個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

安全で消費者物価指数よりも金利が高ければどんな社債も「買い」か?

我々個人投資家が個人向け社債に投資する理由の一つとして、「物価上昇に勝つ運用をする」というものがあると思います。しかし、現在は大変なデフレが続いているわけで、ひょっとすると北海道電力債九州電力債のような低金利の社債ですら、ガンガン買い込むのが正解なのかもしれません。

しかし、実際にはそんなことはなく、「こんな社債誰が買うんだ」という状態です。もちろん、他にいい社債があるからとか、社債だけじゃなく株とかFXという投資手段もあるからとか理由はあるのでしょうが、例えば社債ならば最近SBI債はどこへ消えたのかという有様、現在募集中の社債もサムライ債を除くと電力債しかない有様、株価も1万円を超えて当面は達成感が漂う状態です。理由は他にもあるんじゃないか?と思います。

そんなことを考えていたところ、消費者物価指数の最新データが出ーたとの新聞記事。データを見るとつい分析してみたくなるのが人情、指数を読み込んでみたところ、面白いことが分かりました。

平成22年10月の消費者物価指数は、前年同月比自体はプラス0.2%なのですが、生鮮野菜が29.4%の上昇、生鮮果物が24.0%の上昇でした。また、電気とガス以外の光熱費と増税されたタバコが1割以上の上昇です。

また、下落の方を見ると、パソコンなどの「教養娯楽用耐久財」が大幅下落、高校無償化の影響で「授業料等」も下落、「家庭用耐久財」も大きく下落しています。食品関連では穀類、肉類、調味料、飲料などが下落しています。そういえば最近、コンビニでも500mlで125円のペットボトル飲料が常態化してきているような気がします。この負担の増減が実感としてのインフレ率なので、どんな家族構成でどんな消費をしているのか、どんな消費を好むのかによっても、それに対応した投資判断が必要なのではないでしょうか

例えば、高校生がいて、喫煙者がおらず、家族みんなが野菜嫌いで家族全員にパソコンがあり、家がオール電化なんて家はそれこそ、九州電力どころか個人向け国債でもいいかもしれません。しかし、果物好きで、喫煙者で、冬は灯油ストーブを炊きながら鍋料理なんてことを考える人にとって現状はここしばらくなかったぐらいの悪性インフレです。こういう人にとってはそもそも社債投資自体がお勧めできません。挙句、こういう人がデフレ傾向が続く飲料メーカーに勤めていたりするともう目も当てられません。

だらだらと書いてきましたが、要は肉食え、肉自分の生活習慣も見極めた上で投資対象を決めるってのも悪くないですよね、消費者物価指数のデータって眺めてると萌えるよね、電力債ってなんで個人向けに起債するのか分かんないよねって話です。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

ああ、書き込みクリックしたと同時にもう他の方の既報があったことに気付いた。。。

青線 | URL | 2010-11-30(Tue)11:32 [編集]


No title

『ユナイテッド・アーバン投資法人第4回無担保投資法人債』はどうでしょう?

無記名債さん | URL | 2010-11-30(Tue)00:35 [編集]


No title

クレディーセゾン個人向けSB来ました!

ケロッぴ | URL | 2010-11-29(Mon)13:36 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。