個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

統一地方選前半、果たして自民は「勝利」したのか?

統一地方選の開票速報を見ています。民主党の退潮は明らかですが、今回の結果をもって自民党が勝ったともいいがたい結果です。今回は特に県議選で無所属の議員が躍進しており、この中には相当数の「元民主」「元自民」が含まれているものと見られます。特に元民主は多いでしょう。

県議選では改選前と比べ、民主党は38議席、自民党は74議席を減らしており、前回の選挙と比べて定員数が増えているにも関わらずいずれも議席数を減らしているという状況です。一方、増えたのは諸派とみんなの党です。大阪維新の会や減税日本の獲得議席数が諸派を押し上げています。社民と共産は従来通りの退潮傾向に歯止めをかけられず。社民党はそろそろ「諸派」入りが見えてきました。

政令指定都市の市議選は、民主と共産が減った分をみんなの党が吸収する格好で、その他は大きな変動はありません。

こうしたことを考えると、民主党が支持されていないのは明らかですが、さりとて自民党にも変化の兆しが見えず、行き処を失った票が元気のいい地域政党やみんなの党に流れたという当たり前の構図が見えます。自民党や自民厨は今回の選挙で調子に乗らず、自らの改革に取り組むべきでしょう。

少し気になるのは公明党です。県議選、政令市議選とも1名が落選しています。創価の教えでは1人でも落選したら敗北のはず。果たしてどういう始末になるのか、楽しみです。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

原発事故は自民党政権のツケだから自民が支持されるわけもないわな

無記名債さん | URL | 2011-04-13(Wed)20:06 [編集]


No title

TOP変えれば何もかも夢のように新しく良くなるって幻想は民主で懲りてるのかと思ってた。共産党は今後の在り方を真剣に検討すべきだろう。反原発の流れは共産党にとって追い風だったはず。

No Income, No Job, no Asset忍者 | URL | 2011-04-11(Mon)15:00 [編集]