個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ニュースウォッチ

カリフォルニア州の格付け、BBB格に格下げ(フジサンケイビジネスアイ)
前々から危ないと言われていたカリフォルニア州ですが、いよいよアーノルド・シュワルツネッガー知事は正念場となりました。液体金属は倒せても姿の見えない負債は倒せないのでしょうか?

東京都のCBOが元本割れ確定(発行当初はトリプルA)(Klug)
東京債券市場構想は非常に面白いものだったのですが、残念ながら失敗に終わりそうです。新銀行東京同様、石原都政の失敗の象徴のような代物です。
石原知事は新銀行東京にせよCBOにせよ、「中小企業のために予算を付けます」と言っておけばよかったものを、大風呂敷を広げすぎて失敗しました。この国の頭のいい人は口が悪いか口が軽いかで失敗することが多いです。麻生太郎も然り。

ソフトバンクがまた起債。今度は機関投資家向け(ロイター)
ソフトバンクも偉くなったもんです。この記事には他にも起債を予定している企業が掲載されていますが、ここ最近の金利低下とCDSの上昇傾向を見るに、個人向け社債も増えてくるのかな?と思っています。

三井住友銀行の行員が情報漏らす、インサイダーで課徴金(ブルームバーグ)
また銀行員によるインサイダー事件です。ただ、我々もいつどこでインサイダーになるや分かりません。十分注意しましょう。
ちなみに、普通社債の取引の場合は、インサイダーとしてデフォルト情報を知った時のみインサイダー取引規制が課せられます。つまり、それ以外の取引の場合はインサイダー取引大歓迎という甘い甘い規制になっています。もっとも、社債市場が未成熟であるということもそういう規制の甘さにつながっているのかもしれませんが。なお、転換社債は普通社債でないので、普通株式並みのインサイダー取引規制があります。インサイダーの方はご注意を。金融商品取引法を漁ってみたところ、劣後債はセーフっぽいです。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。