策とは少し違うところにある政策の提言だと思います。緊急避難的にやるのは構わないと思いますが、それよりも本業が拡大するよう財政出動要請をする方が先だと思いますがね。

もし本当にやるとなったら、きっちり条件を見てから判断するべきでしょうね。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する