個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

三菱東京UFJ銀行が個人向け社債(劣後債)発行!

三菱東京UFJ銀行が個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:10年(5年で期限前償還の可能性あり)
金利条件:0.80%~1.30%(平成23年7月8日条件決定)
発行総額:1500億円
社債額面:250万円
募集期間:平成23年7月11日~平成23年7月27日
格付け:A
その他:劣後特約付き

かなり久しぶりになるメガバンクの劣後債です。個人向け社債投資は初めてで劣後特約とかはよく分からないという人は、過去に書いた記事である「劣後債・劣後特約って何?」を読んでいただければと思います。要は、倒産した時にまず間違いなく紙くずになるけれども、その分金利が高い社債です。

今回は10年で金利の中央値が1.05%となっていますが、劣後債はほとんど期日の5年前に期限前償還されますので、5年で1.05%の社債と考えた方がいいでしょう。ちなみに、三菱UFJ証券が1000億、野村証券が250億、大和証券が250億の配分です。

実際問題として、三菱UFJ銀行の信用力は非常に高く、これが突然毀損されるような事態が起きるとはちょっと考えにくいです。考えられるとすれば国債暴落ですが、都銀の場合、国債が暴落しても満期保有目的に切り替えることで損失を避けられる調達構造を既に作っており、金利が急上昇しても日本政府がデフォルトしない限りはどうにかこうにかやっていけるという構造を持っています。そういう意味でほぼ同条件で起債してきたオリックスやソフトバンクとは全く格が違います。

投資判断は中立とします。劣後債といえどもここまで金利が下がると魅力も失われてきますし、劣後債の期限前償還についても、通常の劣後債が5年経過後は金利支払い日ごとに期限前償還が出来るのに対し、こちらは期限前償還されなければ最終期限までノンストップです。また、金利についても5年物円スワップに0.4~0.6%を加算するというもので、現在だとだいたい1.10%ぐらい。期限前償還されない劣後債は金利が大幅に上がるのが通例ですが、この社債は今の市場動向では下手すると10年後までイッテQということにもなりかねません。まあ多分5年で償還なんでしょうが、かつての劣後債祭りの時のように気合いを入れて突っ込むほどのものではないといえるでしょう。お好きな人はどうぞ。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

もったいない。。

無記名債さん | URL | 2011-07-08(Fri)14:48 [編集]


No title

やはりブランドですから私も買います。但し1%以下なら買わないと、条件付買いで2口予約を出しました。

無記名債さん | URL | 2011-07-04(Mon)17:25 [編集]


No title

日本国債がAA-なのと三菱の劣後債すらこの利率では、普通債のRBSやスペインも絶対的に高いスプレットをつけるのも馬鹿馬鹿しくなるのでは…自分だったらその気持ち分からないでもありませんが。

無記名債さん | URL | 2011-07-01(Fri)09:05 [編集]


No title

投資家の反応は鈍いようですね。まあ1口250万程度ですから、考えるほどの額でもありません。とりあえず1口は申し込みました。参加することに意義があるです。

無記名債さん | URL | 2011-06-28(Tue)12:38 [編集]


No title

みんなで大家さんの広告が下に出てますが、これ何とかならないのでしょうかね?

無記名債さん | URL | 2011-06-27(Mon)19:22 [編集]


No title

2.75や1.77が夢のようですね。三菱のブランドですから、多分即完売になるでしょうね。先が短いご老人には魅力的かも知れませんが、この国の先行きを見ると、こんな低金利が続く訳はありません。私は遠慮します。

無記名債さん | URL | 2011-06-26(Sun)12:08 [編集]


No title

1.05%ではRBSの既発債を購入します。

無記名債さん | URL | 2011-06-26(Sun)10:48 [編集]


No title

早速昨日、三菱・野村から勧誘TELがありましたが保留にしました。今年2月の劣後債が1.77%でしたから、購買意欲に欠けます。両社とも保留回答を予期していたかのようなおとなしい反応でした。

無記名債さん | URL | 2011-06-26(Sun)10:27 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。