個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

日本振興銀行、SFCG関連債権に引当積まず決算発表

日本振興銀行の決算の一部が発表され、14億円の黒字と発表されました。しかし、SFCGがらみの債権約930億円のうち、20%(186億円程度か?)について二重譲渡されている可能性が高く、またそれらについて引当金を積んでいないことも報道されました。

日本振興銀行の保全策がどのくらいのものになってくるか分かりませんが、二重譲渡で半分は権利を主張できなくなるとするとおよそ100億円の損失が出ることとなります。

まだ決算の概要や詳細は公表されていませんが、過去の決算や貸出・預金残高などから推測すると総資産4500億円、自己資本400億円程度ではないかと思われます。

二重譲渡の規模が膨らみ、それに対し日本振興銀行がなすすべがなく、本業が不調に陥ったという最悪のケースを想定すると、自己資本比率は4%を割りこみ、業務停止となる可能性が出てきます。しかし、楽観的なシナリオや妥当なシナリオであれば、損失は計上するものの国内業務の継続は可能でしょう。

日本振興銀行が倒産するという事態は避けられそうです。しかし、事業拡大のスピードや資産の質、自己資本の薄さを考えると、財務面が脆弱な銀行であるという批判は受けざるを得ない銀行だと思います。今後一層事業を強化し、高金利金融機関として我々の預金を守ってくれることを期待しています。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する