個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

電気料金に「反原発料金」を設けるのはどうよ

これまでの情報を総合する限り、福島第一原発はスリーマイル以上チェルノブイリ以下の大規模災害となる可能性が高いこと、そしてスリーマイルやチェルノブイリのような人為的なミスはなかったであろうこと、日本政府は必死で対策を行っているが、東電は腰がひけていること、反原発派はこれに乗じて原発推進派の息の根を止めようとしていることなどが分かってきました。

shasaiwatchは最後の連中について、反倫理的な行動を取っているものと考えています。ビジネス情報誌「オルタナ」あたりは嬉々として反原発の動きを知らせていますが、2つの意味で彼らは反倫理的です。1つは、他人の不幸(今回の場合は東電と日本国民の不幸)に乗じ、自分の主張を浸透させようとする、火事場泥棒的行為であるという意味です。もう1つは、日本政府や東電や、あるいは世界中が福島原発をどうにかしようとして必死になっている中、自分はその必死の努力にただ乗りしながら、そうした連中を批判するということです。例えばオルタナの本社は渋谷区です。福島原発がドッパンしてたら今頃オルタナ編集部は記事配信どころの騒ぎではないはずです。当面事態が落ち着くまでは一時休戦とし、事態が落ち着いた段階で批判すればいいでしょう。当然、日本政府や東電は受けて立つ必要があるでしょう。

しかし、かかる事故の中、そうした連中が政治的に力を持つのは当然で、日本の原子力行政は大きく後退することは明らかです。蓄電池の大規模化や太陽光・地熱等の自然エネルギー発言の大規模化が当面期待できない昨今、電力需要に的確に応えるためには原発は依然、必需品です。もしも原発が動かないなんてことになったら電気は大幅に不足し、計画停電どころか、計画送電にもなりかねません。今回、想定外の地震に対しても原発は無事でした。今後の原発の安全対策を想定外の津波対策とすれば済む話ではないでしょうか。

しかし、いかにリスクを低減したとしても、ゼロにはならないということは投資の世界にいる皆さんならばすぐにお分かりだと思います。また、やたら安全だということを強調する奴は、だいたいの場合騙しにきているということも。原発はやがて自然エネルギーによる発電にとって代わられるべきものです。核融合発電とかができれば話はまた変わってくるのでしょうが、こちらは世紀単位の時間がかかりそうです。しかし、反原発運動家も含め、原発の恩恵を受けて生きている中、どうすれば原発を自然エネルギー発電に切り替えていけるでしょうか?

一つの提案ですが、こうした自然エネルギーへの転換を促すため、「反原発料金」を選択できるようにするというのはいかがでしょう?料金体系は、原発ではなく、自然エネルギー発電を用いて電気を供給したと仮定した時のコストをそのまま電気料金に反映させたものです。電気代は数倍に跳ね上がると思いますが、その差額は必ず自然エネルギー発電の研究開発や発電所の建設・運営に使わなければならないとします。規制された独占産業ですから、法律一本でこれくらいのことは十分できるでしょう。こうして自然エネルギー発電の普及に必要なコストを賄うのです。普及期に入りコストが下がれば、「反原発料金」も徐々に下がっていくでしょう。これが通常の電気料金と一致した時、日本から原発がなくなります。

人間は目の前の便利から逃げることは出来ませんが、それをうまく操作し、社会をよりよい方向へ動かすことは出来るはずです。当面、電力需要も逼迫することですし、料金が上がることで節電にもなるこの政策、導入してもいいかもしれませんね。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

ウソ臭い話とは思いませんが、「なぜ」しつこく「みずほ」の話を前回から続けてるのかと不思議に感じます。

無記名債さん | URL | 2011-03-23(Wed)20:36 [編集]


No title

みずほ銀行には業務改善命令がでて、頭取のクビはとぶみたいですが、一応復旧したみたいです。振り込みのみならず、外貨預金においても超円高の時に預金しようとしてできず(みずほにではなく外銀にたいしてですが)に損害をうけた方もいます。みずほの外交が来たので一応嫌味(よい人なので本気ではありませんが)を言ってみる。本人談「ほとほと、うちの銀行はイヤになりました。移れる所があれば移りたい・・もうあきませんよこんな銀行、つぶれはしませんけどね」と、なんと志気が低い、東電みたいだ。「下は、お客さんにガンガン言われるのに上はまったくわかっていない。なにが銀行協会の会長だ・・」でした。

ロビン | URL | 2011-03-22(Tue)18:51 [編集]


No title

ドイツなどに比べると買取制度も今一歩のようですね。

あつし | URL | 2011-03-22(Tue)17:20 [編集]


No title

太陽光発電の余剰電力買い取り制度ってのが既にあるけど?

無記名債さん | URL | 2011-03-22(Tue)14:23 [編集]


No title

↑ さっき書き込んだ後でいわゆる「釣られた」かなと反省しています。すみません。

無記名債さん | URL | 2011-03-20(Sun)22:27 [編集]


No title

「JICA、個人向け財投機関債を発行へ 今夏200億円」個人向けの「JICA債」は2011年度第2四半期(7~9月)に発行する計画で、期間は4年と10年でそれぞれ100億円ずつ発行する見込みだ。引受主幹事は大和証券キャピタル・マーケッツ、日興コーディアル証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の3社。利率は低いでしょうが貢献にはなる。(ソースは日経)

ロビン | URL | 2011-03-20(Sun)09:00 [編集]


No title

代案のない反対意見には同調の必要なし!

haiena | URL | 2011-03-20(Sun)01:19 [編集]