個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

野村ホールディングスが個人向け社債発行!

野村ホールディングスが個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

【31回債】
発行要項
償還期限:3年
金利条件:0.50%~1.10%
発行総額:未定
社債額面:100万円
募集期間:平成24年6月13日~平成24年6月21日
格付け:A+

【32回債】
発行要項
償還期限:5年
金利条件:0.70%~1.30%
発行総額:未定
社債額面:100万円
募集期間:平成24年6月13日~平成24年6月21日
格付け:A+

野村が起債です。当然のように野村證券が独占販売します。今回は、劣後債でもなければ債務免除特約もありません。31回債、32回債とも通常の社債です。

最近、3年債の起債が出てきましたね。日本国のデフォルトが一歩一歩迫る中、3年債というのは逃げ切りやすい債券として本来であれば個人向け社債の主力となるべき債券です。しかしながら近時、日銀が金融緩和をやりすぎて短期~中期のスプレッドが潰れてしまい商品として成り立ちにくくなっていることや、長期資金を調達できていることそのものが金融機関の信用と成り果ててしまったことなどから、個人向け社債も長期債が中心となってしまい大変残念な思いをしていたところです。

こうした中、野村の3年債は金利は正直微妙ながら、野村なりのリスクを反映して若干のスプレッドもあり、今から野村に何かあっても3年という逃げ切りの利く期間設定というなかなか面白い社債といえます。

3年債については投資判断は買い推奨、5年債については投資判断は買い非推奨とします。3年債はこれまで述べてきたように金利と期間のバランスと当社の倒産リスクを踏まえればまあまあの社債といえます。一方5年債は特徴がなく、期間がそこそこ長いという問題点があります。大して金利も乗らないし、これであれば3年債のほうがいいです。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

コメントが、まったくないのは、意味があるのでしょうか?
あぶないとか--。
数日前の全国紙に、外国の格付け会社で、格下げがあったという報道があると、私のような素人(情弱)は気になります。

無記名債 | URL | 2012-06-01(Fri)07:34 [編集]