個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本振興銀行、配当率は25%程度か

少し前の話になりますが、日本振興銀行に1000万円以上の預金を持つ人に対し、預金保険機構が仮払を開始したそうです。仮払額は、1000万円を超えた額のうち、25%だとか。民事再生手続きの結果、25%を上回る弁済率となった時には追加で支払ってくれる上、25%を下回っても返済する義務はないとか。ペイオフってこんな感じで進むんだと大変勉強になります。

もっとも、大口預金の25%しか返ってこないというような人にとってはたまったもんじゃないでしょうけど。

ちなみに、現時点での資産総額は2200億円、負債総額は8900億円だとか。平成22年3月時点で6469億円の資産があったということになってはいますが、この後の預金の増加、貸倒引当金の積み増し、過払い金返還のための資産減少・引当金増加などにより、大きく財務内容が毀損されているそうです。

振興からつまむような会社は実態として破綻懸念先以下がほとんどでしょうから、当時4000億円弱あった「正常先債権」が軒並み不良債権という扱いをされたんでしょう(実際そうなんだし)。また、二重譲渡債権についても裁判の状況を見る限り、ほとんどが無価値な債権になりそうですね。

日本振興銀行が今後どのように処理されていくのかは不明ですが、おそらく第二日本承継銀行を活用して事業譲渡を行い、清算という形になるでしょう。金融界のパイオニアが一つ消えることは大変残念です。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

「みんなで大家さん」って、不動産特定共同事業商品ってやつですよね?私も実は検討しました。でもここはまだ、実績がないんですね。償還されたのがまだ1回きりだったはずです。配当が滞ったことはないってことですが…。同じ不動産特定共同事業商品では、ここよりも利率が低いですが、住友不動産や東京建物もあります。私は結局、分散投資の一環として、大手の住友不動産のサーフという不動産共同事業商品に、1口100万だけ投資しました。住友不動産はこの手の商品に一番長い実績があり、たしか20数年、一度も償還が遅れたり配当が滞ったりしたことはないとのことです。もちろん元本保証のある預金とは違いますので、自己責任の世界で、ある意味社債と同じようなものかと思います。また、住友は利率が低いです。2%です。だったらSBI債のほうがいいのでしょうが、最近、SBI債は気づいたらいつも売り切れという状態で全く買えませんので。ご参考までに。おじゃましました。

ねこ | URL | 2010-12-28(Tue)19:18 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。