個人向け社債ウォッチ!

個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ソシエテ・ジェネラルが個人向け社債発行!

ソシエテ・ジェネラルが個人向け社債を発行することが分かりました。
ソースはEDINET

発行要項
償還期限:6年(5年で期限前償還の可能性あり)
金利条件:1.40%
発行総額:24.25億円
社債額面:500万円
募集期間:平成24年7月10日~平成24年7月27日
格付け:A

新生証券が引き受け、新生銀行が発売するソシエテ・ジェネラル債です。6年債ですが、5年で早期償還の可能性があるほか、投資単位が500万円単位であるというところも特徴です。早期償還するかどうかは発行会社が決めます。

これまで、三菱系のPB証券を通じて富裕層向けに販売していたソシエテ・ジェネラルですが、今回は投資単位を500万円に減らし、一応個人でも種銭さえあれば買えるようにしたようです。いい傾向です。全ての人が全ての金融商品にアクセスできるようになるのが理想です。

ところで、外銀に投資する時、今最も気をつけなければならないのはLIBOR不正問題です。要は、リーマンショック前夜ごろから銀行間の調達金利が跳ね上がり、日本ではシティ24回債が発行されて当ブログ誕生の原因となったわけですが、その時に外銀の多くがLIBORの報告をする際、自行の調達する金利を正直に報告すると「こんな高い金利で調達してるヤベえ」と思われると判断し、実際の金利よりも安い金利を報告していたという問題があったということです。

今、槍玉に挙げられているのはバークレイズですが、ロイターのこの記事を見る限り、ソシエテ・ジェネラルを含め他の銀行も無事では済まない様子。とはいえ、どうやら罰金でシャンシャンにしてしまうようで、罰金の額も当期利益の一部(最大3分の1、最低2%)を持っていかれるのみで社債にまで影響が及ぶような事態は考えにくいです。罰金の額をこれっぽっちと思うか、総額140億ドルもの大金と見るか、評価は分かれるでしょうね。

また、ソシエテ・ジェネラルの昨年の決算内容は一定の純利益を確保しながらとにかく手元流動性を抱え込むというデフォルトだけは絶対にしないという意思が感じられる決算内容で、我々社債投資家からすれば大変評価できる決算内容です。とりあえず潰れはしないでしょう。

となると、5年ないし6年で1.40%の金利ってどうなのという話になるわけですが、昨今の金利情勢を考えればまあまあいい方で、投資判断は買い推奨としていいのかなあと思います。500万円単位というのが貧乏人にはネックですね。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

リスクヘッジという意味では、この社債もアリと思います。
私は種銭がないのでパスですが・・・orz

無記名債さん | URL | 2012-07-17(Tue)23:40 [編集]


500万円単位と言え、5年超で1.4では取り立てて良い債券じゃないですね。ましてA格付けのフランス銀行ですから。日興のロイズ(1.55)やSBIのBNPパリバ(1.45)と比較して、何の魅力も感じないですね。

無記名債さん | URL | 2012-07-17(Tue)17:09 [編集]


騙されていたわけだ。欧州は状況が悪いし決算等も粉飾してるかもね

無記名債さん | URL | 2012-07-17(Tue)07:52 [編集]


>実際の金利よりも安い金利を報告していたという問題があったということです。

 円建債の我々も、くいものにされていたのかな?

無記名債さん | URL | 2012-07-16(Mon)23:52 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。