個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今月の個人向け3年国債の金利

201202.jpg 今月の個人向け3年国債の利率は0.18%となりました。先月に比べ0.01%の上昇です。 中日ドラゴンズのキャンプ、今年はファンサービスに力を入れすぎて選手からは苦情が出ているそうですが、選手の言うことはもっともです。そもそも、観客動員数が落ち込んでいるのを落合前監督のせいにして追い出し、言うことを聞く年寄りを引っ張り出してきてファンサービスで観客動員数を上げようなど、100%失敗します。そもそもファンというのは贔屓チームが勝つところを見たくて球場に行くわけで、その確率をむざむざ落としておいて動員数だけ上げようなど狂気の沙汰です。機能を落として売上が伸びるケースというのは、経営学の世界にはままある話ですが、それは「極端に価格が下がった場合」か「ブルー・オーシャンを開拓した場合」であり、ファンサービスを行わせるのはそのどちらにも属していません。 過去8年間で観客動員数が落ち込んだのはマーケティングの失敗というほかなく、結局落合前監督は社内の失敗をそれとは無関係であるにも関わらず押し付けられたわけで、非正規雇用の切りやすい人間に社内矛盾のしわ寄せが行くという日本社会の縮図的な話だったなあと感じた次第です。 もっとも、日本人のほとんどを占める中日ドラゴンズファン以外にとっては別にそうであっても構わないでしょうし、セリーグの他球団ファンならばいいぞもっとやれという気持ちでしょう。ただ、こういう構図が認められることはすなわち日本の活力が削がれることです。高みを目指して競争し、切磋琢磨することが活力強化の第一歩ですし、よりハイレベルな試合が見られることがファンにとって利益であるように、よりハイレベルな商品やサービスが提供されることが消費者の利益、そして国際競争力でもあります。 ポスティングでメジャーに行ったダルビッシュ投手はこういうものを見ていたんでしょうか。彼の発言にはそういうものがありましたね。そうだったとしたら、才能ある若者からの日本への絶縁状です。真意は分かりませんが、そうだったとしたら本当に悔しいですね。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

確かに落合監督時代の成績は優秀です
では、お金を払って試合を観に行ったら、勝つ確率はどれくらいですか?
勝率は0.562、要するに五分五分です
他の監督と比較すればもちろん優秀なのですが、
ファンサービスを犠牲にして勝ちにこだわったとしても、ファンが球場に足を運んで勝利を喜び合える可能性は、
それほど高くなっているとは言い難いのです
その点、安定してファンを満足させられるのがファンサービスです
勝利を見られるのはもちろん嬉しいですが、例え2軍の選手でも握手やサインが貰えたら応援したくなります
その選手が成長する姿を観たいと思うはずです
これはいかに強いチームを作り、勝率を上げたとしても、
味わうことのできない「満足感」です
ファンサービスにもマナーは必要です
ですが、ファンなくしてはプロ選手としては成り立たないという感覚が、少々欠けていた感は否めません
勝つこともサインすることも、ファンサービスの一環なのです
今年は吉見選手会長を筆頭に、選手たちも精力的にファンサービスに取り組んでいます
一部の良識のないファンのせいで、選手に不快な思いをさせてしまったことは遺憾です
ですが、新たな試みに失敗はつきものですから、
いい解決法を探り合って、選手もファンもより一層成長していければいいのです
青臭いこと書きました

無記名債さん | URL | 2012-02-25(Sat)15:28 [編集]


選手落合は好きでしたが監督としては嫌いです。
玄人受けするといえば聞こえはいいですが、あの「勝ちゃあいいんだろ」的な言動と采配は新規ファンの獲得にはマイナスでは?
ただでさえファンの高齢化が進んでいるのだから新しいファンを獲得しなきゃ。
やっぱりサインしてもらったり握手してもらったらその選手の成績とか気になるし、そんな中から球場に行く人も出てくるはず。選手もアマチュアじゃなくてプロなんだから成績残した上にファンサービスは当たり前。
そういう意味で故仰木さんのような監督がプロの監督だと思います。野村さんはオールスターでのイチロー対松井の対決を潰したのでちょいマイナス。

無記名債さん | URL | 2012-02-13(Mon)23:36 [編集]


かつては両校関係者だけでなく国民的人気のあった慶早野球戦、今の巨人阪神戦に比べれば、華やかさに欠け恐ろしく地味だった落合野球でしたが、それでも勝敗の一点では至極理にかなっていて結構好きでしたよ。
選手補強次第では西武ライオンズ黄金時代の森野球のようにAK(秋山・清原)砲に匹敵する華やかさとともにもっと大胆で緻密でコスッカライ野球が見られたものをとちょっと残念な気もします。

無記名債さん | URL | 2012-02-13(Mon)15:37 [編集]


落合野球は1点か2点を取って守り勝つような野球でしたね。
でもって負けるときは完封負け。こんな内容が多かった感じがしました。
勝ちは勝ちで点差は結果に関係ないかもしれませんが、たまには乱打戦を打ち勝つみたいなゲームを見たいのもファン心理ではないでしょうか?
ワンパターンの勝負では飽きるのもファン心理のような気がします。
ドキドキするもっと打ち勝つようなゲームが増えれば入場客も増える気がします。
投資に置き換えれば、落合野球は低利の日本国債にウェイトが大きく、インカムリターンが小さい野球ですかね(目先は安全そうですが)?。
リターン(得点)を増やすには何をポートフォリオ(戦術や起用法)に加えるべきか?
この選択に落合野球は改善の余地が大きかったと思います。
野球と投資を混同した勝手な意見ですご容赦ください。

無記名債さん | URL | 2012-02-13(Mon)11:50 [編集]


私は中日ファンですが、
選手が異を唱えてるとは知りませんでした。
私はやはり勝ってなんぼだと思っていますから、
選手の戦力向上に妨げになっては困ります。
まあ、ファン心理は様々ですから、
違う意見の方々もいると思いますけど。
 

mushoku2006 | URL | 2012-02-13(Mon)08:21 [編集]


こんな糞みたいな金利、いつまで続くのかね?
消費税あげるなら利率もあげろよ。

無記名債さん | URL | 2012-02-12(Sun)22:50 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。