個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フーズ・フォーラスに見る東電処理の難しさ

先日、焼肉酒家えびす事件(殺人ユッケ事件)を起こしたフーズ・フォーラス社が特別清算を申し立てるというニュースがありました。賠償金の支払いが出来ないので債権者は諦めてくれということのようです。 あの社長の態度はともかく、被害者への賠償を優先しようという姿勢は評価すべきですが、債権者平等の原則の中に被害者への賠償金も含まれるというのは正直どうかと思います。何らかの不祥事を起こし、その賠償金が原因となって倒産した企業の場合は、優先債権として賠償金を認めてもいいのではないかと思います。 現在、日本の倒産に関する法律には、債権者は原則として平等で、租税債権や労働債権など一部の限られた債権だけが特別扱いを受けられると定められています。不祥事に伴う賠償金については特別扱いはありません。その結果、支払いきれないほどの賠償金を課せられた企業は、倒産すると被害者に満額の補償が出来なくなります。フーズ・フォーラスはこれを避けるため特別清算の道を選びました。特別清算の場合、銀行などの債権者と個別に和解することで賠償金の支払い原資を確保できます。 一方、東電の場合は政府が資金を融通したり、公的資金を注入したりしてゾンビ企業にさせ、将来キャッシュフローで賠償金を支払おうという趣旨で原賠法が作られ、東電は管理されています。こうした企業が将来、収益を上げて賠償金を全て支払い、かつ公的資金も全部完済することが出来るかというと、正直なところ厳しいと思います。また、東電の場合はフーズ・フォーラス社と違って「発送電事業を継続し、関東地方に電力を流し続けなければならない」という課題もあります。発送電分離をするにしてもただ、他の方法があるかといわれると、現行法上適切な処理方法は思いつきません。もしやるとすれば、「東電処理のための特別措置法」を制定し、チッソ方式で会社分割するしかありません。ただ、チッソの時もその法律を通すために相当揉めたわけで、果たして損をすると分かっている債権者を納得させることが出来るのでしょうか。 ただ、shasaiwatchは現在の東電救済スキームを肯定しません。株主や債権者は必ず、責任を問われるべきです。 そこでshasaiwatchの提案です。こういうやり方はどうでしょう。まず、賠償金や廃炉費用の支払い基準を確定させ、将来の賠償額や廃炉費用を合理的に見積もることが出来るようにします。その上で保険会社や投資銀行に対し、「今金を払うから、将来支払うべき賠償金や廃炉費用は払ってくれ」という依頼を行い、入札をして最安値を提示した企業に賠償金の支払い義務を移転させます。そうなると、東電の債務超過額が確定しますので、その時点で既存株主は100%減資して上場廃止、債権者も事故発生後に行った緊急融資以外は直接債権カットを行います。 次に、賠償金支払いの資金調達をしなければなりません。これらは全て政府が公的資金を入れますが、公的資金の入れ方を「普通株・無利子CB・ゼロクーポン債」を組み合わせ、最適な資本構成(そういうものがあるのかどうかはさておき)にします。その上で、普通株は東証に再上場、CBは東証上場、SBは東証AIMに上場させ、時間をかけて売却していけばよいのです。これによって、賠償金や廃炉費用は落札した保険会社が払ってくれますし、発送電事業は継続できますし、公的資金も完済を待つことなく回収できますし、いいこと尽くめだと思うのですが。今回の場合、破綻処理をするよりも、形式的破綻を避けつつ、実質的な破綻処理を行うことが皆のために有益だと思った次第。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

↑私もほぼ同様の見解にて東電債を
清水舞台飛び降りモードで1枚買いました。
価格は約80円&償還4年&実質金利8%?
これでもし東電債がアボーンでもしたら私
ここで末代迄の笑い者にされそう(^-^;)

ボンド | URL | 2012-01-06(Fri)09:10 [編集]


なんらかの事業再編をするのであれば電力債の社債権者の同意が必要です。
また電力債は一般担保債権でから、債権者の弁済が優先されます。
つまり残高5兆円の電力債を全額償還しないかぎり、いかなる処理もできないのが東電です。
いま電力債は発行価額を大きく下回る価格で取引されているのですから、これを政府が全額買い上げるべきでしょう。
そうなれば事業再編は進みやすくなると考えられます。
東電の電力債を保有する社債権者にも責任があるということには同意できません。
電力会社は低金利で資金調達をして、電力価格への負債コストの転嫁を最小限とするため、政府が一般担保債権での電力債発行を法律で義務付けています。
一般担保である以上は、電力債の保有者が優先的に弁済されるのは当然のことです。
民主党の政治家には知恵が足らないですから、東電の処理など無理でしょうね。
早く解散総選挙になって、まともな政権が誕生することに期待しています。

無記名債さん | URL | 2012-01-05(Thu)17:24 [編集]


元々、原子力発電自体が国策で、国の支配下での事故なので、本来、東電は免責であるべきであると思う。

無記名債さん | URL | 2012-01-04(Wed)15:19 [編集]


放射能被害の将来の賠償というのを合理的に見積りできるには、まだ科学的知見が少な過ぎますね。
かといって今の知見でバッサリ線引きをすれば将来賠償で禍根を残すことは確実です。その状態で火中の栗を拾ってくれる保険会社があるかというと疑問ではあります。
肝心要の賠償金確定ができない以上、ゾンビ以外の選択肢は難しいでしょうね。残念ですが。

無記名債さん | URL | 2012-01-04(Wed)12:40 [編集]


東電のやったことは、水俣病やイタイイタイ病の企業と同じことです。

無記名債さん | URL | 2012-01-04(Wed)01:53 [編集]


株主や債権者は責任を問われるけど、東電幹部や社員は責任は問われないんでしょうか?
東電幹部は巨額な退職金をもらって引責辞任(ホントに責任を感じてる訳ないし…)、
東電社員は巨額の給与と企業年金をもらい続けられる。
「そもそも今回の事故は天災だしぃー、原発も国にやれって言われてやってるだけだしぃー」ってことかな?

無記名債さん | URL | 2012-01-03(Tue)23:56 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。