個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

本日のシティ24回債の価格

0215.gif
本日のシティ24回債の価格は99.97円、利率は2.680%となりました。先週末に比べ変動ありません。

中国のパクリ製品、仕事で悩んでいる方もいらっしゃると思います。中にはこれを中国の民族性と結び付けて語る人もいますが、間違っています。2~30年前、我々は白人から猿マネ民族と呼ばれ、独創性の欠片もないと言われてきたのを忘れたのでしょうか、それとも彼らは若く、物心ついた時には既に日本が独自の技術を花開かせ、誇り高き国日本を当たり前だと思っていたのでしょうか。

日本が高度成長を達成した理由と、中国が現在高度成長を遂げている理由は全く同じです。1.為替が対ドルで安定しており、2.人件費が安く労働力が豊富、であることです。日本人が中国に行ってかつての日本を見るようだと言うのは、発展のモデルが同じであるため、その経過も似たような経過をたどるためです。

この状態は長期的には解消されます。元/ドルレートは最終的には修正され、中国人は豊かな生活を手に入れ人件費は高くなります。既に上海や深センでは人件費が高騰し、わざわざ進出するメリットがないという企業もあるとか。この時、中国は日本と同じモデルを採用するでしょう。すなわち、技術力を高め、独自性を出し、世界を席巻する中国ブランドを作るというモデルです。

かつて、日本人は猿マネ民族だと軽蔑していた白人は、日本の独自性の高い技術力の前に組み伏せられました。日本式経営がもてはやされ、ジャパン・アズ・ナンバーワンと呼ばれました。中国は20年後か30年後かにGDP総額が世界一になり、その後急速な人口の高齢化によって停滞するでしょう。その頃世界を席巻しているのは、安価で品質のいい中国製でしょう。かつて日本を最も軽蔑していた国の一つであるフランスは今や凋落し、「常任理事国に日本を加えるべき」と発言するようになりました。フランスは常任理事国の中での発言力が低下しており、日本を加えないと自分が叩きだされる危険を感じているのでしょうw

この長期的な趨勢に日本はどう立ち向かっていくか。これを考えずして日本の今後の戦略は考えられません。中国人は歴史的にパクリ民族だとか、デスブログに書かれたから法則発動だとか言ってるバカは淘汰されるべきです。産油国である北欧のモデルはまず使えません。おそらくは、ベネルクス三国・ドイツ・スイスが選んだ道のハイブリッドモデルになります。知識・技術集約的で他の追随を許さない高度な製造業と金融サービス業が国の根幹をなし、その周辺に他の産業が集まる。労働集約的な産業は中国の後を追う国、インド・インドネシア・フィリピン・ベトナムが担うでしょう。

すなわち、外交においては極東以外のアジア地域との経済協力を活発化し、場合によっては円経済圏の構築をも視野に入れてそれらの国々の為替を安定化させる。内政においては高度な金融教育と技術教育を実施し、1人当たりの生産性を高め、低い業種は名誉ある撤退を行わせるか、生産性を高めさせる。

本来はこうしたことを政策論争の第一に据えなければならないはずですが、どうやら日本の国会は次の選挙ばかり気になるようで・・・参議院は勅選にしたらどうですかねえ。おっと、天皇の国事行為は内閣の助言と承認がいるんだった。まともな人材が集まるはずがないw
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

↑ギリシャ債権隠し⇒債務隠しでした。訂正します。ごめんなさい。                                      by元銀行員

P.S | URL | 2010-02-17(Wed)14:25 [編集]


No title

今でも日本はアメリカの猿まねだと思いますよ。不動産バブルの時アメリカに政府の対策があまりに少なく遅すぎるとたたかれ、大蔵官僚と政治家は冷戦崩壊後に始まったグローバル化時代に対応できていないと厳しく指摘されました。金融行政―98年6月大蔵省→金融庁→貸し剥がし。ウォール街のマネーゲームかなんか知りませんがギリシャ・債権隠し・大手ゴールドマン・サックス手助け。⇒何ですか?これは?他国のことをどうこう言う資格あります?世界中に金融恐慌をばらまいた張本人ですよ!!金融工学→リスクを科学的にコントロールする数学理論→金融業が次の基幹産業と立派な事を述べるアメリカ。どうぞ勝手におやり下さいですね!!

元銀行員 | URL | 2010-02-17(Wed)13:01 [編集]