個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

クレディセゾンの個人向け社債金利決定0.89%

クレディセゾンが発行する個人向け社債の利率が決定しました。0.89%です。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:4年
金利条件:0.89%
発行総額:100億円
社債額面:10万円
募集期間:平成22年12月6日~平成22年12月20日
格付け:A+

ほう。通常、個人向け社債の社債額面は100万円であることが多く、例外はSBIと電力債ぐらいだったのですが、分かってきたじゃないですか。そう、少額からでも投資できる社債が必要なんです。もっと裾野を広げるべきなんです。時代はロングテールでBOPなんです

で、クレディセゾン債ですが、前回書いたとおり過払い金返還債務がどれだけあるのは不明です。業態から見て武富士レベルとは思いませんが、それでも簿外になっているものが相当あるはずです。しかも、今後10年以上にわたってこの問題はのしかかるというのですから、非常にタチの悪い問題です。資本主義の仕組みは法律を超越して行動します。サラ金であれカード業者であれ、「リスクに見合った金利」を顧客に対して提示します。リスクに見合った金利を呑めない顧客には融資をしません。その顧客が東京湾に沈もうが飛田に売られようが知ったことではありません。となると、金融業者の不当な利得とは、暴力的取り立て行為や親族等への第三者弁済の要求などの不法行為(金利よりもこちらの方が問題)によって生じるものであって、金利によって生じるものではありません。

まあ、そんなことを言ってもクレディセゾンの過払い金が減るわけではないです。我々投資家はそうした国家の暴力をもリスクに含めて投資をしなければいけません。投資判断は前回と変わらず中立です。金利はリスクに比べると安いですが、10万円と小口で買えるところを評価します。日興コーディアル証券とSMBCフレンド証券で購入できるようです。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する