個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

今月の個人向け3年国債の金利

201203.jpg 今月の個人向け3年国債の利率は0.12%となりました。先月に比べ0.06%の下落です。 金融緩和の効果がまともに出ています。3年物の金利は大きく下がっており、これまでも正直買う気がなかったものが、一層ウンザリする金利になりました。今日まで更新していなかったのもウンザリしていたからであって忘れていたからではありません。信じて! こうして既存の個人向け国債の商品性を低くしておいて、一方で今月から「個人向け復興応援国債」なるものが導入されているんですね。つい最近、個人向け国債を個人向け復興国債という名前に変えたばかりだというのに、この分かりにくさは何なんでしょう・・・ この日本政府が背負い込む新型の借金は、当初3年間、金利が0.05%になるという変動10年国債で、1000万円買った人は金貨1枚、100万円買った人は銀貨1枚がもらえるというものです。金貨の重さは15.6gで、田中貴金属工業の本日の買取相場だと70,746円。年利にして0.23%ほど上乗せされる計算となり、普通の変動10年の方が有利です。ちなみに銀貨の重さは31.1g、同じ田中貴金属工業の買取相場だと2,713円。年利を0.09%ほど上乗せする効果があります。 正直、記念硬貨コレクターにしか売れなさそうな商品です。3年後の金相場、銀相場は今とは比にならないほど暴騰しているはずだと思う方なら買いでしょう。ちなみに、そう思うならこんなものを買わず、金先物を買うことをお勧めしますが。 財務省の中の人も色々とネタを考えるんだなあと思う次第ですが、センスのよさや王道を突っ走る路線から言えば、英国の永久債や100年債の方がいいと思います。日本政府も永久債の発行や上場を検討すべきです。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

記念硬貨コレクターすら買う気はしません。
なぜならいつもどおり造幣局でも抽選販売される予定だからです。
いつもどおりなら千円銀貨を6000円で販売だと思います。100万円で確実に手に入るとしても魅力無さ杉です。

無記名債さん | URL | 2012-03-28(Wed)12:32 [編集]


永久債は法律上問題ありそうだし、金利も30年ものより更に2~3%は高くないと難しいと思いますから、利率4%以上にはなるでしょう
100年ものも似たり寄ったり
今の日本には支払い不能でしょうな

無記名債さん | URL | 2012-03-26(Mon)07:36 [編集]