個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ソフトバンクのメガソーラー計画は実現するか?

大震災、そして福島第一原発事故以降、日本のエネルギー、特に電力をどのように確保するかの話が国家的な課題として急浮上しました。特に日本は島国であり、電力を自給する必要があります。ドイツやスイスのように面倒なことはフランスに押し付けて「脱・原・発!」などと盛り上がることは出来ません。

電力供給を安定化させるためには、結局のところ「バリバリ作る」と「使わない」の2つしかありません。「使わない」方は節電意識を高めていくとか、エネルギー効率のいい照明を使っていこうとか電気以外の力で何とかしようなどの細かな積み上げでどうにかなりそうです。東電の消費電力ブログパーツなんてのも最近あちこちで見かけます。浜岡が止まった中電もこの夏ギリギリの見通しなわけですが、中電のは見かけません。きっとブログパーツの開発者は河村たかしが嫌いなんでしょう

閑話休題、電力の安定供給ですが、「バリバリ作る」方はかなり面倒臭そうです。原子力・火力・水力・風力・地熱・バイオマス・その他色々と各々に短所があり、利権も絡みやすい。しかも、在庫が出来ないというのも厄介です。ピークに合わせて準備しておかないと結局停電になるというわけで、平時は無駄な発電施設を抱えるということになるわけです。

どうにかなんないのかと思っていたら、蓄電式太陽光発電システムなるものを発見。これは!と思ったのですが、見たところ自動車用のバッテリーを太陽光発電に繋いだだけという代物のようです。まあ、確かに蓄電はできますけど。誰でも考え付くようなことを敢えてやって、しかも売ろうとするその根性は評価すべきなんでしょう。別に地震に限らず、台風とかで停電になった時でも使えそうだし、値段もまあまあだし。スマートグリッドで発送電を分散型にして全体のリスクを下げようという考え方もあるわけですし。案外こういう単純なのが主力になっていくのかも。

さて、そんな小さな発電所がクローズアップされる中、孫正義はメガソーラー計画を発表し、分散型クソクラエな太陽光発電による脱原発を志向しています。耕作放棄地に作るという発想だそうですが、果たしてうまくいくのでしょうか?

shasaiwatchは、ソーラー発電の成功は「土地代がかからない、あるいは桁違いに安い」ことにかかっていると考えています。ソーラー発電は現状、発電量から見て設備投資を回収できるかどうかすら怪しい産業であり、今後の技術革新によって回収の見込みが立ったとしても、減価償却費相当額をようやく超えた収益を土地代で持っていかれるようなことがあればパーです。現在の太陽光発電が民家や工場の屋根の上に主に設置されるのは土地代がゼロという側面も十分指摘できます。わざわざ土地を借りて太陽光発電プラント作りますか?って話です。

その意味では耕作放棄地というのは決していい土地ではありません。耕作放棄地はタダで借りることが出来ないからです。(太陽光発電の効率性から見て)高い金を払って土地を借り、収益見通しのない発電をするのであれば、これは実質的に耕作を放棄した農家への補助金です。これは決して倫理的とは言えない。

もしも太陽光発電を推進するならば、空港の周辺、公害などで土壌汚染された土地、広大な原野、湖沼の上など、現在すでに空き地で、他に用途がないような土地を狙うべきでしょう。福島第一原発から半径30kmぐらいの陸地に太陽光発電を敷き詰めると、福島第一原発並みの電力が生産できるそうです。また、日本には99のほとんどが不採算な空港があり、その周辺は建物の建設が禁止されています。産廃処理施設跡地やオリンピック誘致を前提に作ったものの誘致に失敗し、今は広大な空き地となっている人工島があります。琵琶湖に古タイヤを浮かべてその上に太陽光発電を乗せるというのも面白そうなアイデアです。

現実問題として脱原発を進めるために自然エネルギーを使うならば、いかに利益を出すかが問題になるでしょう。孫氏の計画にはおおむね賛成できますが、若干修正すべきところがあるのかな?という印象です。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

太陽光発電はコストが掛かります。とりあえず、都市部に天然ガスによる発電設備を増設するといいでしょう。廃熱や冷却水を温水に熱交換して近隣のビルに配って更なる効率向上を目指して欲しいです。夜はガスエンジンを停止すればいいでしょう。必要な時に起動できるメリットは大きいです。太陽光は家庭の屋根に置くのもいいですが15年以上しないと償却できません。屋根に置くのは15万円の太陽熱温水器でいいでしょう。とにかく、家庭のブレーカーは20Aあればなんとかなりますよ。街灯も今の5分の1あれば十分。

阪神 | URL | 2011-05-29(Sun)07:53 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。