個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

記事にするまでもない随想

東電の賠償、免責か否か。法律上は「支払い能力の限り」。だったら倒産させ、事業売却で支払い能力を作ればいい。足りなければ国民負担だ。全額免責か、奉加帳方式かという不毛な議論はやめよう。

脱原発をどうするか。反原発派は電気が来なくてもいいと言う発言をやめよう。お前はよくてもみんなが困る。推進派は電気が来なくてもいいのかという発言をやめよう。脅しにはなるが、説得力もない。長い道のりを一歩ずつ歩いて行くしかない。現実を見て、次の一歩の話をしよう。

日本共産党のポスターに「消費税10%台なんてとんでもない」との文字。長い時間をかけて少しずつ発言を変化させていっている。官僚的なごまかしは本当にうまい。別に左翼に限った話ではない。日本中どこにでもある話。そして衰退する共産党、衰退する日本。現実を見よう。

JAL、東電。どちらも現実を見ず、やるべきをやらなかった組織。積年の問題から目を逸らしていると必ずこういう目に遭うという戒め。次はどこだろう。ぱっと思いつくのは日中韓朝4か国の政府だが、国内の組織では創価学会や読売新聞あたりは相当危なかろう。カダフィもムバラクもこれで倒れた類。辛くとも慢性疾患に立ち向かおう。

統一地方選で民主党が惨敗。最近老害ぶりが目立つ石原都知事は再選。若年層の得票では東国原が優勢だったが、高齢者の票を集める。大阪では橋下府知事の大阪維新が躍進。既成政党不信をうまく吸収。名古屋の減税日本は小沢の犬ということがばれて惨敗。関西は150年ぶりに日本の主導権を奪い返す好機。今年は関西に期待。

ゴールデンウィークは大量消費をしよう。靴に衣服に眼鏡に帽子、焼肉焼き鳥焼き魚。花も緑も見頃は今だ。日本酒焼酎ウイスキー。お金を貯めるのはいざという時のため。その時は今だと思う。

かといいつつも、三菱UFJが上半期に劣後債を出すのではという観測もあるし、大和ネクストも気になるし。そんな中、ミュージックセキュリティーズが被災地応援ファンドの募集を開始しているのを発見。しかしこのファンド、出資金と同額をその会社に応援金として寄付しなければならないため、償還額が元本の2倍以上にならないと利益が出ないという仕組み。普通じゃ買い非推奨せざるを得ない・・・

こういう利益が見込めないファンドって、「名誉が残ること」が価値になると思うんですよ。例えば、工場の建設時に出資者の名前が刻まれた金属製のプレートをどこかに掲示して永遠に名前を残すとかね。出資者特典で当社製のドレッシングがもらえるというのもいいけれども、名誉の観点から特典を考えるのも重要だと思います。こういうファンドは嫌いじゃないので一度検討して欲しい次第です。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。